前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
162件中 1 - 10件表示
  • X JAPAN

    X JAPANから見たワーナーミュージック・ジャパン

    ソニーとの契約が切れたXは、新しいレーベルとの契約と同時に、新たなベーシストをオーディションをしながら探していった。そして1992年夏、世界進出を果たすべくアメリカのタイム・ワーナー(当時)と契約。8月24日、ニューヨークのロックフェラー・センターで記者会見を開いた。海外ではアトランティックレーベル、日本ではMMG(後のイーストウェストジャパン、現在はワーナーミュージック・ジャパンの1レーベル)から作品をリリースすることに決定。この時、同時に元マジェスティック・イザベルのHEATHの加入も発表されている。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たYOSHIKI

    1982年、千葉県館山市で当時高校生だったYOSHIKIとToshlを中心に結成。LAメタルに影響を受けた派手なルックスで、後続のバンドに大きな影響を与えた。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)

    メンバーが揃ったXは精力的に活動を続け、1988年4月、ファーストアルバム『VANISHING VISION』をリリース。発売1週間で、当時としては異例の初回プレス分1万枚を完売した。この時、既に数社とのメジャーレーベルとの契約交渉を進めており、この年の夏に当時のCBSソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)とメジャー契約を果たした。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たLOUDNESS

    ちなみに高校時代の文化祭ではLOUDNESSのカバー曲「IN THE MIRROR」「We are X」「I'LL KILL YOU」を演奏していた(当時の「I'LL KILL YOU」は未完成でサビが無かった。)X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た小泉純一郎

    さらに、HIDEと同郷であり、hide MUSEUMの建設にも関わった当時の小泉純一郎首相が「X JAPANのファン」と公言し話題を呼び、「Forever Love」が自民党の国政選挙の際にCMで使われた。しかし、その一方でToshiの洗脳疑惑騒動やYOSHIKIの迷走などかつてのファンを不安にさせるニュースも数多く報道されていた。特にYOSHIKIは日本で表立った音楽活動をほとんど行わなくなり、アメリカでのViolet UKの活動を主体にプロジェクトを進めていた。これには公私共に深い信頼関係にあったHIDEの死去が自身に与えた精神的なダメージが大きかったためであることを後に語っている。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たオリコン

    1989年4月21日、CBSソニー / Siren Songからアルバム『BLUE BLOOD』でメジャーデビュー。オリコン初登場6位を記録。1989年だけで60万枚のセールスを記録する。当時の音楽業界はミリオンヒットが珍しい時代であり、トップレベルのロックバンドですら10万枚の売上で大ヒットだったため、『BLUE BLOOD』のセールス記録は異例であった。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たViolet UK

    さらに、HIDEと同郷であり、hide MUSEUMの建設にも関わった当時の小泉純一郎首相が「X JAPANのファン」と公言し話題を呼び、「Forever Love」が自民党の国政選挙の際にCMで使われた。しかし、その一方でToshiの洗脳疑惑騒動やYOSHIKIの迷走などかつてのファンを不安にさせるニュースも数多く報道されていた。特にYOSHIKIは日本で表立った音楽活動をほとんど行わなくなり、アメリカでのViolet UKの活動を主体にプロジェクトを進めていた。これには公私共に深い信頼関係にあったHIDEの死去が自身に与えた精神的なダメージが大きかったためであることを後に語っている。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た桑田佳祐

    CMは2007年12月5日の「FNS歌謡祭」の桑田佳祐の出番直前に解禁され、そのコピーは「X JAPANがついに帰ってきた」というものであった。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た小室哲哉

    2007年には再び再結成の話が急浮上した。これはToshlが「YOSHIKIと再結成する話し合いを進めている」と同年2月10日に自身のホームページ上で明かしたことによるものだった。そのメッセージでToshlはX JAPANのかつてのマネージメント事務所社長がToshlのライヴ会場に何度も足を運び、他のメンバーが再結成したがっているがToshlはどうだろうかと、頼んで来たと話している。再結成に対して否定的であったToshlは、最初は頑なに断り続けていたが、あまりにも何度も来られたため、YOSHIKIにも確認し、共通の友人でもあるアーティストにも応援と期待を頂いて話を進めているとToshlはそのメッセージで話していた。共通の友人でもあるアーティストとは小室哲哉のことであり、彼もmyspaceに持っている自身のブログで英語で再結成について言及していた。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た沢田泰司

    脱退後は本名の沢田泰司(一時、沢田大司)として活動。LOUDNESSに加入後?D.T.R?Cloud Nine?音風等を渡り歩き、2006年にD.T.Rを再結成するも、2011年7月にサイパン島で自殺を図り死去(詳細は本人の項目を参照)。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
162件中 1 - 10件表示

「X JAPAN」のニューストピックワード