前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示
  • コンジット・カット

    コンジット・カットから見た007シリーズ007シリーズ

    一方、Anthony Sinclairはコンジット通りの43番地に店を構え、こちらも'50年代のパリやローマのスタイルを取り入れたスーツを仕立てていた。彼を一躍有名にしたのが、映画「007シリーズ」でショーン・コネリーが着たスーツである。書物では当時の映画を監督したテレンス・ヤングご贔屓のテーラーとして記されている。4作目の「サンダーボール作戦」では、ショーン・コネリーの仕立て人としてAnthony Sinclairの名前をエンドクレジットに見ることができる。コンジット・カット フレッシュアイペディアより)

  • 0093 女王陛下の草刈正雄

    0093 女王陛下の草刈正雄から見た007シリーズ007シリーズ

    主演の草刈正雄が「実は世間のイメージである二枚目俳優を演じている諜報部員」という設定のコメディ映画で、007シリーズに代表されるスパイ映画のパロディとして製作された『オースティン・パワーズ』や『裸の銃を持つ男』などと同じ流れにある作品である。0093 女王陛下の草刈正雄 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイズライフ

    ボーイズライフから見た007シリーズ007シリーズ

    007シリーズ』、さいとうたかを、全33回 / 1964年12月号-1967年8月号ボーイズライフ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツ・グロリア

    ピッツ・グロリアから見た007シリーズ007シリーズ

    ピッツ・グロリアは、もともとアクション映画007シリーズの第6作、「女王陛下の007」のセットとして作られた。朝食の特別メニュー、”ジェームスボンド・ブレックファスト”や、ジェームス・ボンド・バー、マルチビジョン「ツーリストラマ」での「007」映画のハイライトシーン上映など、「007」の世界を楽しむ仕掛けが随所に凝らされている。ピッツ・グロリア フレッシュアイペディアより)

  • 吹き替え

    吹き替えから見た007シリーズ007シリーズ

    また、レーベル化はされていない物の、一度パッケージ化されている作品にテレビ版吹き替えを収録した新パッケージを発売した物も存在する(007シリーズやトゥルーライズ、ターミネーター2など)。なお、2010年代以降は映画番組で洋画を放送する事が減少傾向になり、テレビ版独自の吹き替え音源制作も縮小していき、劇場公開時または映像ソフトの発売に合わせて制作された吹き替え音源をそのまま使用するようになっていった。同様に劇場公開されるシリーズ作品で声優が変更された場合、以前はパッケージ版発売の際に劇場公開版と以前担当していた声優による新録版を併録する事もあったが、それも2010年代以降は廃止されたりと吹き替え音源の一本化が進められていった。吹き替え フレッシュアイペディアより)

  • 009!!大あばれ、とんま天狗

    009!!大あばれ、とんま天狗から見た007シリーズ007シリーズ

    大村崑扮する頓馬天狗が近藤勇造率いる「珍選組」と闘いを繰り広げる、というストーリーの大枠は前作と同じだが、本作の天狗は「不死身の番号」と称する「009」を付けている。これは映画『007シリーズ』から来ているほか、「009」は番組スポンサーの大塚製薬の主力商品名「オロナイン軟膏」やこの年に新発売された「オロナミンCドリンク」からの語呂合わせでもある。珍選組が持つ武器の小道具にスパイブームで発売された変形玩具が用いられるなど、作中にもスパイ要素が取り入れられた。また、前作の天狗は木馬に乗って現れたが、本作では従者の引く子象に乗って現れる設定となった。009!!大あばれ、とんま天狗 フレッシュアイペディアより)

  • ホモホモ7

    ホモホモ7から見た007シリーズ007シリーズ

    主人公。通称“セブン”。普段の姿は三頭身のギャグ漫画調でほとんど落書きのような絵柄だが、なぜか女性からは好かれる。名前の由来はスパイものの金字塔007シリーズからとられたものであり、「♂♂7」と表記されることもある。殺し屋スタイルの帽子と特徴的なもみあげは、貸本劇画のパロディとなっている。ホモホモ7 フレッシュアイペディアより)

  • タリサ・ソト

    タリサ・ソトから見た007シリーズ007シリーズ

    1989年に、4代目ジェームズ・ボンド、ティモシー・ダルトンの2作目にして最終作となった007シリーズ第16作『007 消されたライセンス』でボンドガールに抜擢され、麻薬王サンチェス(ロバート・ダヴィ)の愛人ルペ・ラモーラを演じ、一躍有名となった。ちなみにシリーズでは珍しく、メインのボンドガールであるパム・ブーヴィエ(キャリー・ローウェル)とボンドのベッドシーンはないが、二番手のルペとのベッドシーンは存在する。そのためかパムよりもルペのほうが人気を得ることとなった。タリサ・ソト フレッシュアイペディアより)

  • フリーダ・ピントー

    フリーダ・ピントーから見た007シリーズ007シリーズ

    その後、ウディ・アレン監督の『恋のロンドン狂騒曲』(2010年)でジョシュ・ブローリン、アンソニー・ホプキンス、ナオミ・ワッツ、アントニオ・バンデラスと共演。また、2010年3月、007シリーズ通算23作目(『007 スカイフォール』)にボンドガールとして内定した と報じられたが、その後彼女の事務所が報道を完全否定している(実際に出演はなかった)。フリーダ・ピントー フレッシュアイペディアより)

  • キャッツ & ドッグス 地球最大の肉球大戦争

    キャッツ & ドッグス 地球最大の肉球大戦争から見た007シリーズ007シリーズ

    日本版パンフレット(松竹編集・発行)にも記述されているが、本作は至るシーンで複数のアメリカ映画作品のパロディをふんだんに演出面に採り入れている。前作の極悪役で犬の刑務所に収監されている猫のMr.ティンクルズを羊たちの沈黙のハンニバル・レクターに見せかけたり、ターミネーターやマトリックスを彷彿とさせる1シーンもある。さらにオリジナル(英語)のタブ・レーゼンビー役に3代目ジェームズ・ボンドを演じたロジャー・ムーアや主題歌にシャーリー・バッシーの起用、ドッグ秘密組織の作戦指令関係の道具、サウンドトラック、ストーリー全体に亘って、スパイ映画の007シリーズやミッション:インポッシブル(スパイ大作戦・新スパイ大作戦)へのオマージュが色濃く見受けられる。キャッツ & ドッグス 地球最大の肉球大戦争 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示

「007シリーズ」のニューストピックワード