162件中 51 - 60件表示
  • X JAPAN

    X JAPANから見たサマーソニック

    ヨーロッパツアー終了のその矢先の7月15日に、元メンバーのTAIJIがサイパンにて自殺を図り意識不明の重体となっていることが報じられる。治療も虚しくTAIJIは17日に死亡、X JAPANのメンバー5人が追悼コメントを寄せた。その1ヶ月後、ワールドツアーの一環として、ロックフェスティバル「SUMMER SONIC 2011」にX JAPANとして初めて出演。8月13日の舞洲サマーソニック大阪特設会場、14日の千葉・QVCマリンフィールドでのステージでは、TAIJIや東日本大震災の犠牲者に向け1分間の黙祷が捧げられ、また「X」演奏中には「In Memory of TAIJI」と「In Memory of HIDE」という、2人の亡きメンバーの名前がスクリーンに映し出される場面もあった。また、14日の幕張でのステージは千葉出身のYOSHIKIとTOSHI,PATAとってはメジャーデビュー後初、実に24年ぶりとなる凱旋ライブということとなった。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た日本有線大賞

    同年11月23日の渋谷公会堂でのライブ中にYOSHIKIが倒れ、以降のライブは延期された。これ以降、YOSHIKIは首や腕に「爆弾」を抱えながらバンドを続ける事となる。しかしYOSHIKIが不在でも、Xは日本有線大賞新人賞・日本ゴールドディスク大賞など数々の賞を受賞し、Xの人気はさらに広まっていった。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たソウ4

    そして、スポニチの報道から4ヶ月後の2007年10月18日、オフィシャルホームページに『緊急告知』という形で活動再開が正式に発表され、東京都港区台場のアクアシティお台場屋上において、新曲「I.V.」のプロモーションビデオの公開撮影を10月22日に行う旨が報道された。同日めざましテレビで同曲の一部分が公開された。また、「I.V.」はハリウッド映画『SAW4』の全世界メインテーマソングに決定しており、この楽曲でX JAPANは念願の全世界デビューを果たすこととなる。この曲には亡きHIDEのギター音をデジタル加工して使用するなどまぎれもないX JAPAN5人の楽曲として制作された新曲であるが、この時点での音源化は未定とされており、発売の詳細発表はおよそ3ヵ月後の正式発表まで待つこととなる。また、世界デビュー曲ということもあり、歌詞は英語で『DAHLIA』製作時に問題となったToshlの発音などもYOSHIKIによって指導が行われたという。復活のXデーとなった22日にはお台場にファンが3000 - 10000人ほど集結し、救急車まで出動する事態となり、危うく撮影中止も懸念されたものの、無事撮影は行われ、存命中の4人そしてYOSHIKIに抱きかかえられた人形のHIDEが揃い、10年ぶりにX JAPANの『5人』がファンの前に姿を現した。この撮影では『HIDEも世界に連れて行く』という意味合いが強く、前述のHIDE人形のほか、彼の立ち位置には空席のマイクスタンドとギターが設置されていた。さらに同日めざましテレビや各種雑誌媒体によるYOSHIKIの単独インタビューも行われた。撮影終了後にはファンに向かってメンバーが復活の挨拶を行い、2008年春を目処に東京での復活コンサートを計画していることなども明らかにされた。YOSHIKIが語るところでは春のコンサート以外は殆ど何も決まっていないに等しく、今後X JAPANが継続した活動を行うのかどうかやアルバム製作があるかどうかなどは自身もわからないとしていた。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たFNS歌謡祭

    CMは2007年12月5日の「FNS歌謡祭」の桑田佳祐の出番直前に解禁され、そのコピーは「X JAPANがついに帰ってきた」というものであった。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た日本ゴールドディスク大賞

    同年11月23日の渋谷公会堂でのライブ中にYOSHIKIが倒れ、以降のライブは延期された。これ以降、YOSHIKIは首や腕に「爆弾」を抱えながらバンドを続ける事となる。しかしYOSHIKIが不在でも、Xは日本有線大賞新人賞・日本ゴールドディスク大賞など数々の賞を受賞し、Xの人気はさらに広まっていった。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た東大寺

    アルバムが出ない状況の中、日本国内ではFILM GIGが開かれたり、X JAPANブランドのコンドーム発売、UFOキャッチャー向け人形のキャラクター化、セガサターン用ゲーム発売、フォーミュラ・ニッポンへの参戦、ユネスコ主催の奈良東大寺ライブへの参加、年末の東京ドームライブの恒例化、NHK紅白歌合戦への連続出場等々、様々な活動があった。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たサイパン

    ヨーロッパツアー終了のその矢先の7月15日に、元メンバーのTAIJIがサイパンにて自殺を図り意識不明の重体となっていることが報じられる。治療も虚しくTAIJIは17日に死亡、X JAPANのメンバー5人が追悼コメントを寄せた。その1ヶ月後、ワールドツアーの一環として、ロックフェスティバル「SUMMER SONIC 2011」にX JAPANとして初めて出演。8月13日の舞洲サマーソニック大阪特設会場、14日の千葉・QVCマリンフィールドでのステージでは、TAIJIや東日本大震災の犠牲者に向け1分間の黙祷が捧げられ、また「X」演奏中には「In Memory of TAIJI」と「In Memory of HIDE」という、2人の亡きメンバーの名前がスクリーンに映し出される場面もあった。また、14日の幕張でのステージは千葉出身のYOSHIKIとTOSHI,PATAとってはメジャーデビュー後初、実に24年ぶりとなる凱旋ライブということとなった。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た東日本大震災

    シングル発売直前の3月6日には国立代々木体育館にて行われたYOSHIKIプロデュースのファッションイベント「ASIA GIRLS EXPROSION」にX JAPANとして出演。映画「手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ美しく-」の主題歌である新曲「Scarlet Love Song」も披露された。ところが、その5日後の3月11日に東日本大震災が発生し、その影響で「JADE」のリリースが延期が決定された。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たフェラーリ

    さらに、その長期にわたるレコーディングはワーナーミュージック・ジャパンとの関係をも悪化させる。契約から4年ものアルバムレコーディングで経費がかかりすぎるとして、レコーディング費用捻出のために仕上った楽曲を次々とシングルとしてリリース。それでも費用がかさんだ結果、YOSHIKIはフェラーリを売却し自腹でX JAPANのレコーディングを続行。さらに、YOSHIKIは持病の頚椎椎間板ヘルニアのために数曲のハイスピードな楽曲のレコーディングを断念している。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た赤坂BLITZ

    12月31日に赤坂BLITZでカウントダウンライブ「X JAPAN COUNTDOWN GIG 〜初心に帰って〜」を敢行した。この公演はCS放送、DMM.comによる独占生中継が行われた。また、キャパシティが少ないため全国13館のTOHOシネマズにて中継上映も行われた。赤坂BLITZ公演チケットがオークションなどで定価以上で取引されていることを懸念し、2009年に東京ドームにて4日間、他ドームで2日間と合計6日間のドーム公演を行い30万人を導入すること発表した。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

162件中 51 - 60件表示

「X JAPAN」のニューストピックワード