31件中 21 - 30件表示
  • ラーク (タバコ)

    ラーク (タバコ)から見た007シリーズ007シリーズ

    “SPEAK LARK”でお馴染みだったテレビコマーシャル(日本のみで放送)には、ジェームス・コバーンやピーター・グレイブス、ミッキー・ローク、トム・ベレンジャー、また007シリーズのジェームズ・ボンド役で活躍したロジャー・ムーア(3代目)やティモシー・ダルトン(4代目)、ピアース・ブロスナン(5代目)などが出演しており、洋画風の作風に人気があった。ラーク (タバコ) フレッシュアイペディアより)

  • さいとう・たかを

    さいとう・たかをから見た007シリーズ007シリーズ

    設立当初は少年誌に漫画を連載していたが、イアン・フレミング原作で話題となっていたアクション映画『007シリーズ』に注目、劇画化した。その作品は『ボーイズライフ』に連載され大好評であった。その他にも単発もので中短編様々な種類(横溝正史作品に倣ったミステリー、冒険もの)の作品を発表。さいとう・たかを フレッシュアイペディアより)

  • ソビエト連邦

    ソビエト連邦から見た007シリーズ007シリーズ

    007シリーズやゴルゴ13等、40年代から90年代までの世界情勢を背景とするフィクション作品において、ソビエト連邦は頻繁に描かれている。特に諜報機関KGBの暗躍や、政府高官や科学者の亡命事件等がよく題材となる。作成された国が西側諸国であるためと、ソビエト連邦の内部が不明であったために、ソビエト連邦の関係者は悪役として描かれることも多い。ソビエト連邦 フレッシュアイペディアより)

  • スパイ

    スパイから見た007シリーズ007シリーズ

    小説、映画の影響により派手な活動が連想されがちであるが、古典的表現である「外套と短剣」に表されるように、実際のスパイは実に地味な活動をしている事が多く、本来別の存在である(これは特殊部隊などにも言える事である)。忍者や007シリーズ等、大衆向けに膾炙したフィクションが先入観の原因と考えられる。このような破壊工作などは、実際には軍隊の特殊部隊によって行なわれていることが多い。たとえば、戦場において工作活動や味方とするべき非合法の組織作りを担当するのは、往々にして軍の特務機関である。太平洋戦争における陸軍中野学校出身のスパイ達の活動などが例としてあげられる。しかし、地味な活動だけではなく、時にはスパイも暗殺、破壊工作、拉致などの任務に就く事もあり、スパイによって引き起こされた事件が多くある。また、敵施設への潜入や盗撮、窃盗なども行うことがあり、暗号機や暗号書などがその標的になることが多い。スパイ フレッシュアイペディアより)

  • シベリア超特急

    シベリア超特急から見た007シリーズ007シリーズ

    「6」の製作が予定されていたことと、水野が宣伝担当だった007シリーズのパロディとして「00・7」となった。シベリア超特急 フレッシュアイペディアより)

  • 田中秀幸 (声優)

    田中秀幸 (声優)から見た007シリーズ007シリーズ

    007シリーズ(ジェームズ・ボンド)田中秀幸 (声優) フレッシュアイペディアより)

  • ルパン三世 ルパンVS複製人間

    ルパン三世 ルパンVS複製人間から見た007シリーズ007シリーズ

    本作は「初期の頃の大人向けのルパンが見たいという声にお応えします」という制作趣旨が明示されており、当時放送中だったTV第2シリーズの広い年齢層向け作風とは異なり、『ルパン三世 ・TV第1シリーズ』(以下、『TV第1シリーズ』)初期の作風に近づけるという意向が明言されていた。東宝宣伝部によると本作は『007シリーズ』のアニメ版という位置付けとし、ポスターと本編にヌードや性的表現を登場させるなど、ターゲットとする観客層は大人を想定していた。地方での同時上映作品はアガサ・クリスティ原作、ジョン・ギラーミン監督の『ナイル殺人事件』という大人向けの作品であり、こちらがメインであった。ところが、いざ公開が始まると事前の予想とは異なり、実際の観客層は『TV第2シリーズ』を視聴中の中高生が中心だった。そのため、10億円の配給収入を上げて次回作(ルパン三世 カリオストロの城)の製作が決定すると、ターゲットとする観客層を15?16歳中心と改められた。ルパン三世 ルパンVS複製人間 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金勇者ゴルドラン

    黄金勇者ゴルドランから見た007シリーズ007シリーズ

    ワルザック共和帝国の皇帝にして、ワルターやシリアスの父。息子のワルターやシリアスを利用してレジェンドラの財宝を探させていた張本人。冷酷で無慈悲な性格。彼を慕っていたワルターやシリアスに対してはただ自分に従い、また自分に何も求めない存在であればいいと考えている。だが、最終回でタクヤ達におちょくられた際にはワルターの父親らしいコミカルな姿を見せていた(特に自分の息子達の名乗りが一番驚いたらしく、それ以降は完全に自分を崩していた)。なお当初は顔を見せず、膝の上のネコを撫ぜているシーンのみだったが、これは映画『007シリーズ』のスペクターのパロディ。黄金勇者ゴルドラン フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤーフォックス (映画)

    ファイヤーフォックス (映画)から見た007シリーズ007シリーズ

    完成に約1年、制作費に約200万ドルを費やした本作だったが、公開後の評価は賛否両論だった。特に『ロサンゼルス・タイムズ』誌のシェイラ・ベンソンは「俳優クリント・イーストウッドの面目を潰した、見ていてイライラする作品」と酷評した。一方、『ヴィレッジ・ボイス』誌のアンドリュー・サリスは「楽しめる映画だが、それ以上でも以下でもない。保守派からすると、本作に登場するロシア人は小さな妖精のようなもので、腹立たしい感想を持つに違いない」と、イーストウッドに理解を示し、彼ら監督至上主義者は、本作を新しい「007シリーズ」と高評価した。ファイヤーフォックス (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年

    2006年から見た007シリーズ007シリーズ

    7月30日 - イギリスロンドン郊外の映画撮影所、「パインウッド・スタジオ」で火災。007シリーズの撮影セットなどが焼失。2006年 フレッシュアイペディアより)

31件中 21 - 30件表示

「007シリーズ」のニューストピックワード