641件中 51 - 60件表示
  • ZI:KILL

    ZI:KILLから見たX JAPANX JAPAN

    1987年11月にギターのKENとベースのSEIICHIを中心に結成された。当時の表記はG-KILL。翌年の1988年2月にボーカルのTUSKが加入し、本格的に活動が開始。その後、Xのhideが興味を持ち、それが縁でYOSHIKIが経営するエクスタシーレコード内GHOST DISKから1989年3月、1stアルバム『真世界〜REAL OF THE WORLD〜』をリリースした。その約1年後の1990年3月、1stと同じくエクスタシーレコードから2ndアルバム『CLOSE DANCE』をリリース。このアルバムはインディーズでの作品であるにもかかわらず、オリコンのメジャーチャートにチャートインするという当時の音楽業界では異例の快挙を成し遂げたアルバムであり、後続のロックバンドのバイブルとなった。インディーズシーンでトップに昇り詰めた1990年10月、渋谷公会堂でのワンマンライブで東芝EMIと契約し、メジャーへ進出をすることを発表した。ZI:KILL フレッシュアイペディアより)

  • THE LAST LIVE〜最後の夜〜

    THE LAST LIVE〜最後の夜〜から見たX JAPANX JAPAN

    THE LAST LIVE〜最後の夜〜(ザ・ラスト・ライブ さいごのよる)は、日本のロックバンドX JAPANが1997年の12月31日に東京ドームで行った解散コンサート。THE LAST LIVE〜最後の夜〜 フレッシュアイペディアより)

  • 田中丸善威

    田中丸善威から見たX JAPANX JAPAN

    2001年秋、クラウド・ナインのリーダーSHU(Gt.)よりバンドへの誘いを受け、幾度のセッションやライヴを経て2002年初頭正式メンバーとして参加。クラウド・ナインでのリリースは、フルアルバム2枚(徳間ジャパン・コミュニケーションズ)ミニアルバム3枚(ポリスター)等、ライヴDVD2枚他、バンドで コンピレーションアルバム等にも参加している。PV7本。2005年に発表したアルバム疾風迅雷ではミキサー&プロデュースとして元マシーン・ヘッド、元ソウルフライのギタリストローガン・メイダーを起用。翌2006年9月に発表された疾風迅雷外伝においても同氏を起用。2007年10月21日のライヴを最後に、渡米目的の為バンドを離脱。後任ベーシストとして第一期のメンバーでもある沢田泰司(元X, 元ラウドネス, D.T.R)が復帰。田中丸善威 フレッシュアイペディアより)

  • 村中俊之

    村中俊之から見たX JAPANX JAPAN

    横浜バロック室内合奏団のみなとみらいホール定期演奏会に参加する一方で溝口肇、葉加瀬太郎、加古隆、能楽囃子方一噌流笛方である一噌幸弘、グラミー賞アーティストPablo Ziegler等と共演。また、ストリングスとして嵐、EXILE、X JAPAN、aiko、河村隆一、星野源など日本の主要メジャーアーティストとレコーディング・共演。近年はドラム奏者村中俊幸とのユニット結成や音楽朗読劇での劇伴作曲・音楽監督を務めるなど幅広く活動している。村中俊之 フレッシュアイペディアより)

  • メギツネ

    メギツネから見たX JAPANX JAPAN

    SU-METALのソロ曲で、X JAPANをオマージュした、本格的なメロディックスピードメタルとなっている。歌詞は『紅』、曲調は『Silent Jealousy』の要素を取り入れている。メギツネ フレッシュアイペディアより)

  • I'LL KILL YOU

    I'LL KILL YOUから見たX JAPANX JAPAN

    「I'LL KILL YOU」(アイル・キル・ユー)は、Xの楽曲で、1枚目のシングル。1985年6月15日に発売された。発売元はDADA RECORDS。I'LL KILL YOU フレッシュアイペディアより)

  • J (ミュージシャン)

    J (ミュージシャン)から見たX JAPANX JAPAN

    X JAPANのhideのことを実の兄貴のように慕っていた。J (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • 1989年の音楽

    1989年の音楽から見たX JAPANX JAPAN

    4月21日 - X(現:X JAPAN)、アルバム『BLUE BLOOD』でメジャーデビュー。1989年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 天才・たけしの元気が出るテレビ!!

    天才・たけしの元気が出るテレビ!!から見たX JAPANX JAPAN

    X JAPAN(ヘビメタシリーズ、当時の名前はX)天才・たけしの元気が出るテレビ!! フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の音楽

    2007年の音楽から見たX JAPANX JAPAN

    全体的に日本音楽界に大きく貢献した人物の死去や解散が相次ぐ中、1990年代後半の解散ブームからおよそ10年ほどの月日が経ったことで近年続く再結成ブームの余波も続き、YMO、X JAPAN、JUN SKY WALKER(S)、SIAM SHADE、LUNA SEAなどの復活が話題を呼んだ。しかし、ポップスや歌謡曲の売り上げは依然として伸び悩む傾向が続いている。2007年の音楽 フレッシュアイペディアより)

641件中 51 - 60件表示

「X JAPAN」のニューストピックワード