前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
448件中 1 - 10件表示
  • ブリンクス・ザ・タイムスイーパー

    ブリンクス・ザ・タイムスイーパーから見たXboxXbox

    『ブリンクス・ザ・タイムスイーパー』 (Blinx: The Time Sweeper) は、2002年12月12日にマイクロソフトから発売されたXbox用ゲームソフト。ブリンクス・ザ・タイムスイーパー フレッシュアイペディアより)

  • カプコン クラシックス コレクション

    カプコン クラシックス コレクションから見たXboxXbox

    なお、日本国外ではXbox版も発売されており、リージョンコードの制限がされていないので日本のXboxでも動作する。カプコン クラシックス コレクション フレッシュアイペディアより)

  • フル スペクトラム ウォリアー

    フル スペクトラム ウォリアーから見たXboxXbox

    このソフトは元来アメリカ陸軍の要請を受け、南カリフォルニア大学のICT(創造技術研究所:米陸軍が出資した研究機関)およびPandemic Studiosにより開発されたFull Spectrum Commandという兵士訓練用のMOUT(市街戦)シミュレータが原型となっている。アメリカの税金を使って開発されたソフトではあったが、版権はICTおよびPandemic Studiosに残されたため、これを元にゲームソフトとしてアレンジされ、Xbox用に開発されたのが本作である。また本作は後にWindowsやプレイステーション2へも移植されている。直接ではないとはいえ、税金を使って開発されたソフトが元になってゲーム商品が作られたことは一部で論議を呼んでいる。フル スペクトラム ウォリアー フレッシュアイペディアより)

  • ブルードラゴン

    ブルードラゴンから見たXboxXbox

    2003年12月7日に第1作『ブルードラゴン』がXbox専用ゲームソフトとしてマイクロソフトから発売された。ジャンルはコンピュータRPG。制作はミストウォーカー、共同開発はアートゥーン。ブルードラゴン フレッシュアイペディアより)

  • True Crime

    True Crimeから見たXboxXbox

    2003年11月3日Activisionからプレイステーション2とXboxそしてPC(PC版は2004年5月11日)で発売されたゲームソフト。日本語版は2004年10月28日に株式会社カプコンからプレイステーション2とXboxで発売。True Crime フレッシュアイペディアより)

  • NINJA GAIDEN

    NINJA GAIDENから見たXboxXbox

    1995年を最後に終了していた忍者龍剣伝シリーズを、3Dアクションゲームとして蘇らせたXbox専用ソフト。タイトルの『NINJA GAIDEN』は元々忍者龍剣伝の海外での名称だったが、このタイトルから日本名も海外名に合わせている。日本ではプラットフォームがXboxということもあり、6万程度の売り上げだったが世界では高い評価を受けミリオンセラーとなった。キャッチコピーは「凄すぎて何が悪い」。NINJA GAIDEN フレッシュアイペディアより)

  • グランド・セフト・オートシリーズ

    グランド・セフト・オートシリーズから見たXboxXbox

    当初プレイステーション2で発売され、後にPCやXboxに移植され世界中で八百万本規模の大ヒットを遂げる(公式には800万本と称される)。日本でも2003年秋にカプコンよりCEROレイティング18歳以上対象ソフトとしてプレイステーション2版が発売され、海外ゲームとしては異例の30万本ヒットを記録。架空の街「リバティーシティ」を構築し、自由にシミュレーションすることが人気を得た。同時に暴力描写、特にチートを使用し体がバラバラになる描写が話題となり青少年による暴力や無差別殺人事件を誘発したとして批判され(後述)、神奈川県で有害図書に認定される。2004年12月16日にカプコンから廉価版がプレイステーション2用として発売された。本作の主人公はクロード・スピード。グランド・セフト・オートシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • デッドオアアライブ

    デッドオアアライブから見たXboxXbox

    デッドオアアライブ スリー、Xbox、2002年2月22日発売(日本)、2001年11月15日発売(北米)、2002年3月14日発売(欧州)デッドオアアライブ フレッシュアイペディアより)

  • 日本におけるゲーム機戦争

    日本におけるゲーム機戦争から見たXboxXbox

    極端な独占は日本特有の傾向で、欧米の市場ではシェアにおいて2位のハードも売上を伸ばした例がある。メガドライブ、NINTENDO64、Xboxなどがそれに当たる。ゲームエンジンを用いた開発が普及していると言うこともあり、欧米のパブリッシャーでは同一タイトルを複数のゲーム機向けにリリースするというマルチプラットフォーム戦略が浸透している。日本でも携帯ゲーム機市場においてPSPがニンテンドーDSによるシェア独占を許さず一定のシェアを保ち続けているという事例もあり、複数のハードが共存できるようになったのではないかとの指摘もある(ただし2007年以降のヨーロッパにおける携帯ゲーム機市場ではニンテンドーDSがシェアの7 - 8割を獲得しており、日本ゲーム市場の典型に近い構図となっている)。日本におけるゲーム機戦争 フレッシュアイペディアより)

  • スパイクアウト

    スパイクアウトから見たXboxXbox

    Xboxで発売されたスパイクアウトの家庭版。ゲーム自体はFEのリメイクだが、スペシャル投げの威力増加や雑魚、ボスの弱体化などマイルドな調整がされている。スパイクアウト フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
448件中 1 - 10件表示

「Xbox」のニューストピックワード