49件中 11 - 20件表示
  • 赤い刺青の男

    赤い刺青の男から見た007シリーズ007シリーズ

    その他、007小説の原書、翻訳本、ボンドが愛用したワルサーPPK(開館当初はマルゼン製のPPK/Sシルバーモデルだったが、現在はマルシン工業製のモデルガンが展示されている)、ロレックスの腕時計、ボンドカーなどの模型(市販されている物なので、現在でも入手は容易)や登場人物のフィギュア、映画公開当時のパンフレット、ポスター(レプリカ)、サントラ盤、007やボンドガールを取り上げた雑誌などを展示。珍しいところでは、さいとう・たかをが劇画化した007シリーズを掲載のボーイズライフ誌のようなレア物まである。赤い刺青の男 フレッシュアイペディアより)

  • ボンドスーツ

    ボンドスーツから見た007シリーズ007シリーズ

    ボンドスーツ (Bond Suits) は、映画『007シリーズ』において主人公のジェームズ・ボンドが身に纏うスーツの総称、またそのスタイルのこと。ボンドスーツ フレッシュアイペディアより)

  • サヴィル・ロウ

    サヴィル・ロウから見た007シリーズ007シリーズ

    007シリーズの主人公、ジェームズ・ボンドがサヴィル・ロウのスーツを愛用しているという設定になっているのは、映画『ドクター・ノオ』での彼の台詞にもある通りだが、実際に映画本編で着用されているのは、ショーン・コネリー時代はサヴィル・ロウではなく、隣接するコンジット・ストリートにあったテーラー「アンソニー・シンクレア」で誂えたスーツを着用した。ロジャー・ムーア時代もマウント・ストリートにある「ダグラス・ヘイワード」などのテーラーを利用した。サヴィル・ロウ フレッシュアイペディアより)

  • ベン・ハー (2016年の映画)

    ベン・ハー (2016年の映画)から見た007シリーズ007シリーズ

    2013年、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーは既にパブリックドメインとなっているルー・ウォーレスの1880年の小説『ベン・ハー』を翻案したキース・R・クラークの脚本の権利を獲得した。2014年4月、パラマウント映画とMGMは共同で『ベン・ハー』の新バージョンを製作し、とが製作と製作総指揮を務めることを発表した。MGMは以前にも同一の小説を原作としていた1925年のサイレント映画と1959年の映画を制作しており、後者は1980年代にテッド・ターナーに売却されていた。MGMはちょうど23作に及ぶ007シリーズの世界的な成功、『007 スカイフォール』と『ホビット 思いがけない冒険』の両作の世界興行収入がそれぞれ10億ドルを突破したことにより破産状態から脱却し、また当時パラマウントとは聖書映画『ノア 約束の舟』を成功させていた。その後、ジョン・リドリー(『それでも夜は明ける』)が脚本修正のため雇われ、、バーネット、ジョニ・レヴィンが製作、ダウニー、クラーク、ジェイソン・ブラウンが製作総指揮となった。また後にダンカン・ヘンダーソンが製作に加わり、さらにリドリーが製作総指揮兼任となった。新たな映画は1959年版とは大きく異なっており、ローマ帝国がエルサレムを支配する以前から親友として育ったベン・ハーとメッサラの関係形成を扱い、キリストが重要な役割を果たすと発表された。ベン・ハー (2016年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • シェイカー (調理器具)

    シェイカー (調理器具)から見た007シリーズ007シリーズ

    カクテルは必ずしもシェイクするものばかりでは無いが、バーテンダーのイメージとしてシェイカーが定着しているようである。これは薄暗いスタンドバーで物憂げな表情でバーテンダーがシャカシャカとシェイクをしているイメージが、戦後のカクテルブームの際に広まったためだと思われる。また、007シリーズにおける主人公ジェームズ・ボンドの台詞「ウォッカ・マティーニを。シェイクで、ステアでなく(Shaken, not stirred)」に見られるよう、カクテル愛好者のこだわりを象徴している。シェイカー (調理器具) フレッシュアイペディアより)

  • ハリー・サルツマン

    ハリー・サルツマンから見た007シリーズ007シリーズ

    イアン・フレミングのスパイ小説007シリーズに、映画化すればヒットするのではと着目、1961年、同シリーズの映画化権を獲得する。契約上設定された映画化権の有効期限内に出資先を確保するべくサルツマンが奔走する中、同じくシリーズの映画化を目指していたアルバート・R・ブロッコリ(通称カビー)から権利を買い取りたいとの申し出を受ける。金策に苦戦しつつもサルツマンは権利を手放すつもりはなく、結局共同して映画化することになり、ブロッコリと共にイーオン・プロダクションズ(イーオン・プロ)を設立する。プロダクション旗揚げ後、ユナイテッド・アーティスツ(UA)の出資が決定、イーオン・プロによる007シリーズ第1作『ドクター・ノオ』映画化が実現した。この作品の大成功により、映画版007シリーズは現在でも多数製作されているスパイ映画の草分け的な存在となった。ブロッコリ、テレンス・ヤング、ショーン・コネリー、ケン・アダム、モーリス・ビンダーらと共にサルツマンは007シリーズ黎明期における大功労者として名を残す。サルツマンは数々の名案を生み出し、周囲から「ショーマン(SHOWMAN)」と呼ばれた。ハリー・サルツマン フレッシュアイペディアより)

  • 真昼の決闘

    真昼の決闘から見た007シリーズ007シリーズ

    007シリーズ』のパロディ小説シリーズ。『太閤殿下の定吉七番』に、舞台を福井県に置き換えた『真昼の決闘』のパロディ「真昼の温泉」が収録されている。真昼の決闘 フレッシュアイペディアより)

  • モード・アダムス

    モード・アダムスから見た007シリーズ007シリーズ

    1974年、ガイ・ハミルトン監督の007シリーズ第9作『007 黄金銃を持つ男』に、スカラマンガの美しい愛人アンドレア役で出演する。同作はやや不評に終わり、アンドレアも途中で殺されるが、アダムス演じるアンドレアはそれまでのボンドガールと異なり、上品な美しさと大人の色気を持つ姿が好評を呼び、メインのボンドガールだったブリット・エクランドよりも高い人気を得た。ホテルの浴室でシャワーを浴びているところをボンドに見つかり、たじろぐシーンは有名になった。モード・アダムス フレッシュアイペディアより)

  • 水野晴郎

    水野晴郎から見た007シリーズ007シリーズ

    0093 女王陛下の草刈正雄(2007年):自身が宣伝を担当していた007シリーズのパロディ作品。カメオ出演。水野晴郎 フレッシュアイペディアより)

  • 原 康義

    原康義から見た007シリーズ007シリーズ

    007シリーズ(ギャレス・マロリー / M)原康義 フレッシュアイペディアより)

49件中 11 - 20件表示

「007シリーズ」のニューストピックワード