641件中 81 - 90件表示
  • バンドブーム

    バンドブームから見たX JAPANX JAPAN

    もう一つはXの登場とその大成功の影響を受けたもので、それ以降、ヴィジュアル系と言われるファッション性を重視したバンドが、若年女性層からの熱狂的な支持を受け一大ブームの様相を示した。バンドブーム フレッシュアイペディアより)

  • 青木愛 (政治家)

    青木愛 (政治家)から見たX JAPANX JAPAN

    X JAPANのYOSHIKIとTOSHIは高校時代の同級生で、TOSHIとは交際していた、と週刊新潮が報道している。青木愛 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 新藤晴一

    新藤晴一から見たX JAPANX JAPAN

    音楽への目覚めは、青春時代に聴いていた洋楽のガンズ・アンド・ローゼズ、エクストリーム、エリック・クラプトン、邦楽のBARBEE BOYS、X(後のX JAPAN)などがきっかけ。新藤晴一 フレッシュアイペディアより)

  • 小室哲哉

    小室哲哉から見たX JAPANX JAPAN

    XのYOSHIKIと「V2」を結成し、シングル「背徳の瞳〜Eyes of Venus〜」をリリース(オリコン最高位第2位)。一度だけライブを行った。小室哲哉 フレッシュアイペディアより)

  • ミュージックステーション

    ミュージックステーションから見たX JAPANX JAPAN

    1993年12月24日 -「スーパーライブ93」にて、X JAPANが「X」を披露後、ドラマーのYOSHIKIがドラムセットを破壊、投げた椅子がテレビカメラに直撃した。番組終了後、そのテレビカメラは使用不可能となった。ミュージックステーション フレッシュアイペディアより)

  • 1997年の日本

    1997年の日本から見たX JAPANX JAPAN

    9月22日 - ロックバンド「X JAPAN」が記者会見を開き、解散を発表。1997年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • チャンヨル

    チャンヨルから見たX JAPANX JAPAN

    江東区に母の経営するイタリアンレストラン「Viva Polo」、永登浦区に父の経営するライブカフェ「よい世界作り」がある。架空能力はで、フェニックスを召還する人物として設定されている。アメーバ個人ブログを日本語で更新している。車の運転免許所持。ニックネームは歯並びが良いことから「歯のセレブ」、メンバーたちにエネルギーを与えるということで「ハッピーウイルス」、耳が大きいことから「パク・ドビー」、「ヨーダ」。趣味は音楽鑑賞、特技は作詞と楽器演奏、ラップ。ギター、ドラム、ベース、ジャンベ、ピアノなどの演奏を得意とする。作曲も手がけ、自作曲の動画をInstagramに投稿している。理想の人物はジェイソン・ムラーズとエミネムで、よく聴く音楽はヒップホップとラップ。辛い食べ物が苦手。好きな食べ物はカルビと豚カツ、好きな色は黒、好きな映画は『スクール・オブ・ロック』。子供の頃から動物が大好き。何かにはまると没頭するマニアな部分がある。明るく前向きな性格、癖は手でリズムをとること、座右の銘は「楽しもう」、仲の良い芸能人は東方神起のユンホとスーパージュニアのチェ・シウォン。16歳の頃に通っていた演技学院の同期であるBlock Bのピオとも親交がある。好きな日本の芸能人は木村拓哉、X JAPAN、L'Arc〜en〜Ciel。チャンヨル フレッシュアイペディアより)

  • LUNA SEA

    LUNA SEAから見たX JAPANX JAPAN

    4月21日:インディーズ1stアルバム『LUNA SEA』をX JAPAN(当時 X)のYOSHIKIが主宰するExtasy Recordsよりリリース。初回プレス盤1万枚が予約で完売。LUNA SEA フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンボンバー (バンド)

    ゴールデンボンバー (バンド)から見たX JAPANX JAPAN

    小学生の頃から高校2年生の頃まで野球を続けていた。しかし高校ではレギュラーになれず、中学生、高校生の時に野球選手への夢を断念する。同じ頃に友人の影響でベースの演奏を始め、その後知人にギターを渡されギターに転向し、GLAY、L'Arc〜en〜Ciel、X JAPANなどの楽曲を趣味で演奏する。高校3年生の頃、共通の友人を介して鬼龍院と知り合う。この時鬼龍院が高校の文化祭でDIR EN GREYの楽曲を演奏している映像に衝撃を受け、鬼龍院にバンドを組むことを提案するも断られる。その後大学の経済学部へ進学し、ゴールデンボンバーを鬼龍院と友人の3人で結成する。学生生活では金銭的に余裕がなく、バンド活動も少なかったため、ほとんどの時間を松屋でのアルバイトに費やしていた。大学卒業前には就職活動するも両親の反対を押し切り、就職活動を止めてゴールデンボンバーを鬼龍院と共に再結成する。その後しばらくは演奏に徹していたものの、ギターソロではパフォーマンスを披露するようになった。これは鬼龍院によるとVagu*Projectとの邂逅を切っ掛けとしているが、本人は演奏よりパフォーマンスを見せる楽しさを感じるようになったことや、技術的な問題などを上げている。バンドを始めたころは鬼龍院と共に経済的に厳しい生活を送っていたことを後に語っており、卒業後はマネージャーから30万円を借りて生活費に充てていたことなどを明かしている。ゴールデンボンバー (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • 太鼓の達人10

    太鼓の達人10から見たX JAPANX JAPAN

    紅(X JAPAN) - 初出は「8」。「おにコース」の最大コンボ数が999であることが有名。太鼓の達人10 フレッシュアイペディアより)

641件中 81 - 90件表示

「X JAPAN」のニューストピックワード