93件中 81 - 90件表示
  • ドリームキャスト

    ドリームキャストから見たiMaciMac

    かつてのファミコンテレビC1やSF-1と同じくブラウン管テレビにゲーム機を一体化させたものである。“1970年代から見た2000年のテレビ”というコンセプトで、レトロフューチャーなデザインに仕上がっているが、初代iMacに近いものがある。ドリームキャストの互換機という扱いであり、セガ側は対外的にはPRしなかったが、ドリームポイントバンク登録者向けのダイレクトメールでドリームアイと合わせて紹介していた。ドリームキャスト フレッシュアイペディアより)

  • Small Computer System Interface

    Small Computer System Interfaceから見たiMaciMac

    Macintosh(特にiMac以降)でも同様に、HDDやCD-ROMといった内蔵機器はIDE、MOやイメージスキャナなどの外付け機器はUSBやIEEE 1394に置き換わっている。ターゲットディスクモードも、IEEE 1394でサポートされている。Small Computer System Interface フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ルビンスタイン

    ジョン・ルビンスタインから見たiMaciMac

    アップルコンピュータによるNeXT買収後、アップルのハードウェア部門担当の上級副社長に就任し、再びジョブズのもとで働くことになる(ちなみに、同時期のソフトウェア部門担当の上級副社長はNeXTのソフトウェア部門担当副社長アビー・テバニアンである)。PowerBook G3を皮切りに、iMacやiBookの開発に携わる。iPod立ち上げの立役者の一人で、「Pod-father」(iPodの父)といわれている(なお、他に「iPodの父」といわれる人物はトニー・ファデルやジェームス比嘉、スタン・イングなど複数存在する)。2004年にiPod部門の責任者となった。ジョン・ルビンスタイン フレッシュアイペディアより)

  • 1999年の日本

    1999年の日本から見たiMaciMac

    スケルトン(トランスルーセント)デザインが流行。iMac が火付け役。1999年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たiMaciMac

    パーソナルコンピュータ(パソコン)の世界では逆に「先輩」であったアップルが1984年に発表・発売したMacintoshは、洗練されたGUIなど多くの点でIBM機に先行するものであった(1995年のWindows 95の際に、Win95 = Mac84 などとも言われたほどであった)。しかし、ビジネスユースから広まったIBM PC(後には互換機)の牙城をMacintoshはなかなか崩せず、2000年代のアップルの起点は1998年のiMacを待たねばならない。IBM フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ジョブズ

    スティーブ・ジョブズから見たiMaciMac

    1998年には、iMacを市場に投入、それまでの「アイボリーの箱」というMacの印象から大きく離れた同シリーズは大ヒットとなり、トランスルーセント(日本では和製英語のスケルトン)、のスタイリングは当時あらゆる分野に影響を及ぼした。このヒットはアップルの復活を人々に強く印象づけた。スティーブ・ジョブズ フレッシュアイペディアより)

  • ユニバーサル・シリアル・バス

    ユニバーサル・シリアル・バスから見たiMaciMac

    iMacはモニタ一体型の斬新なデザインとともに、従来の汎用インターフェースADBのみならずSCSIやRS-422シリアルポートも廃してUSBへ一本化するなど、PC98-NXよりさらに思い切った仕様で登場し、話題と議論を呼んだ。従来はUSB機器の製造・販売に躊躇していた周辺機器メーカーも、既存のインターフェースを扱うことができなくなったiMacシリーズ向けとしてUSBへの対応を迫られる形となり、普及が一気に進んだ。iMac本体に合わせたトランスルーセントデザインのUSB周辺機器が流行となり、幅広い層に受け入れられていった。こうしたUSBデバイスにはMacintoshとWindows双方のドライバが添付され、結果としてPC/AT互換機におけるUSBの普及を後押ししたという側面もある。ユニバーサル・シリアル・バス フレッシュアイペディアより)

  • アップル (企業)

    アップル (企業)から見たiMaciMac

    ジョブズは1998年5月に、Worldwide Developers ConferenceでiMacを発表する。このiMacはポリカーボネイト素材をベースに半透明(トランスルーセント)筐体を採用した製品であった。このデザインの視覚的な訴求力と、ボンダイブルーなる青緑のカラーリングにマスコミはこぞって賞賛を送る事になる(デザイン界では意見は二分されたが、1998年のグッドデザイン賞受賞)。iMacの存在意義はそれだけでなく、単純明快なコンピュータである事を示すべく、それまでのSCSIインターフェースやRS-422シリアルポート、ADBなどを廃止し、当時のPC/AT互換機で採用が始まっていたUSBを新たに全面的に採用した。アップル (企業) フレッシュアイペディアより)

  • MacBook Pro

    MacBook Proから見たiMaciMac

    15インチモデルのデザインが変更、筐体が高精度アルミニウムユニボディとなり若干大型化、FSB 1066MHz化しDDR3メモリの採用、トラックパッド全体がボタン化された他、液晶画面がiMac同様ガラス張りとなり、15インチモデルにおけるノングレアディスプレイの取り扱いがなくなった。また、新たに負荷の大小により使用するGPU(GeForce 9400Mと同 9600M GTを搭載)をシステムの再起動無しに切り替えることが可能となった。MacBook Pro フレッシュアイペディアより)

  • Serial experiments lain

    Serial experiments lainから見たiMaciMac

    本作の製作者にはコンピュータマニアが多く、実在のコンピュータやOSが数多く登場する。例えば、後半に登場する初代iMacは本放送の開始直前に発表されたばかりの機種である。Serial experiments lain フレッシュアイペディアより)

93件中 81 - 90件表示