31件中 11 - 20件表示
  • 赤い刺青の男

    赤い刺青の男から見た007シリーズ007シリーズ

    その他、007小説の原書、翻訳本、ボンドが愛用したワルサーPPK(開館当初はマルゼン製のPPK/Sシルバーモデルだったが、現在はマルシン工業製のモデルガンが展示されている)、ロレックスの腕時計、ボンドカーなどの模型(市販されている物なので、現在でも入手は容易)や登場人物のフィギュア、映画公開当時のパンフレット、ポスター(レプリカ)、サントラ盤、007やボンドガールを取り上げた雑誌などを展示。珍しいところでは、さいとう・たかをが劇画化した007シリーズを掲載のボーイズライフ誌のようなレア物まである。赤い刺青の男 フレッシュアイペディアより)

  • 0093 女王陛下の草刈正雄

    0093 女王陛下の草刈正雄から見た007シリーズ007シリーズ

    主演の草刈正雄が「実は世間のイメージである二枚目俳優を演じている諜報部員」という設定のコメディ映画で、007シリーズに代表されるスパイ映画のパロディとして製作された『オースティン・パワーズ』や『裸の銃を持つ男』などと同じ流れにある作品である。0093 女王陛下の草刈正雄 フレッシュアイペディアより)

  • 人類SOS!

    人類SOS!から見た007シリーズ007シリーズ

    撮影は『007シリーズ』のうち7作を担当したテッド・ムーア、特撮(視覚効果)は『2001年宇宙の旅』にも参加するウォーリー・ヴィーヴァーズ、音楽はヒッチコック監督の『フレンジー』でゴールデングローブ作曲賞に推薦されるロン・グッドウィンであった。主演は、1950年の『アニーよ銃を取れ』などに出演したアメリカ人俳優のハワード・キールであった。人類SOS! フレッシュアイペディアより)

  • ハリー・サルツマン

    ハリー・サルツマンから見た007シリーズ007シリーズ

    アルバート・R・ブロッコリと共同でイーオン・プロダクションズを設立し、イアン・フレミングのスパイ小説、007シリーズを映画化。同シリーズは現在では当たり前のように製作されているスパイ映画の草分け的な存在になった。ブロッコリ、テレンス・ヤング、ショーン・コネリー、ケン・アダム、モーリス・ビンダーらと共に007シリーズの黎明期における大功労者として名を残す。サルツマンは数々の名案を生み出し、周囲から「ショーマン(SHOWMAN)」と呼ばれた。しかし、『女王陛下の007』がそれまでの諸作より低調な興行収入に終わり、ブロッコリといつしか亀裂が生じてしまう。そしてサイドビジネスの不調から1975年、『黄金銃を持つ男』を最後に007シリーズの映画化権の持分をブロッコリに売却し、シリーズの製作から身を引き、ファンに衝撃を与えた。その後も007シリーズの出演者とは交流があった。その後は以前ほど目立った活動が出来ず、事業が失敗して多額の借金を背負うことになってしまう。『私を愛したスパイ』の撮影期間中に妻・ジャッキーが癌で亡くなり、以後は遺族によると意気消沈して抜け殻のようになってしまい、自身も体調を崩してしまったという。1981年、ハイアム・トポルの提案によりブロッコリは『ユア・アイズ・オンリー』のプレミア試写会にサルツマンは家族と招待された。そこでブロッコリとサルツマンは抱擁を交わし、一同からは拍手が起きた。2人が対立したのは仕事面であり、互いに悪感情はなかった。カビーはボンド映画で素晴らしい仕事をしているとサルツマンは述べている。シリーズの製作復帰も打診されたがサルツマンが断っている。その後は意欲を取り戻し、『ニジンスキー』製作後、映画劇場運営会社を立ち上げ、世界各国の映画に出資し、映画界に貢献した。カンヌ映画祭グランプリ候補となった『ジプシーのとき』もその一つ。大好きだったという演劇にも関わった。ハリー・サルツマン フレッシュアイペディアより)

  • コンジット・カット

    コンジット・カットから見た007シリーズ007シリーズ

    一方、Anthony Sinclairはコンジット通りの43番地に店を構え、こちらも'50年代のパリやローマのスタイルを取り入れたスーツを仕立てていた。彼を一躍有名にしたのが、映画「007シリーズ」でショーン・コネリーが着たスーツである。書物では当時の映画を監督したテレンス・ヤングご贔屓のテーラーとして記されている。4作目の「サンダーボール作戦」では、ショーン・コネリーの仕立て人としてAnthony Sinclairの名前をエンドクレジットに見ることができる。コンジット・カット フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Clice

    Mr.Cliceから見た007シリーズ007シリーズ

    原作者の秋本が井上ひさしの小説『吉里吉里人』の要素を取り入れ、1960年代にブームになった、007シリーズや殺しのライセンスなどのスパイ映画へのオマージュとして書いた作品。Mr.Clice フレッシュアイペディアより)

  • ホモホモ7

    ホモホモ7から見た007シリーズ007シリーズ

    主人公。通称“セブン”。普段の姿は三頭身のギャグ漫画調でほとんど落書きのような絵柄だが、なぜか女性からは好かれる。名前の由来はスパイものの金字塔007シリーズからとられたものであり、「♂♂7」と表記されることもある。殺し屋スタイルの帽子と特徴的なもみあげは、貸本劇画のパロディとなっている。ホモホモ7 フレッシュアイペディアより)

  • 高松ファイブアローズ

    高松ファイブアローズから見た007シリーズ007シリーズ

    前期はブースターと共に客席から応援をしていた。後期はサマー&シルキーと行動して試合の運営をアシストをした。また、スーパーダンクTV!にも出演した。そして女優として、007シリーズ香川ロケ誘致活動のシンボル“香川のボンドガール”を1年間務めた。香川県国際交流員で、観光短編映画「直島より愛をこめて」で共演したボンド役の外国人男性と2007年7月7日に結婚し、8月からイギリスで新生活をスタート。高松ファイブアローズ フレッシュアイペディアより)

  • ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

    ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルから見た007シリーズ007シリーズ

    トム・クルーズは本作のテーマは「チームワーク」だと語っており、その点では3作目と類似する点が多い。ブラッド・バードのCGアニメーション監督の経験からか、過去3作と比べてCGが多用されている。また、高性能スマートフォン、CG背景偽造装置、カメラ機能付きコンタクトレンズ、壁面吸着グローブなど、007シリーズを彷彿とさせるような様々なギミックが登場した。ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル フレッシュアイペディアより)

  • ウルスラ・アンドレス

    ウルスラ・アンドレスから見た007シリーズ007シリーズ

    ウルスラ・アンドレス(Ursula Andress,1936年3月19日 - )は映画女優。スイスのベルン出身。007シリーズの初代ボンドガール。ウルスラ・アンドレス フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示

「007シリーズ」のニューストピックワード

  • 2016 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑

  • Star Trek: Discovery(原題)

  • 次期大統領候補ドナルド・トランプ