1 2 3 4 5 6 7 次へ
68件中 61 - 68件表示
  • iMac

    iMacから見たオールインワン

    なお、ディスプレイ内蔵のオールインワンタイプ・パソコンは、Macintoshの原点とも言うべきものであるが、Macintosh II以降の上位機種にはモジュラー型が採用されたため、一体型は廉価版とみなされるようになり、長らく地味な存在であった。しかしiMacシリーズには従来のパソコンにはないインテリア性があり、しかも初代iMacは上位機種DTシリーズと同じCPUを採用しており、従来の一体型Macintosh(Performaシリーズ)とは一線を画すものであった。iMacは、当時の急速なインターネットの普及という追い風を受け、一般家庭向けのネット端末というニーズにあった製品として、おおいに売上を伸ばした。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たEIA-422

    初代のiMacは、レガシーデバイス(RS-232C、RS-422系のシリアルポート、フロッピーディスク)とアップルが考えたものを廃し、USBを全面的に採用するという斬新な仕様で発売された。iMacがUSBを全面採用としたことで、ただちにUSB採用の周辺機器が次々に発売され、USBの普及が加速的に進んだ。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たFireWire

    このシリーズのRev.AとBのみ、前面左スピーカー横にirDAを持つ。また、公式にアップルは発表していないが、内部に通称メザニンスロットという拡張スロットを持つ。サードパーティー製の拡張カードにより、SCSIやFireWireの拡張が出来た。ロジックボードの設計は当時最新のPowerMac G3が採用するGossamarアーキテクチャをベースにしたものを採用しており、ローエンドながら十分な処理能力を発揮できた。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たRadeon

    2006年にはCPUがインテルのCore Duoに変更され、現行機種(2011年5月現在)は、CPUに64ビットのIntel Core i5またはIntel Core i7を搭載し、GPUにはAMD Radeonを搭載したモデルが販売されている。インテルCPUへの切り替え後は、他社の同レベルのディスプレイ一体型デスクトップ機に比較して高い価格競争力を持ち、アップルの主軸商品として、成長の原動力になっているという。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たSmall Computer System Interface

    このシリーズのRev.AとBのみ、前面左スピーカー横にirDAを持つ。また、公式にアップルは発表していないが、内部に通称メザニンスロットという拡張スロットを持つ。サードパーティー製の拡張カードにより、SCSIやFireWireの拡張が出来た。ロジックボードの設計は当時最新のPowerMac G3が採用するGossamarアーキテクチャをベースにしたものを採用しており、ローエンドながら十分な処理能力を発揮できた。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見た意匠権

    iMacの色の特徴である半透明(トランスルーセント、日本ではスケルトンと呼ばれた)のデザインコンセプトは、コンピュータ業界のみならず、家電業界や文具等のデザインにも影響を与えた。この流れのなかでフューチャーパワー社 (Future Power) の「E-Power」や、イーマシーンズ社 (eMachines)の「eOne」、ソーテック社の「e-one」などiMacのコンセプトを大きく取り入れたデスクトップ型パーソナルコンピュータが出回った。アップルは、意匠権の保護を求めて提訴し、裁判所から製造と販売の差し止め命令が下されたり、あるいは和解の後にiMacで使われたカラー以外への切り替えがおこなわれた。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たIEEE1394

    1999年10月5日に発表されたiMacは、通称 iMac DV系または「slot loading」と呼ばれる。外観的には透明度の高いつややかな半透明ボディが特徴で、スロットローディングタイプのCD-ROM(またはDVD-ROMドライブ、CD-RWドライブ)になった。デスクトップパソコンとしてはMacintosh Plusまでの初期型Macintosh以来となる完全ファンレスの設計で、ハーマン・カードンの高音質ステレオスピーカーが標準搭載された。一部の下位機種を除き、FireWireが標準搭載された。ロジックボードの設計はAGPを新たに採用したPowerMac G4(AGP)ベースのものになり、コンピュータとしての設計は以前のものと比べ一世代新しいものに刷新されている。このiMacからCPUはロジックボードに直付けになりRev.DまでのようにサードパーティーでのCPUアップグレードカードなどでのCPUの交換はできなくなった。iMac フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たシドニー

    15インチCRTを装備した一体型のケース、キーボード、マウス、果ては電源ケーブル、付属のモジュラーケーブルにいたるまで半透明(トランスルーセント)で統一されたスタイリッシュなデザインや、ボンダイブルー(アップルによる造語、シドニーにあるボンダイビーチから)と呼ばれた印象的なカラー、178,000円(当時)という低価格が広く受け入れられ、大ヒット商品となり、それまで経営危機が囁かれていたアップルの復活を強く印象づけた(実際には1997年第4四半期に黒字化している)。iMac フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
68件中 61 - 68件表示

「iMac」のニューストピックワード