162件中 71 - 80件表示
  • X JAPAN

    X JAPANから見たENDLESS RAIN

    2010年1月6日?14日にロサンゼルスにてミュージック・ビデオの撮影が行われ、前年5月の台湾公演以来久しぶりにメンバー6人が顔を揃えた。6日にはL.A.センタースタジオ、7?8日にはL.A.シアターへと場所を移し、そして9日にはハリウッド・コダック・シアターの屋上に設置された特設ステージの上でライブ形式の公開撮影が行われた。9日の公開撮影は年末にすでに公式サイト上で現地や日本のファンに発表されており、総入場者は8000人、総制作費は5億円に上る今までにない大がかりな撮影となった。その後12?14日にもさらに場所を移して撮影が行われている。撮影は「I.V.」「JADE」といった復活後の新曲に加えて「Rusty Nail」「紅」「ENDLESS RAIN」といったすでにビデオが存在している代表曲にも行われた。X JAPANがアメリカでパフォーマンスを行うのは初めてのことであり、これが本格的なアメリカ進出への第一歩となった。撮影された映像の一部はパチンコ台、CR FEVER X JAPANに使用されている。また、『X JAPAN Showcase in L.A.』に収録されパチンコ店にて限定リリースされた。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た僕の彼女を紹介します

    韓国では「Tears」が、映画『僕の彼女を紹介します』挿入歌として、日本文化解禁後の韓国映画において初の日本語楽曲使用となった。また、ヨーロッパ圏ではX JAPANの楽曲をカヴァーするバンドも現れている。後述の再結成発表の場でもアジア圏から東京に駆けつけたファンやリアルタイムでX JAPANを知らない若者たちの姿などが多く報道されていたことから、解散後も新たなファン層を開拓していたと言える。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た東京ドーム

    アメリカ・ロサンゼルスでの長期レコーディングで、YOSHIKIがXの最高速曲である「Stab Me In The Back」のドラムレコーディング後に頚椎の異常を訴え、頸椎椎間板ヘルニアと疲労で3日間寝込んだ。以降のレコーディングスケジュールは大幅に延期され、レコード会社からは1991年7月のリリースをリミットとされたため、他の高速ナンバーや「ART OF LIFE」などのレコーディングを断念し、同年6月帰国。翌7月1日、アルバム『Jealousy』をリリース。オリコンチャート1位を記録する。8月23日、初の東京ドーム公演を果たし、10月29日には日本武道館で「エクスタシーサミット'91」を開催。同時期、新宿の小田急ミロードに「X SHOP JEALOUSIX」を期間限定で出店、日清食品から「カップヌードルX味」が発売されるなど、この頃のXはメディア露出なども合わせて絶頂期を迎えた。12月8日にはNHKホールで、「X with Orchestra」を開催。さらに12月20日のツアーファイナルの武道館ではFILM GIGのダブルアンコールで本人たちが登場し、この頃に一部新聞で報道された解散説をYOSHIKI自ら否定。12月31日にはNHK紅白歌合戦出場など、Xは日本を代表するバンドとなっていた。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たブッダ (漫画)

    シングル発売直前の3月6日には国立代々木体育館にて行われたYOSHIKIプロデュースのファッションイベント「ASIA GIRLS EXPROSION」にX JAPANとして出演。映画「手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ美しく-」の主題歌である新曲「Scarlet Love Song」も披露された。ところが、その5日後の3月11日に東日本大震災が発生し、その影響で「JADE」のリリースが延期が決定された。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見ためざましテレビ

    そして、スポニチの報道から4ヶ月後の2007年10月18日、オフィシャルホームページに『緊急告知』という形で活動再開が正式に発表され、東京都港区台場のアクアシティお台場屋上において、新曲「I.V.」のプロモーションビデオの公開撮影を10月22日に行う旨が報道された。同日めざましテレビで同曲の一部分が公開された。また、「I.V.」はハリウッド映画『SAW4』の全世界メインテーマソングに決定しており、この楽曲でX JAPANは念願の全世界デビューを果たすこととなる。この曲には亡きHIDEのギター音をデジタル加工して使用するなどまぎれもないX JAPAN5人の楽曲として制作された新曲であるが、この時点での音源化は未定とされており、発売の詳細発表はおよそ3ヵ月後の正式発表まで待つこととなる。また、世界デビュー曲ということもあり、歌詞は英語で『DAHLIA』製作時に問題となったToshlの発音などもYOSHIKIによって指導が行われたという。復活のXデーとなった22日にはお台場にファンが3000 - 10000人ほど集結し、救急車まで出動する事態となり、危うく撮影中止も懸念されたものの、無事撮影は行われ、存命中の4人そしてYOSHIKIに抱きかかえられた人形のHIDEが揃い、10年ぶりにX JAPANの『5人』がファンの前に姿を現した。この撮影では『HIDEも世界に連れて行く』という意味合いが強く、前述のHIDE人形のほか、彼の立ち位置には空席のマイクスタンドとギターが設置されていた。さらに同日めざましテレビや各種雑誌媒体によるYOSHIKIの単独インタビューも行われた。撮影終了後にはファンに向かってメンバーが復活の挨拶を行い、2008年春を目処に東京での復活コンサートを計画していることなども明らかにされた。YOSHIKIが語るところでは春のコンサート以外は殆ど何も決まっていないに等しく、今後X JAPANが継続した活動を行うのかどうかやアルバム製作があるかどうかなどは自身もわからないとしていた。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たTears (X JAPANの曲)

