486件中 91 - 100件表示
  • BLUE BLOOD TOUR 爆発寸前GIG

    BLUE BLOOD TOUR 爆発寸前GIGから見たX JAPANX JAPAN

    『BLUE BLOOD TOUR 爆発寸前GIG』(ブルー・ブラッド・ツアー ばくはつすんぜんギグ)は日本のロックバンドXのライブビデオ。1989年に発表。BLUE BLOOD TOUR 爆発寸前GIG フレッシュアイペディアより)

  • Shine on me

    Shine on meから見たX JAPANX JAPAN

    X JAPANのPATAがpata projectとしてリリースした本作は映画「BOXER JOE」主題歌。Shine on me フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴンランド

    ドラゴンランドから見たX JAPANX JAPAN

    2004年の3rdアルバム『Starfall』にてX JAPANの「Rusty Nail」をカバーし、日本語のままの歌詞に比較的忠実なアレンジ(ただしチューニングは2音下げ)で披露した。ハロウィンの「ソウル・サヴァイバー」もカバーしている。同アルバムはオリコン初登場94位。ドラゴンランド フレッシュアイペディアより)

  • ロケットパンチ! MUSIC DELIVERY

    ロケットパンチ! MUSIC DELIVERYから見たX JAPANX JAPAN

    1998年5月2日に死を遂げたX JAPANのギタリスト・hideが逝去する前日に収録したものをhideの死から数日経ったころに流し、いち早く追悼を組んだ番組でもあった。その週の放送は司会の中原が冒頭で詳細を伝え、元々送るはずであった内容を一部修正し放送を行った。ちなみにわずか1ヵ月遅れでネットを開始した北海道文化放送ではhideの出演回から放送した(直前の4回分はその後に放送した)。ロケットパンチ! MUSIC DELIVERY フレッシュアイペディアより)

  • 影武者X

    影武者Xから見たX-JAPANX JAPAN

    X-JAPANのTOSHIやゆずのものまねが十八番。影武者X フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN WORLD TOUR Live 2010 North American Tour

    X JAPAN WORLD TOUR Live 2010 North American Tourから見たX JAPANX JAPAN

    X JAPAN WORLD TOUR Live 2010 North American Tourは、日本のロックバンドX JAPANが2010年9月25日から10月10日にかけて北アメリカの7都市7公演で行った北米ツアーである。X JAPAN WORLD TOUR Live 2010 North American Tour フレッシュアイペディアより)

  • CUTT

    CUTTから見たX JAPANX JAPAN

    よく喋る。飽き性。X JAPANのhideに才能を見出され、デビューした。また高校生の時「低姿勢前田」というハンドルネームで「X TOSHIのオールナイトニッポン」にリスナーとして度々出演しており、本人も子供の頃からのXフリークである事を公言しているが、デビュー後の音楽性にはそれほどの影響は見られず、むしろNIRVANAやSMASHING PUMPKINSなどのオルタナティブロックの影響が強い。独特の世界観を持つ歌詞と楽曲、シャウトやファルセットを駆使したヴォーカルスタイルが特徴。また留学経験はないが英語が堪能で、ネイティブレベルの発音と会話が出来る。CUTT フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN WORLD TOUR Live in TOKYO 〜攻撃続行中〜

    X JAPAN WORLD TOUR Live in TOKYO 〜攻撃続行中〜から見たX JAPANX JAPAN

    X JAPAN WORLD TOUR Live in TOKYO ?攻撃続行中?は、日本のロックバンドX JAPANが東京ドームにおいて、2009年の5月2日と5月3日の2日間開催したコンサートである。X JAPAN WORLD TOUR Live in TOKYO 〜攻撃続行中〜 フレッシュアイペディアより)

  • Indies of X Rose & Blood

    Indies of X Rose & Bloodから見たX JAPANX JAPAN

    『Indies of X Rose & Blood』(インディーズ オブ エックス ローズ アンド ブラッド)は、日本のロックバンド X JAPAN のアルバム。2001年にアート・ユニオンより発売。JASRAC登録もされているが、その実態はブートレグ。Xの正式ロゴは一切使用されておらず、曲名も適当に付けられている。ライナーノーツには「デビュー前のデモ音源を収録」と言ったような説明が添えられているが、実際にはアルバム『Jealousy』(91年)と『ART OF LIFE』(93年)のデモが収録されている。いずれもデビュー後の作品であり、曲の構想もデビュー後であった。当時のデモセッションには、YOSHIKIは不参加であったといわれている。Indies of X Rose & Blood フレッシュアイペディアより)

  • In Motion

    In Motionから見たX JAPANX JAPAN

    曲自体はX JAPANのアルバムとソロの2ndアルバム『PSYENCE』のためにロサンゼルスに行った頃に作られた(同じ時期に「Junk Story」も作られた)。ただ『PSYENCE』の曲作りの途中でXのレコーディングが始まり置き去りにされてしまう。『PSYENCE』に入らなかったのは、「後に似たタイプの『MISERY』ができたこと」「途中でほっぽかされたこと」「系統で言うと1stの感じを引きずっている曲だから」など諸説あるが、製作者のhideが既に亡き人であり、真相は謎である。In Motion フレッシュアイペディアより)

486件中 91 - 100件表示

「X JAPAN」のニューストピックワード