前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
119件中 1 - 10件表示
  • クリストフ・ダウム

    クリストフ・ダウムから見た1.FCケルン1.FCケルン

    プロ経験は無し。ハムボルン07(Hamborn 07)のジュニアユースチームでサッカーを始める。1972年にはアイントラハト・デュースブルク(Eintracht Duisburg)、そして1975年から当時ドイツ3部に所属していた1\.FCケルン(1. FC Köln)のアマチュアチームでプレーをする。当時存在していたドイツ・アマチュア選手権(Deutsche Amateur Meisterschaft)に1981年優勝している。DFとしてプレーをしていた。クリストフ・ダウム フレッシュアイペディアより)

  • ウド・ラテック

    ウド・ラテックから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1986年にケルンに実家があった事もあり、ブンデスリーガの名門1\.FCケルンのスポーツディレクターに就任。ラテック同様に選手としては大成せず無名の存在であったクリストフ・ダウムを1986年9月に監督に招聘すると、この抜擢が当たりダウムと共にブンデスリーガ準優勝2回、UEFAカップ準決勝進出の結果を残した。またバイエルン・ミュンヘンとの激しい議論を交えた厳しい優勝争いは未だに語り草となっている。ウド・ラテック フレッシュアイペディアより)

  • ウィルフリード・サヌ

    ウィルフリード・サヌから見た1.FCケルン1.FCケルン

    その後スイス・スーパーリーグのFCシオンを経て、2003年6月にドイツ・ブンデスリーガに所属するSCフライブルクへ移籍。計5年間在籍した後、2008年7月に1\.FCケルンへ移籍した。元々はフォワードであったが、徐々に様々な中盤のポジションでプレーをするようになり、ドイツでは攻撃的ミッドフィールダー、サイドハーフなどが主戦場になる。フライブルク時代には当時の監督であったフォルカー・フィンケによってサイドバックにコンバートされた。ケルンでは主に中盤でプレーしたほか、サイドバックやフォワードでも起用された。ウィルフリード・サヌ フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・リトバルスキー

    ピエール・リトバルスキーから見た1.FCケルン1.FCケルン

    クラブでは選手生活の大半を1\.FCケルンで過ごした。後年には背番号10を付けキャプテンを務め、同クラブの象徴的な存在であった。Jリーグ初年度の1993年にジェフユナイテッド市原へ移籍し、ブランメル仙台と合わせて日本で4年間プレーした後に現役引退した。ピエール・リトバルスキー フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッドダイヤモンズ

    浦和レッドダイヤモンズから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2009年シーズン途中から特別指定選手としてトップチームに登録していた流通経済大学の宇賀神友弥が新卒選手として正式に加入し、2009年シーズンから水戸へ期限付き移籍していた高崎寛之が復帰した。また、広島から柏木陽介を完全移籍で、ドイツ・ブンテスリーガ1.FCニュルンベルクからマシュー・スピラノビッチを、ドイツ・ブンデスリーガ1\.FCケルン所属のウィルフリード・サヌを期限付き移籍で獲得した。浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • ボド・イルクナー

    ボド・イルクナーから見た1.FCケルン1.FCケルン

    軍人である父ギュンターの勧めでサッカーを始める。ボンにあるFCハルトベルクの下部組織で育ち頭角を現すと、1983年に1\.FCケルンに入団。1984年に西ドイツU-16代表としてU-16欧州選手権制覇に貢献しドイツ期待の若手GKとして注目を集める様になった。ボド・イルクナー フレッシュアイペディアより)

  • リリアン・ラスランド

    リリアン・ラスランドから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2001年8月、初の国外クラブとなるイングランドのサンダーランドAFCへ移籍。ナイアル・クインの後釜として期待されたが、イングランドのスタイルに適応できず、わずか半年でドイツの1\.FCケルンに放出された。しかしケルンでもノーインパクトに終わり、フランスに帰国。2002-03シーズンに所属したSCバスティアでは30試合8得点とまずまずの成績を上げ浮上のきっかけを掴むと、OGCニースへと移籍した。ニースでは1999-2000シーズン以来の二桁得点を挙げ、復活をアピール。2004年、古巣のボルドーへ復帰するも全盛期のフォームを取り戻すことができず、2007年1月にニースへ移籍。2008年夏に現役を引退した。引退後はハンドボールの選手となっている。リリアン・ラスランド フレッシュアイペディアより)

  • ヘネス・バイスバイラー

    ヘネス・バイスバイラーから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1970年代のドイツとヨーロッパを代表する名監督。日本では1\.FCケルン監督時代に奥寺康彦を発掘した事で知られる。ゼップ・ヘルベルガーの下でケルン体育大学の主任講師として長く指導者の育成に携わっていたが、1964年にボルシア・メンヒェングラートバッハの監督に就任。ギュンター・ネッツァー、ベルティ・フォクツ、ライナー・ボンホフら若く才能溢れる選手達を次々に見出し、一地方の無名クラブをドイツ随一の強豪クラブへと成長させた。そしてドイツ国内でバイエルン・ミュンヘンと激しい覇権争いを繰り返し、またヨーロッパを席巻した。特に有名な話として1971-72シーズンのUEFAチャンピオンズカップ準々決勝 インテル・ミラノ戦、カテナチオで知られる硬い守備が売り物の相手をホームで7-1と粉砕した試合が挙げられる(サポーターの投げ入れた空き缶が原因で試合が無効試合になった事も合わせて)。ヘネス・バイスバイラー フレッシュアイペディアより)

  • ゾラン・トシッチ

    ゾラン・トシッチから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2010年1月、ドイツの1\.FCケルンにレンタル移籍した。ケルンでは主力として起用され、13試合で5得点をあげた。ゾラン・トシッチ フレッシュアイペディアより)

  • ネマニャ・ヴチチェヴィッチ

    ネマニャ・ヴチチェヴィッチから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2003年に再びOFKベオグラードに戻り、2004年、ドイツ・ツヴァイテリーガ(2部)のTSV1860ミュンヘンへ移籍。2年半の活躍の後、同リーグの1\.FCケルンへ移籍。ブンデスリーガ(1部)への昇格に貢献した。ネマニャ・ヴチチェヴィッチ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
119件中 1 - 10件表示

「1FCケルン」のニューストピックワード