486件中 31 - 40件表示
  • CRUSH! -90's V-Rock best hit cover songs-

    CRUSH! -90's V-Rock best hit cover songs-から見たX JAPANX JAPAN

    90年代の楽曲をカヴァーとなっているが、厳密に言えばXの「紅」は1989年のリリースである。CRUSH! -90's V-Rock best hit cover songs- フレッシュアイペディアより)

  • WWSチャンネル

    WWSチャンネルから見たX JAPANX JAPAN

    X JAPAN関連の記事には独自性がありYOSHIKIの記者会見なども配信している。ToshIのチャリティーライブやWWSチャンネル フレッシュアイペディアより)

  • ギブソン (楽器メーカー)

    ギブソン (楽器メーカー)から見たX JAPANX JAPAN

    PATA(X JAPAN) - ライヴではほぼすべての楽曲でレスポール製のギターを使用している。しかしX JAPANの楽曲「SCARS」では、フェルナンデス製、エクスプローラーモデルのギターを使用することが多い。ギブソン (楽器メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • 薫 (ミュージシャン)

    薫 (ミュージシャン)から見たX JAPANX JAPAN

    バンドに興味を持ったきっかけは、中学校時代の友人に借りた、DEAD ENDの『DEAD LINE』を聴いた時である。当時はボーカルにしか興味が無く、ギターを弾くきっかけになったのは、X JAPANのライブを観てHIDEに憧れを抱いたからである。薫 (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • ミヤ (ムック)

    ミヤ (ムック)から見たX JAPANX JAPAN

    音楽に興味を持ったきっかけは、井上陽水の「人生が二度あれば」を聴いてから。ギターは中学の頃から弾き始め、最初にコピーしたのはXの「紅」だった。高校に進学後、バンドを組んでライブ活動なども行っていたが、その中で逹瑯が組んでいたバンドと対バンを行い、その打ち上げで意気投合しムックを結成。以降はリーダーを務める。前任ベーシストHIROの脱退後、幼馴染だったYUKKEを引き入れ、現在の形となる。ミヤ (ムック) フレッシュアイペディアより)

  • 青木愛 (政治家)

    青木愛 (政治家)から見たX JAPANX JAPAN

    東京都墨田区生まれ、千葉県南房総市(旧千倉町)育ち。千葉県立安房高等学校卒業、千葉大学教育学部卒業、千葉大学大学院教育学研究科修士課程修了。X JAPANのYOSHIKIとTOSHIは高校時代の同級生で、TOSHIとは男女付き合いの関係にあった。2003年に行われた第43回衆議院議員総選挙で国政初当選。青木愛 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • Janne Da Arc

    Janne Da Arcから見たX JAPANX JAPAN

    1996年5月9日、現在のメンバーでの活動を開始。地元のライブハウス枚方BLOW DOWNで演奏していた。インディーズ時代には、X JAPANを意識したかのような派手なメイクをしていた。これは、Janne Da Arcの前身バンドの「結膜炎」がX JAPANのコピーバンドであったからという説があるが、yasu自身のインタビューによると、「バンドの恰好をヴィジュアル系っぽくすれば、ライブハウスの動員が増える」という魂胆と、もともとDEAD ENDの音楽性に大きく影響を受けていたことが理由である。youとkiyoはメイクをすることに抵抗感を持っていたため、yasuやka-yuと比べると比較的薄めのメイクで活動していたが、メジャーデビューの頃にはむしろ一番メイクにこだわるようになっていた。shujiはメイクに抵抗は無かったが、かといって好きではなかったと語っている。Janne Da Arc フレッシュアイペディアより)

  • GASTUNK

    GASTUNKから見たX JAPANX JAPAN

    X JAPAN、DEAD END、L'Arc〜en〜Ciel(hyde)、黒夢などのロックバンドが影響を受けたと公言している他、特撮、COCOBAT、BALZACなど国内のパンクバンドに多大な影響を及ぼした。また、BAKIの白塗りやTATSUの華麗なステージ衣装といったように、ヴィジュアル系の走りでもあった。GASTUNK フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の音楽

    2007年の音楽から見たX JAPANX JAPAN

    全体的に日本音楽界に大きく貢献した人物の死去や解散が相次ぐ中、1990年代後半の解散ブームからおよそ10年ほどの月日が経ったことで近年続く再結成ブームの余波も続き、YMO、X JAPAN、JUN SKY WALKER(S)、SIAM SHADE、LUNA SEAなどの復活が話題を呼んだ。しかし、ポップスや歌謡曲の売り上げは依然として伸び悩む傾向が続いている。2007年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 電気グルーヴのオールナイトニッポン

    電気グルーヴのオールナイトニッポンから見たX JAPANX JAPAN

    コーナーでは、X JAPANのTOSHIやYOSHIKI、大槻ケンヂ、またピエール瀧などの学生時代の写真や文集などが送られてきたが、前述のまりんの作文のインパクトには到底かなわず、コーナーもフェードアウトしてしまった。電気グルーヴのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

486件中 31 - 40件表示

「X JAPAN」のニューストピックワード