前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示
  • iMac

    iMacから見たソーテック

    iMacの色の特徴である半透明(トランスルーセント、日本ではスケルトンと呼ばれた)のデザインコンセプトは、コンピュータ業界のみならず、家電業界や文具等のデザインにも影響を与えた。この流れのなかでフューチャーパワー社 (Future Power) の「E-Power」や、イーマシーンズ社 (eMachines)の「eOne」、ソーテック社の「e-one」などiMacのコンセプトを大きく取り入れたデスクトップ型パーソナルコンピュータが出回った。アップルは、意匠権の保護を求めて提訴し、裁判所から製造と販売の差し止め命令が下されたり、あるいは和解の後にiMacで使われたカラー以外への切り替えがおこなわれた。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たスティーブ・ジョブズ

    NeXT社買収でアップルに復帰したスティーブ・ジョブズが中心となって開発されたiMacは、パソコンの歴史においてエポックメイキングとなった製品である。開発はアップル社内のごく限られた人数で構成されたチームにより極秘裏に進められ、WWDC 1998でのジョブズによる発表会で初めてiMacの存在を知った社員がほとんどであった。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たアルミニウム

    一見、ディスプレイに見える筐体は、1つのアルミ製のスタンドで支えられており、筐体の角度を-5度から25 度まで傾けることができる。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たアドバンスト・マイクロ・デバイセズ

    2006年にはCPUがインテルのCore Duoに変更され、現行機種(2011年5月現在)は、CPUに64ビットのIntel Core i5またはIntel Core i7を搭載し、GPUにはAMD Radeonを搭載したモデルが販売されている。インテルCPUへの切り替え後は、他社の同レベルのディスプレイ一体型デスクトップ機に比較して高い価格競争力を持ち、アップルの主軸商品として、成長の原動力になっているという。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たソニー

    それまで市場で販売されていたデスクトップ型のパーソナルコンピュータは、機能の優先や拡張性の確保のため、箱形の筐体をしたものが多かった。これはPC/AT互換機に限らずアップルの製品でも同じで、iMac発売当時に並販されていたPower Macintosh G3 DT, MTも箱形のデザインであった。また筐体色に関してもアイボリーやブラックといったものが多かったが、一方で1997年に発売を開始したソニーのパーソナルコンピュータVAIOにおいてバイオレット(紫色)が用いられ「VAIOカラー」と呼ばれるなど、パーソナルコンピュータのデザインや色が着目され始めた時期でもあった。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たグッドデザイン賞

    発売当初のCRTを搭載したiMacは、筐体デザインに配慮した変形五角形の専用品を使用している。この初代iMacのデザインは、日本国内で1998年度グッドデザイン賞の家庭用メディア部門にて同賞を受賞している。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たインテル

    2006年にはCPUがインテルのCore Duoに変更され、現行機種(2011年5月現在)は、CPUに64ビットのIntel Core i5またはIntel Core i7を搭載し、GPUにはAMD Radeonを搭載したモデルが販売されている。インテルCPUへの切り替え後は、他社の同レベルのディスプレイ一体型デスクトップ機に比較して高い価格競争力を持ち、アップルの主軸商品として、成長の原動力になっているという。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たiPod

    1999年にアップルは同じコンセプトのノート型パソコンiBookを発表する。その後もiTunes、iPod、iPhoneなど、アップルの製品やサービスに「i」を付けたものが続いた。「e」や「my」などをサービスや製品の名称の先頭に付けることは他社でも広く行われていたが、iMacの発表後に「i」をネーミングに取り入れたサービスや製品が他社からも出回るようになった。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たVAIO

    それまで市場で販売されていたデスクトップ型のパーソナルコンピュータは、機能の優先や拡張性の確保のため、箱形の筐体をしたものが多かった。これはPC/AT互換機に限らずアップルの製品でも同じで、iMac発売当時に並販されていたPower Macintosh G3 DT, MTも箱形のデザインであった。また筐体色に関してもアイボリーやブラックといったものが多かったが、一方で1997年に発売を開始したソニーのパーソナルコンピュータVAIOにおいてバイオレット(紫色)が用いられ「VAIOカラー」と呼ばれるなど、パーソナルコンピュータのデザインや色が着目され始めた時期でもあった。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たモデム

    iMacが発表された際には、白と半透明のグリーンを使った「色」、箱形を脱して曲線を多用した「形」、また当時コンピュータを買う目的の一つであったインターネットへ接続するまでの購入時・後のユーザーの煩雑さ(周辺機器の購入や接続)低減に効果のあったディスプレイやキーボード、マウス、モデムといった周辺機器の内蔵もしくは付属によって、製品を箱から出して付属のコード数本を繋ぎ、電源を入れた後に通信契約を行えばインターネットへ簡単に繋げることができる「シンプルさ」が着目され、メディアでは「斬新なデザイン」と評された。iMac フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示

「iMac」のニューストピックワード