93件中 11 - 20件表示
  • AirMac

    AirMacから見たiMaciMac

    AirMacはニューヨークで開催されたMacworld Expoにおいて1999年7月21日に初登場した。最初に提供されたのはAirMacベースステーションに加え、アップルの新型のiBookノートブック向けオプションの拡張カードが含まれた。AirMacカードは、PowerBook、eMac、iMac、およびPower Macを含むすべてのアップル製パーソナルコンピュータにオプションとしてその後追加された(Xserveにはラックマウント型サーバという性格上AirMacカードオプションがない)。初代のAirMacシステムは40ビット暗号化にしか対応しないが、最大11Mbpsの転送レートが可能であり、複数のコンピュータの間でインターネットアクセスの共有とファイル共有を行うためによく使われた。AirMacカード M7600J/C以降は128ビット暗号化に対応した。AirMac フレッシュアイペディアより)

  • PowerPC

    PowerPCから見たiMaciMac

    1990年代中頃、PowerPCプロセッサはベンチマークにおいて、最速のx86系プロセッサと同等または凌駕する性能を発揮した。90年代末に登場したG4ではAltiVecを搭載し、当時の他のCPUに比較して大幅に高速なSIMD処理を実現した。PowerPCは高性能でありながら低コスト・低消費電力といった特徴をもち、アップルはPowerPC603およびG3・G4を採用することによって、同時期のPC/AT互換ノートパソコンの性能を凌駕するPowerBookや、ファンレスのiMac、Power Mac G4 Cubeといった独創的な製品を作ることが可能になった。しかしPowerPCの性能あたりの消費電力の低さは、組み込み向けとしては高く評価されたものの、デスクトップで勢力を拡大するための決め手にはならなかった。PowerPC フレッシュアイペディアより)

  • ボードPC

    ボードPCから見たIMaciMac

    こういった分野では、先行するタブレットPC(タッチパネル内蔵)もあるが、ボードPCではキーボードやマウスなどのユーザインタフェースを接続して操作することを前提としており、またインテリア性に特化した意匠性を重視するデザインの製品が主である。なお同形態の先行する製品にはGatewayの「Profile」(1999年)やiMac G5(2004年)も存在するが、同語は2006年のVAIO type Lシリーズ発表に際し「一枚型のボードPC」として使われた用語として、後発する同形態の他社製品にも使われるようになった傾向も見られ、パソコン形態のジャンルとしてはあまり明確な定義を持って定着しているとは言いがたい。ボードPC フレッシュアイペディアより)

  • Mini-VGA

    Mini-VGAから見たiMaciMac

    今日では、mini-DVI端子がほとんどの場合においてmini-VGAを置き換えている。mini-VGA端子はアップルコンピュータのiBookとiMacによく見られるだけでなく、ソニーのようなノートパソコンメーカー数社でも使われている。Mini-VGA フレッシュアイペディアより)

  • iText

    iTextから見たiMaciMac

    もともとiMacにフィットする簡易なテキストエディタとしてリリースされ、1998年最初のバージョンが公開されたが、バージョンアップのたびにLightWayTextの機能を取り込み、簡易目次機能や文字カウント、文字の置換などの機能をそなえた。さらに縦書きやルビ、段組み、行間隔の調整や画像の貼り込みなども可能で、簡易ワープロとしての機能をそなえている。機能強化版のiText Pro(シェアウェア)もある。iText フレッシュアイペディアより)

  • ネットワークコンピュータ

    ネットワークコンピュータから見たiMaciMac

    iMac - 当初はネットワークコンピュータとして開発が開始されたが、プロジェクトの主導権を握ったスティーブ・ジョブズの判断によりパソコンに変更された。ネットワークコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • NetBoot

    NetBootから見たiMaciMac

    NetBootは、Mac OS X Serverのbootpdを利用する機能の一つで、Mac OSやMac OS Xをネットワーク越し(HTTPS、AFP、NFS、マルチキャストASRが利用出来る)に起動出来る仕組み。クライアントのローカルHDDを利用しないディスクレスNetBootで運用することで、iMac以降のMacintoshをシンクライアントとして運用することが出来る。また、通常運用のクライアントに対しては同様の仕組みを利用して、Mac OS Xやソフトウェアのネットワークインストールを行うこが出来る。NetBoot フレッシュアイペディアより)

  • Apple Remote

    Apple Remoteから見たiMaciMac

    Apple Remote(アップルリモート)はiMac及びMac miniなど向けの赤外線通信を用いたリモートコントローラである。Apple Remote フレッシュアイペディアより)

  • AppleWorks

    AppleWorksから見たiMaciMac

    PerformaやiMac、iBookといった家庭用のMacにバンドルされていたが、2004年を最後 (AppleWorks 6.2.9) にアップデートはされず、Macのインテル移行に伴いバンドルは終了。2007年8月、iWork '08リリースと前後して単品販売も終了した。AppleWorks フレッシュアイペディアより)

  • 省スペースパソコン

    省スペースパソコンから見たiMaciMac

    しかし、アップルからiMacが登場すると、再び省スペースパソコンとしての一体型機種の地位は向上することとなる。セットアップの簡便さという特徴はそのままに、レガシーデバイスの廃止や、思い切った拡張性の削減によってCRTディスプレイ一体型でありながら、十分なコンパクトさを備えることができた。しかも、同時のMacintoshラインナップの中では十分な性能を持つPowerPC G3をCPUに採用したことで、真の意味で家庭用としては十分な性能を持った廉価版コンパクト機種として登場することができた。また、デザインを重視したパソコンはiMac以前にも有ったとはいえ、一般家庭向けパソコンのデザインについてインテリアの一部としての側面を広く意識されるようになったのも、iMacの登場による影響の一つだと考えられ、このような風潮は現代の省スペースパソコンのデザインにも少なくない影響を与えていると考えられる。省スペースパソコン フレッシュアイペディアより)

93件中 11 - 20件表示

「iMac」のニューストピックワード