162件中 61 - 70件表示
  • X JAPAN

    X JAPANから見たウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント

    なお、各メンバーのマネジメントについては解散後は全メンバーが独立した事務所を開いており、これは再結成後もそのままの事務所に所属した形での活動となる。よって、同一グループながらも所属事務所はバラバラという形態での活動となる見込みである。再結成後もX JAPANの公式ページと各メンバー個人のページとで情報に若干の差異があるのはこのためと考えられる。なお、X JAPAN本体のページは主にYOSHIKIが全面的に管理を行っており、リンク先にも真っ先にYOSHIKI mobileが表示されるようになっていたり、YOSHIKI寄りの情報が多めに掲載される傾向がある。しかし、2010年8月16日に、ハリウッドの5大エージェンシーの一つである「William Morris Endeavor Entertainment」とバンド単体の形で契約をした影響か、それ以降各メンバーでの情報の差異はなくなってきている。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たアトランティック・レコード

    ソニーとの契約が切れたXは、新しいレーベルとの契約と同時に、新たなベーシストをオーディションをしながら探していった。そして1992年夏、世界進出を果たすべくアメリカのタイム・ワーナー(当時)と契約。8月24日、ニューヨークのロックフェラー・センターで記者会見を開いた。海外ではアトランティックレーベル、日本ではMMG(後のイーストウェストジャパン、現在はワーナーミュージック・ジャパンの1レーベル)から作品をリリースすることに決定。この時、同時に元マジェスティック・イザベルのHEATHの加入も発表されている。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たキングレコード

    解散前後には、YOSHIKIが「ワーナー・ポリドールとの契約消化のため」に企画物のライブアルバム等を乱発している。ちなみに、PV集「DAHLIA THE VIDEO PART II」とライブビデオ「DAHLIA THE TOUR FINAL 1996 東京ドーム完全収録」の2本は、諸般の事情からVHS盤はキングレコードよりリリース、後のDVD化の際にはユニバーサルからリリースされている。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たソニー・ミュージックレコーズ

    ソニーとの契約解除については諸説ある。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た日本放送協会

    2002年、YOSHIKIはNHKの「わたしはあきらめない」という番組の第一回ゲストとして出演した折、X JAPAN解散について触れており、解散の直接的原因となったToshiについて「Toshlの“声”を道具のように扱っていた」と、自身の行いに問題があったという内容の発言をしている。また、HIDE死後の転機となったのが、天皇在位10年奉祝曲「Anniversary」であったとしている。この模様は後日、未放送部分が付け加えられ番組単行本に纏められている。しかし、当時のToshlは「自分はテレビを見ないので知らない」と受け入れることは無かった。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た味の素スタジアム

    2008年5月4日に東京・味の素スタジアムで行われたHIDE追悼ライブ「hide memorial summit」の二日目に出演し、「Without You」や「ピンクスパイダー」等を演奏した。またLUNA SEAメンバーと「BELIEVE」を演奏した。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た紅 (Xの曲)

    当時の音楽業界、特にロックのジャンルにおいて「テレビ出演」はタブー視されており、硬派なイメージを保つ事で彼等の世界観を保とうとする風潮があったが、テレビ番組やライブでのXは、業界関係者や他のバンドから「ヘビメタをお笑いネタにされた」として厄介者のレッテルを貼られ、後に代表作となった「」さえも認められない時期があった。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た日本武道館

    1990年2月、初の日本武道館ライブでツアーを再開。5月の大阪城ホールライブをもって、次のアルバムのレコーディングのために渡米、表舞台から姿を消した。しかし本人達が不在の間にも、前代未聞のFILM GIG(フィルムコンサート)を行い成功させるなど、Xの存在は一種の社会現象となった。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た頸椎

    アメリカ・ロサンゼルスでの長期レコーディングで、YOSHIKIがXの最高速曲である「Stab Me In The Back」のドラムレコーディング後に頚椎の異常を訴え、頸椎椎間板ヘルニアと疲労で3日間寝込んだ。以降のレコーディングスケジュールは大幅に延期され、レコード会社からは1991年7月のリリースをリミットとされたため、他の高速ナンバーや「ART OF LIFE」などのレコーディングを断念し、同年6月帰国。翌7月1日、アルバム『Jealousy』をリリース。オリコンチャート1位を記録する。8月23日、初の東京ドーム公演を果たし、10月29日には日本武道館で「エクスタシーサミット'91」を開催。同時期、新宿の小田急ミロードに「X SHOP JEALOUSIX」を期間限定で出店、日清食品から「カップヌードルX味」が発売されるなど、この頃のXはメディア露出なども合わせて絶頂期を迎えた。12月8日にはNHKホールで、「X with Orchestra」を開催。さらに12月20日のツアーファイナルの武道館ではFILM GIGのダブルアンコールで本人たちが登場し、この頃に一部新聞で報道された解散説をYOSHIKI自ら否定。12月31日にはNHK紅白歌合戦出場など、Xは日本を代表するバンドとなっていた。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たTHE LAST SONG

    そして復活ライブ当日、会場の東京ドームには多くのファンが集まり、グッズ売り場周辺には長蛇の列ができた。1日目「破壊の夜」開場予定時刻迎えたが開場されず、18時30分に開場し、その約2時間20分後、「THE LAST SONG」によってライブが始まった。しかし、曲順の大幅変更や、「ART OF LIFE」の演奏中にYOSHIKIが倒れてライブが半ば強制終了になるなど、待ち時間より演奏時間のほうが短いという、異例の事態がおきた。翌日、YOSHIKIは「無謀な夜」開演前、会見を行い、前日の遅れた理由について「HIDEを3D映像で再現しようとしたら、機材トラブルが度々起こり、そのために遅れた。どうしてもHIDEの姿をファンに見せたかったんです。」とコメントした。「無謀な夜」「創造の夜」は、ほぼ定刻通りに始まった。また、この復活ライブでは、YOSHIKIと親交があるSUGIZOが「Silent Jealousy」や「I.V.」などの数曲でHIDEのパートを演奏し、ステージやモニターには特殊映像(ホログラムなど)によって再現されたHIDEが登場している。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

162件中 61 - 70件表示

「X JAPAN」のニューストピックワード