164件中 91 - 100件表示
  • 松井 絵里奈

    松井絵里奈から見たmisonomisono

    『クイズ!ヘキサゴンII』には下位常連として不定期出演しており、『脳解明クイズ』の初の解答者でもあった(当時は3人で他は大沢あかねと里田まい)。2007年11月28日放送分では最下位常連の里田、つるの剛士、スザンヌ、木下優樹菜、上地雄輔、野久保直樹、misonoなどが全員出演していたためか9位をとり庄司智春(品川庄司)に勝ったことがある。2008年2月13日放送分では底抜け計算クイズで、自らすすんでパートナーとなってお立ち台に立った(このときの解答者は上地雄輔で、彼が周囲の予想に反して計算問題を全問クリアしたので水中に落下しなかった)。レギュラー出演中の『ザ・ベストハウス123』では、野久保と同じくに同番組の「ボツ」の常連である。松井絵里奈 フレッシュアイペディアより)

  • 史上最強のメガヒット カラオケBEST100 完璧に歌って1000万円

    史上最強のメガヒット カラオケBEST100 完璧に歌って1000万円から見たmisonomisono

    女芸人3名(アジアン・隅田美保、友近、渡辺直美)、女性歌手3名(沢田知可子、misono、MAX・Reina)の計6名の挑戦者たちが自分の得意なカラオケ曲でガチンコ対決。公平さを保つために曲は全て3分前後に調整、採点マシーンで公平に採点。得点の高かった上位2名が決勝進出。史上最強のメガヒット カラオケBEST100 完璧に歌って1000万円 フレッシュアイペディアより)

  • WE LOVE ヘキサゴン

    WE LOVE ヘキサゴンから見たmisonomisono

    2008年、『クイズ!ヘキサゴンII』から生まれたユニット・羞恥心のシングル「羞恥心」「泣かないで」がその年のオリコン年間シングルチャート上位になることが確実なヒットとなり、番組の中で司会者の島田紳助が「秋にアルバムを出す」と発言するようになる。一方で羞恥心やPaboのほかにmisono、品川庄司、岡田圭右(ますだおかだ)など番組常連出演者による新しいユニットの案を発表してゆく。結果として羞恥心単体ではなく、ヘキサゴンファミリーによるアルバムとして制作・発表された。WE LOVE ヘキサゴン フレッシュアイペディアより)

  • 家族の日/アブラゼミ♀(大阪バージョン)-ピアノ・バージョン-

    家族の日/アブラゼミ♀(大阪バージョン)-ピアノ・バージョン-から見たmisonomisono

    「家族の日/アブラゼミ♀(大阪バージョン)-ピアノ・バージョン-」(かぞくのひ/アブラゼミ おおさかバージョン ピアノ・バージョン)は、misonoの11枚目のシングル。2008年10月29日発売。家族の日/アブラゼミ♀(大阪バージョン)-ピアノ・バージョン- フレッシュアイペディアより)

  • 湘南工科大学

    湘南工科大学から見たmisonomisono

    2010年7月24日から7月25日にかけてフジテレビで放送された26時間テレビ内の24時間駅伝で、8区→9区の中継所で本大学の正門前が登場した。(misonoがリタイアしたのはこの先の浜見山交差点である)湘南工科大学 フレッシュアイペディアより)

  • GO!GO!7188

    GO!GO!7188から見たmisonomisono

    2007年11月に初の他アーティストへの楽曲プロデュースとして、歌手のmisonoへ「十人十色」を楽曲提供する。GO!GO!7188 フレッシュアイペディアより)

  • ラヴ・イズ・オーヴァー

    ラヴ・イズ・オーヴァーから見たmisonomisono

    2009年、misono - アルバム「カバALBUM」ラヴ・イズ・オーヴァー フレッシュアイペディアより)

  • 北野正人

    北野正人から見たmisonomisono

    作曲家としてZARD、hitomi、山下智久、伊藤由奈、伴都美子、RAG FAIR等に曲を提供していたが、2002年、misono・鈴木大輔と共にエイベックスよりday after tomorrowとしてデビュー。作曲、ギターを担当し、アルバムでは作詞も担当。北野正人 フレッシュアイペディアより)

  • 福原充則

    福原充則から見たmisonomisono

    脚本ではエイベックスプロデュースによるAAA、misono出演のミュージカルや、南野陽子主演によるダンダンブエノを担当。福原充則 フレッシュアイペディアより)

  • 香田晋

    香田晋から見たmisonomisono

    大沢あかねと同じく『今夜はクイズパレード』時代から出演している番組最古参の「おバカタレント」であり、番組初期の最下位争いの中心格。2006年9月頃に里田まいが常連となった頃から彼女が最下位を独占するようになり、最下位になることはなくなった。2007年につるの剛士、木下優樹菜、スザンヌが常連となった頃からアンカーになることがなくなり、上地雄輔、野久保直樹が常連となった頃からまれに中位入りすることもあり、「脳解明クイズ!」に出場することもなくなった。2008年上半期にはほとんど中位入りで、本人は「良い感じに世代交代できた」と語っていたが、下半期に入るとつるのや野久保の点数向上などで下位に入る場合もあった。しかしmisonoや赤井沙希など新たな下位常連出演者も増えた影響でつるのや野久保に負けても中位入りで留まることが多い。香田晋 フレッシュアイペディアより)

164件中 91 - 100件表示

「misono」のニューストピックワード