99件中 71 - 80件表示
  • iモード

    iモードから見たフランス

    2002年4月にフランスのブイグテレコムがiモードの導入を発表した。1他のiモード導入企業の敗因を分析してNTTドコモを手本2としたためシェアが低いキャリアであるにも関わらず2年で85万契約を達成し3した。同社のiモード本部長を務めたブノワ・ルヴェは成功の秘訣は「『ドコモに学べ』の一言に尽きる」と語っている。多くの国でi-modeを導入したキャリアは、i-modeで何が出来るのかを消費者に伝え切れていないとブイグテレコムは考えサービス内容を訴求する広告展開を行った事が成功に繋がった。4iモード フレッシュアイペディアより)

  • iモード

    iモードから見たパケ・ホーダイ

    初期の頃は、通信データ量に応じて料金が加算される従量制の課金システムのため、iモードの使用頻度が多くなるにつれて通信データ量が多くなり、結果的に莫大な使用料金となるいわゆる「パケ死」が社会問題となっていた。FOMAでは通信データ量が見直され、後にパケット通信料が定額制の「パケ・ホーダイ」の開始により、パケ死の問題は解消された。iモード フレッシュアイペディアより)

  • iモード

    iモードから見たルーマニア

    - ギリシャ、ルーマニア(サービス終了)iモード フレッシュアイペディアより)

  • iモード

    iモードから見たビジネスモデル

    NTTドコモに所属した松永真理・夏野剛・榎啓一などが、携帯電話を利用したインターネットビジネスモデルとしてアイディアを生み出した。「iモード」の『i』は、インタラクティブ・インフォメーション・インターネットの頭文字の『i』、そして英語で「私」の意味の『i』であるとされる。iモード フレッシュアイペディアより)

  • iモード

    iモードから見たHandheld Device Markup Language

    携帯電話業界の規格であるWAP・HDML・WMLを採用せず、一般的に普及しているHTTPとHTMLを採用したことにより、コンテンツの開発が容易になった。これによって、iモードサービス開始後も、iアプリ、iエリア、デコメール、iモードFelicaなどの派生サービスを投入できた。iモード フレッシュアイペディアより)

  • iモード

    iモードから見たP-01H

    スマートフォンへの移行によりiモード契約者が減少傾向にあることから、2015年発売のP-01Hを最後に新機種は発売されておらず、2016年11月2日にiモードケータイの出荷を同年中に終了することが発表された。らくらくホンシリーズについては出荷を継続するとしていたが、これについても2017年6月までに販売を終了し、iモード対応携帯電話を新品で購入することは不可能となった。iモード フレッシュアイペディアより)

  • iモード

    iモードから見たWebサーバー

    iモードの正式なコンテンツプロバイダとして承認されていない企業や個人でも で記述し、インターネットのWebサーバー上に勝手サイトとして公開することでコンテンツを提供することが可能である。当然ながら、ISPとなるドコモは勝手サイトの内容については一切関知していない。iモード フレッシュアイペディアより)

  • iモード

    iモードから見たWebメール

    AOLi - 2001年2月から2004年8月までドコモAOLが提供していたスクリーンネーム@aol.com ドメインのWebメールサービス。25000文字までの送受信に対応。設定により受信メールをiモードメール宛に先頭250文字まで転送することができた。iモード フレッシュアイペディアより)

  • iモード

    iモードから見た東京新聞

    1999年2月22日 『iモード』サービス開始 膨大な情報手のひらに - 東京新聞iモード フレッシュアイペディアより)

  • iモード

    iモードから見たアイルランド

    - イギリス、アイルランド、ドイツ(サービス終了)iモード フレッシュアイペディアより)

99件中 71 - 80件表示

「iモード」のニューストピックワード