162件中 91 - 100件表示
  • X JAPAN

    X JAPANから見たセガサターン

    アルバムが出ない状況の中、日本国内ではFILM GIGが開かれたり、X JAPANブランドのコンドーム発売、UFOキャッチャー向け人形のキャラクター化、セガサターン用ゲーム発売、フォーミュラ・ニッポンへの参戦、ユネスコ主催の奈良東大寺ライブへの参加、年末の東京ドームライブの恒例化、NHK紅白歌合戦への連続出場等々、様々な活動があった。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た千葉県立安房高等学校

    幼稚園の頃からの幼馴染だったYOSHIKIとToshlは、小学校高学年でアメリカのロックバンド「KISS」の話をするような間柄であり、共にバンドを組む約束をした。そして小学6年生の時にDYNAMITE(ダイナマイト)(1977-1978)、中学校に進学後NOISE(ノイズ)(1978-1982)を結成。中学校の予餞会が初ライブだった。その後、通っていた中学校が生徒増加で分割してしまい、ボーカルが別の中学に編入されてしまったため、当初ギターだったToshIがボーカルになった。地元の安房高校に進学した2人はその後もバンドを続けていたが、進学問題で他のメンバーが脱退。他校のメンバーを加えて1982年夏、高校2年生の時に始めたのがXだった。当時のXは、コンテスト荒らしとして地元では有名で、Toshlはバレーボール部と掛け持ちしていたために、坊主頭で出場していた。たまたま高校のころ、同じコンテストに出ていたPATAが当時のXを見て「あんなバンドには入りたくない」と思ったらしい。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たTHE LAST LIVE~最後の夜~

    「2000年再結成」までの間、各メンバーはソロ活動を展開する。中でもHIDEは、hide with Spread Beaver名義で精力的に活動を始めた。しかしその矢先、1998年5月2日にHIDEが急逝、これによりX JAPANの再結成は叶わなくなった(2005年6月のR-25、2002年1月のWeekly Oricon、1999年6月のFeatureなど様々な場でのインタビューでYOSHIKIが公言している)。HIDEの死は、X JAPANというバンドを解散早々伝説化させる要因になった。また、以降も「ART OF LIFE」や「THE LAST LIVE?最後の夜?」などのライブ盤やDVD、インターネット上での投票によるベスト盤リリース、全国主要都市や韓国・ソウルでのFILM GIG開催などが続いた。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たStanding Sex/Joker

    キューンレコードが盤権を管理する楽曲は、アルバム『BLUE BLOOD』の12曲、『Jealousy』の10曲、それに本来「Jealousy」に収録されるはずだった、新録された「Sadistic Desire」とシングル「Standing Sex」の計24曲。さらに、ソニーとの契約期間中に収録されたライブ音源も含まれる。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たヘヴィメタル

    「いくらいい曲を作っていても聴いてもらえなければ意味が無い」という考えから「知名度が必要」という判断し、日本テレビ「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の「ヘビメタコーナー」に出演していた。「早朝シリーズ(就寝中の芸能人の部屋に侵入し、バズーカなどの爆音で起こす名物コーナー)」の一つである「早朝ヘビメタ」や、ステージ衣装のままで競技を行う「ヘビメタ運動会」などで話題となる。当時の放送では、YOSHIKIとToshIはそれぞれゲイリー・ヨシキ、オジー・アキラと名乗っていた。また、同番組の企画で「やしろ食堂ライブ」を行い、狭いやしろ食堂の店内で「オルガスム」を演奏した。これがHIDEのX加入後の初仕事となった。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たBELIEVE (LUNA SEAの曲)

    2008年5月4日に東京・味の素スタジアムで行われたHIDE追悼ライブ「hide memorial summit」の二日目に出演し、「Without You」や「ピンクスパイダー」等を演奏した。またLUNA SEAメンバーと「BELIEVE」を演奏した。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たバンド (音楽)

    X JAPAN(エックス・ジャパン)は日本のヴィジュアル系ロックバンド。1989年にX(エックス)としてメジャーデビュー。その後1992年に現在のX JAPANに改名。1997年9月22日に解散したが、2007年10月22日に再結成した。通称はX。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たプロモーションビデオ

    当初このDVDは12月30日盤、31日盤と特典をセットにしたDVD-BOXとが2008年1月発売予定であったが、後に制作上の都合によって2月29日発売へ延期された。発売延期の発表と同時に10月に撮影された『I.V.』のプロモーションビデオのフルバージョンがDVD-BOXに収録されることが発表された。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たDAHLIA TOUR 1995-1996

    『DAHLIA』のレコーディングが終わらぬまま、1995年11月、アルバムが未発表にもかかわらず遂に全国ツアー「DAHLIA TOUR 1995-1996」が開始。YOSHIKIの体調を考慮して、基本的に1?2週間に1カ所で2Daysという緩い日程だったが、翌1995年12月の仙台公演2Daysが中止。翌1996年3月13日、名古屋公演1日目にYOSHIKIがライブ中に椎間板ヘルニアを再発して、そのまま以後のツアー日程は全て中止され、事実上ツアー終了。福岡の延期を除く18公演中、7公演が中止となってしまった。福岡ドームに至っては、延期公演の振替も中止となった。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た頚椎

    アメリカ・ロサンゼルスでの長期レコーディングで、YOSHIKIがXの最高速曲である「Stab Me In The Back」のドラムレコーディング後に頚椎の異常を訴え、頸椎椎間板ヘルニアと疲労で3日間寝込んだ。以降のレコーディングスケジュールは大幅に延期され、レコード会社からは1991年7月のリリースをリミットとされたため、他の高速ナンバーや「ART OF LIFE」などのレコーディングを断念し、同年6月帰国。翌7月1日、アルバム『Jealousy』をリリース。オリコンチャート1位を記録する。8月23日、初の東京ドーム公演を果たし、10月29日には日本武道館で「エクスタシーサミット'91」を開催。同時期、新宿の小田急ミロードに「X SHOP JEALOUSIX」を期間限定で出店、日清食品から「カップヌードルX味」が発売されるなど、この頃のXはメディア露出なども合わせて絶頂期を迎えた。12月8日にはNHKホールで、「X with Orchestra」を開催。さらに12月20日のツアーファイナルの武道館ではFILM GIGのダブルアンコールで本人たちが登場し、この頃に一部新聞で報道された解散説をYOSHIKI自ら否定。12月31日にはNHK紅白歌合戦出場など、Xは日本を代表するバンドとなっていた。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

162件中 91 - 100件表示

「X JAPAN」のニューストピックワード