    韓国では「Tears」が、映画『僕の彼女を紹介します』挿入歌として、日本文化解禁後の韓国映画において初の日本語楽曲使用となった。また、ヨーロッパ圏ではX JAPANの楽曲をカヴァーするバンドも現れている。後述の再結成発表の場でもアジア圏から東京に駆けつけたファンやリアルタイムでX JAPANを知らない若者たちの姿などが多く報道されていたことから、解散後も新たなファン層を開拓していたと言える。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たバレーボール

    幼稚園の頃からの幼馴染だったYOSHIKIとToshlは、小学校高学年でアメリカのロックバンド「KISS」の話をするような間柄であり、共にバンドを組む約束をした。そして小学6年生の時にDYNAMITE(ダイナマイト)(1977-1978)、中学校に進学後NOISE(ノイズ)(1978-1982)を結成。中学校の予餞会が初ライブだった。その後、通っていた中学校が生徒増加で分割してしまい、ボーカルが別の中学に編入されてしまったため、当初ギターだったToshIがボーカルになった。地元の安房高校に進学した2人はその後もバンドを続けていたが、進学問題で他のメンバーが脱退。他校のメンバーを加えて1982年夏、高校2年生の時に始めたのがXだった。当時のXは、コンテスト荒らしとして地元では有名で、Toshlはバレーボール部と掛け持ちしていたために、坊主頭で出場していた。たまたま高校のころ、同じコンテストに出ていたPATAが当時のXを見て「あんなバンドには入りたくない」と思ったらしい。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た福岡ドーム

    『DAHLIA』のレコーディングが終わらぬまま、1995年11月、アルバムが未発表にもかかわらず遂に全国ツアー「DAHLIA TOUR 1995-1996」が開始。YOSHIKIの体調を考慮して、基本的に1?2週間に1カ所で2Daysという緩い日程だったが、翌1995年12月の仙台公演2Daysが中止。翌1996年3月13日、名古屋公演1日目にYOSHIKIがライブ中に椎間板ヘルニアを再発して、そのまま以後のツアー日程は全て中止され、事実上ツアー終了。福岡の延期を除く18公演中、7公演が中止となってしまった。福岡ドームに至っては、延期公演の振替も中止となった。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たI'LL KILL YOU

    ちなみに高校時代の文化祭ではLOUDNESSのカバー曲「IN THE MIRROR」「We are X」「I'LL KILL YOU」を演奏していた(当時の「I'LL KILL YOU」は未完成でサビが無かった。)X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見た渋谷

    2008年1月20日、YOSHIKIによる、一般ファンも招待制で出席可能の記者会見が渋谷Apple Storeで行われた。この会見で同年3月28日、30日に、東京ドームで2Daysの復活ライブが行われることが発表された。また、会見同日に先行予約が開始され、23日の時点では既に予約が10万枚分を越えていた。この予想以上の反響に応え、当初の予定を変更しドームの後方席も開放し増席することを決定し、さらに夏以降の追加公演と、X JAPANにとって初の海外公演となる欧米・アジアツアーの年内の発表も明かされた。復活ライブは「X JAPAN 攻撃再開 2008 I.V. 〜破滅に向かって〜」と、1992年1月5日から7日にかけて開催されたXの東京ドーム3DAYS公演と同じ名前が付けられ、28日は「破壊の夜」、30日は「創造の夜」と命名された。立ち位置に付いても触れており、「HIDEがいたときと同じ配置で行く」と改めて『5人のX JAPAN』によるコンサートであることが強調された。さらにこの会見で「I.V.」のiTunes Storeなどにおける全世界23ヶ国同時発売が発表され、これによってX JAPANは音源発売という形で世界に向けて動き出したことになり、本格的に世界進出を実現させることになった。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

162件中 71 - 80件表示

「X JAPAN」のニューストピックワード