486件中 41 - 50件表示
  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見たX JAPANX JAPAN

    X JAPAN解散コンサート TOSHIとYOSHIKIの感動シーン博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • D.I.E.

    D.I.E.から見たX JAPANX JAPAN

    hide(X JAPAN)のソロ活動の初期からのサポートメンバー(バックバンド)であり、「hide with Spread Beaver」のメンバーにも当たる。同じメンバーのCHIROLYNと共に、通常のサポートメンバーの枠を超えて色々な意味で暴れ、「珍獣」や「怪人」とも呼ばれた。D.I.E. フレッシュアイペディアより)

  • 1965年

    1965年から見たX JAPANX JAPAN

    10月10日 - TOSHI、X JAPANヴォーカリスト1965年 フレッシュアイペディアより)

  • 田中丸善威

    田中丸善威から見たX JAPANX JAPAN

    2001年秋、クラウド・ナインのリーダーSHU(Gt.)よりバンドへの誘いを受け、幾度のセッションやライヴを経て2002年初頭正式メンバーとして参加。クラウド・ナインでのリリースは、フルアルバム2枚(徳間ジャパン・コミュニケーションズ)ミニアルバム3枚(ポリスター)等、ライヴDVD2枚他、バンドで コンピレーションアルバム等にも参加している。PV7本。2005年に発表したアルバム疾風迅雷ではミキサー&プロデュースとして元マシーン・ヘッド、元ソウルフライのギタリストローガン・メイダーを起用。翌2006年9月に発表された疾風迅雷外伝においても同氏を起用。2007年10月21日のライヴを最後に、渡米目的の為バンドを離脱。後任ベーシストとして第一期のメンバーでもある沢田泰司(元X, 元ラウドネス, D.T.R)が復帰。田中丸善威 フレッシュアイペディアより)

  • MASAMI

    MASAMIから見たX JAPANX JAPAN

    L・O・Xは、Lip CreamのNAOKI(ギター)、ORANGEのACT(ベース)、XのYOSHIKI(ドラムス、クレジットは「白鳥麗(REI)」)で結成された日本のハードコア・パンク・バンドのプロジェクト。バンド名は各メンバーが所属するバンドの頭文字から成る。もともとはMASAMI & L・O・Xとして元GHOULのMASAMIがボーカルをつとめていたが、他にもBASTARDのTokurow、DEATH SIDEのISHIYA、鉄アレイのBUTAMAN、XのTOSHI、THE CONTINENTAL KIDSのRANKO、THE FOOLSの伊藤耕などもゲスト・ボーカルやゲスト・ギターで参加している。L・O・Xは1992年に死去したMASAMIを追悼して制作されたトリビュート・アルバム『Tribute to MASAMI 汚れなき豚友達へ!!』に、楽曲「Kokoro Talk」で参加している。MASAMI フレッシュアイペディアより)

  • ヘヴィメタル

    ヘヴィメタルから見たX JAPANX JAPAN

    1985年にはLOUDNESSが世界デビューを飾り、1987年にはVOW WOWがイギリスを中心に活動を開始した。また、1980年代の日本のメタルシーンはインディーズを中心に盛り上がりを見せ、その中には後にモンスターバンドと化すXの姿もあった。特にXは44マグナム以上に派手なルックスかつ凶暴なパフォーマンスで少しずつ人気を得ていた。また、当時のXは日本のヘヴィメタルシーンをあざ笑うかのようにテレビ番組の出演を繰り返していた。(詳しくはXの項目参照)ヘヴィメタル フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たX JAPANX JAPAN

    また、ゴシック的な感覚を基に生まれたゴス(Goth)は、日本ではX JAPANやMALICE MIZERが伝道したスタイルである。X JAPAN、MALICE MIZER共にヴィジュアル系バンドであるが、ゴスの流れを汲むヴィジュアル系バンドのファン層を中心に広がっていったとも言われている。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • 天才・たけしの元気が出るテレビ!!

    天才・たけしの元気が出るテレビ!!から見たX JAPANX JAPAN

    X JAPAN(ヘビメタシリーズ、当時の名前はX)天才・たけしの元気が出るテレビ!! フレッシュアイペディアより)

  • スラッシュメタル

    スラッシュメタルから見たX JAPANX JAPAN

    日本においては、Xのようなスラッシュメタル的な音楽性とヘアメタル的なルックスを併せ持ったバンドが存在していた。これは、ヘアメタルに対する反発として生まれた欧米のシーンとは違い、日本のスラッシュメタルバンドの多くがKISS、モトリークルー等のヘアメタルの影響でメタルバンドを始めた者が多かったからである。こういった事から、バンドは世間一般ではスラッシュメタルとは認知されず、ステレオタイプ的な「ヘビメタ」として世間に捉えられていたふしがあったり、見た目などから硬派なメタルファンからもイロモノ扱いされていた。Xも、初期の頃はヘヴィメタルに対する偏見を植え付けると非難された事もあった。スラッシュメタル フレッシュアイペディアより)

  • ミュージックステーション

    ミュージックステーションから見たX JAPANX JAPAN

    上記の演歌同様、積極的には扱っておらず、80年代には聖飢魔IIやEARTHSHAKER、ハードロック路線だった頃の浜田麻里・SHOW-YA、1989年7月14日にE・Z・Oが全米ツアー中に現地生中継で出演しており、90年代にはX JAPAN・筋肉少女帯・DIR EN GREYが出演。海外のバンドでは1996年にキッス、1997年にエアロスミスが出演した程度である。2002年8月9日にSEX MACHINEGUNSが出演したのを最後に国内外のヘヴィメタルバンドの出演は無くなっている。ミュージックステーション フレッシュアイペディアより)

486件中 41 - 50件表示

「X JAPAN」のニューストピックワード