64件中 11 - 20件表示
  • iMac

    iMacから見たヒマワリ

    2002年1月にMacworld Conference & Expo/San Francisco 2002で発表されたiMacは、それまでとは全く異なるデザインでモデルチェンジされた。半球型の本体から可動アームが伸び、その先に液晶ディスプレイが接続されたオールインワンパソコン。この可動アームによって液晶ディスプレイを自由な角度に調整することができる。スティーブ・ジョブズはこのiMacをsunflower(ヒマワリ)のようだと呼んだ。音質を重視した前モデルのコンセプトを引き継ぎ、本体にはデジタルアンプとモノラルスピーカを内蔵、デジタル接続のステレオスピーカが付属する。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たVAIO

    それまで市場で販売されていたデスクトップ型のパーソナルコンピュータは、機能の優先や拡張性の確保のため、箱形の筐体をしたものが多かった。これはPC/AT互換機に限らずアップルの製品でも同じで、iMac発売当時に並販されていたPower Macintosh G3 DT, MTも箱形のデザインであった。また筐体色に関してもアイボリーやブラックといったものが多かったが、一方で1997年に発売を開始したソニーのパーソナルコンピュータVAIOにおいてバイオレット(紫色)が用いられ「VAIOカラー」と呼ばれるなど、パーソナルコンピュータのデザインや色が着目され始めた時期でもあった。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見た液晶ディスプレイ

    2002年には液晶ディスプレイ一体型にフルモデルチェンジ、CPUにもPowerPC G4が搭載された。なお初期型のブラウン管を搭載したシルエットは、液晶ディスプレイ採用で価格が押し上がったために空いた価格帯を埋めるeMacに継承されていったが、2005年には販売終了した。2004年にはPowerPC G5を搭載したiMac G5となり、液晶ディスプレイにパソコンが内蔵されたような薄型のデザインになった。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たフロッピーディスク

    初代のiMacは、アップルがレガシーデバイスと考えたもの(RS-422シリアルポート、フロッピーディスク、ADB、SCSI)を廃し、USBを全面的に採用するという斬新な仕様で発売された。iMacがUSBを全面採用したことで、USBを採用した周辺機器が次々に発売され、USBの普及が加速的に進んだ。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たiPhone

    1999年にアップルは同じコンセプトのノート型パソコンiBookを発表する。その後もiTunes、iPod、iPhoneなど、アップルの製品やサービスに「i」を付けたものが続いた(→I#小文字のi)。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たiTunes

    1999年にアップルは同じコンセプトのノート型パソコンiBookを発表する。その後もiTunes、iPod、iPhoneなど、アップルの製品やサービスに「i」を付けたものが続いた(→I#小文字のi)。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たNeXT

    ギル・アメリオCEOの元で開発が始まり、NeXT社買収でアップルに復帰したスティーブ・ジョブズが発表したiMacは、パソコンの歴史においてエポックメイキングとなった製品である。開発はアップル社内のごく限られた人数で構成されたチームにより極秘裏に進められ、1998年5月11日に行われたWWDC 1998でのジョブズによる発表会で初めてiMacの存在を知った社員がほとんどであった。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たMac OS X v10.4

    OS: Mac OS 8.6〜9.2.2(Mac OS X v10.4.11までで稼働可能)iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たPC/AT互換機

    iMacと同様のコンセプトは、一頃は他の企業から発売された幾つかのPC/AT互換機で採用されたが、これらが余りにもiMacのデザインを露骨に模倣していたため問題となった(後述)。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たAGP

    1999年10月5日に発表されたiMacは、通称 iMac DV系または「slot loading」と呼ばれる。外観的には透明度の高いつややかな半透明ボディが特徴で、スロットローディングタイプのCD-ROM(またはDVD-ROMドライブ、CD-RWドライブ)になった。デスクトップパソコンとしてはMacintosh Plusまでの初期型Macintosh以来となる完全ファンレスの設計で、ハーマン・カードンの高音質ステレオスピーカーが標準搭載された。一部の下位機種を除き、FireWireが標準搭載された。ロジックボードの設計はグラフィック回路を内部的にそれまでのPCI接続からAGP接続するPowerMac G4(AGP)ベースのものになり、コンピュータとしての設計は以前のものと比べ一世代新しいものに刷新されている。このiMacからCPUはロジックボードに直付けになりRev.DまでのようにサードパーティーでのCPUアップグレードカードなどでのCPUの交換はできなくなった。iMac フレッシュアイペディアより)

64件中 11 - 20件表示

「iMac」のニューストピックワード