68件中 11 - 20件表示
  • iMac

    iMacから見たブラウン管

    15インチCRTを装備した一体型のケース、キーボード、マウス、果ては電源ケーブル、付属のモジュラーケーブルにいたるまで半透明(トランスルーセント)で統一されたスタイリッシュなデザインや、ボンダイブルー(アップルによる造語、シドニーにあるボンダイビーチから)と呼ばれた印象的なカラー、178,000円(当時)という低価格が広く受け入れられ、大ヒット商品となり、それまで経営危機が囁かれていたアップルの復活を強く印象づけた(実際には1997年第4四半期に黒字化している)。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たヒマワリ

    2002年1月にMacworld Conference & Expo/San Francisco 2002で発表されたiMacは、それまでとは全く異なるデザインでモデルチェンジされた。半球型の本体から可動アームが伸び、その先に液晶ディスプレイが接続されたオールインワンパソコン。この可動アームによって液晶ディスプレイを自由な角度に調整することができる。スティーブ・ジョブズはこのiMacをsunflower(ヒマワリ)のようだと呼んだ。音質を重視した前モデルのコンセプトを引き継ぎ、本体にはデジタルアンプとモノラルスピーカを内蔵、デジタル接続のステレオスピーカが付属する。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たiTunes

    1999年にアップルは同じコンセプトのノート型パソコンiBookを発表する。その後もiTunes、iPod、iPhoneなど、アップルの製品やサービスに「i」を付けたものが続いた。「e」や「my」などをサービスや製品の名称の先頭に付けることは他社でも広く行われていたが、iMacの発表後に「i」をネーミングに取り入れたサービスや製品が他社からも出回るようになった。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見た液晶ディスプレイ

    2002年には液晶ディスプレイ一体型にフルモデルチェンジ、CPUにもPowerPC G4が搭載された。なお初期型のブラウン管搭載機のシルエットは、液晶ディスプレイ採用で価格が押し上がったために空いた価格帯を埋めるeMacに継承されていったが、2005年には販売終了した。2004年にはPower PC G5を搭載したiMac G5となり、液晶ディスプレイにパソコンが内蔵されたような薄型のデザインになった。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たフロッピーディスク

    初代のiMacは、レガシーデバイス(RS-232C、RS-422系のシリアルポート、フロッピーディスク)とアップルが考えたものを廃し、USBを全面的に採用するという斬新な仕様で発売された。iMacがUSBを全面採用としたことで、ただちにUSB採用の周辺機器が次々に発売され、USBの普及が加速的に進んだ。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たiPhone

    1999年にアップルは同じコンセプトのノート型パソコンiBookを発表する。その後もiTunes、iPod、iPhoneなど、アップルの製品やサービスに「i」を付けたものが続いた。「e」や「my」などをサービスや製品の名称の先頭に付けることは他社でも広く行われていたが、iMacの発表後に「i」をネーミングに取り入れたサービスや製品が他社からも出回るようになった。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たアップル インコーポレイテッド

    iMac(アイマック)とは、1998年5月にアップルが発表し、同年8月に発売が開始されたパーソナルコンピュータ「Macintosh」のディスプレイ一体型デスクトップ機のシリーズに付けられた名称。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たNeXT

    NeXT社買収でアップルに復帰したスティーブ・ジョブズが中心となって開発されたiMacは、パソコンの歴史においてエポックメイキングとなった製品である。開発はアップル社内のごく限られた人数で構成されたチームにより極秘裏に進められ、WWDC 1998でのジョブズによる発表会で初めてiMacの存在を知った社員がほとんどであった。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たPower Macintosh

    なお、ディスプレイ内蔵のオールインワンタイプ・パソコンは、Macintoshの原点とも言うべきものであるが、Macintosh II以降の上位機種にはモジュラー型が採用されたため、一体型は廉価版とみなされるようになり、長らく地味な存在であった。しかしiMacシリーズには従来のパソコンにはないインテリア性があり、しかも初代iMacは上位機種DTシリーズと同じCPUを採用しており、従来の一体型Macintosh(Performaシリーズ)とは一線を画すものであった。iMacは、当時の急速なインターネットの普及という追い風を受け、一般家庭向けのネット端末というニーズにあった製品として、おおいに売上を伸ばした。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たPC/AT互換機

    iMacと同様のコンセプトは、一頃は他の企業から発売された幾つかのPC/AT互換機で採用されたが、これらが余りにもiMacのデザインを露骨に模倣していたため問題となった(後述)。iMac フレッシュアイペディアより)

68件中 11 - 20件表示

「iMac」のニューストピックワード