206件中 91 - 100件表示
  • イルハン・マンスズ

    イルハン・マンスズから見た1.FCケルン1.FCケルン

    ドイツ帰国後、アマチュアのサッカー選手となったイルハンは、SVレンツフリード、FCケンプテンを経て、FCアウクスブルクの在籍中にこのユースチームで優勝、1年後に19歳で1\.FCケルンのユースに移籍した。1995年、家族の勧めで母国トルコでプロを目指し、アンカラのサッカークラブ、ゲンチレルビルリイに入団した。しかし、ドイツ育ちであったイルハンはトルコ語が不得手であったためにチームになじめず、半年で2試合、計80分出場したのみで活躍機会を与えられることもなく、また椎間板ヘルニアを患うなど、失意の内にドイツに帰国した。それから数ヶ月間、サッカーとは無縁の日々を送るものの、再び情熱を取り戻すことになる。イルハン・マンスズ フレッシュアイペディアより)

  • アルパイ・オザラン

    アルパイ・オザランから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2005年7月30日にブンデスリーガ (ドイツ1部) の1\.FCケルンと2年の延長オプション付きで1年契約を締結する。12月のハンブルガーSV戦で相手のギー・デメルに対して肘打ちをして4試合の出場停止になったようにケルンでも浦和時代と同様に問題行動を起こしていた。更に2006年3月の1.FCニュルンベルク戦においては、低調なプレーに終始しており、コンビを組んでいたボリス・ジヴコヴィッチ (en) と共にペナルティーキックを与えて前半でローベルト・ヴィッテクのハットトリックを許す失態を犯して38分に交代させられると、試合終了を待たずに帰宅する問題児ぶりを見せた。そのため、ケルンでの最後の試合との見方をされ、また、チームも2部に降格したが、周囲の予想に反して延長オプションが行使され、2006-07シーズン以降も残留することとなった。レギュラーとしてプレーする中、ベシクタシュで師事したクリストフ・ダウム監督が2006-07シーズン途中に就任したことに伴い、主将に任命される等、充実したシーズンを送っていたが、2007年6月下旬の足首の負傷の影響から、翌2007-08シーズンは出場機会を得られずにいた。すると、メジャーリーグサッカーへの移籍を熱望すると共にダウム監督を批判しており、この行動でトップチームから外され、オーバーリーガ (4部) のセカンドチームでのプレーを余儀なくされる厳しい状況下に置かれたが、最終的に同2007-08シーズンの冬の移籍市場での退団をケルン側から許可された。だが、受け入れ先が見つかることはなかった。アルパイ・オザラン フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・ヴォロニン

    アンドレイ・ヴォロニンから見た1.FCケルン1.FCケルン

    FCチョルノモレツ・オデッサのユースに所属していたヴォロニンは、1995年にブンデスリーガ、ボルシア・メンヒェングラートバッハへと移籍し、1997年のバイエルン・ミュンヘン戦でデビューを果たす。しかし、そこでも出場のほとんどがユースチームであり、トップチームでの出場は5年間で一桁しかなく、1得点のみしか奪えなかった。その後、当時ドイツ2部リーグに所属していた1.FSVマインツ05へと活躍の場を移す。そこでストライカーとしての才能を発揮し、3年目で20ゴールを挙げ得点王に輝く。また、2002年1月にはウクライナ代表にも呼ばれ、3月のルーマニア代表との親善試合で代表デビューも果たした。VfBシュトゥットガルトやボローニャFCなどのクラブがヴォロニンの代理人に接触し、マインツも契約延長の交渉をした。しかし、マインツは同年ドイツ1部に昇格することができず、結局ヴォロニンは1\.FCケルンへと移籍する。そこで1年間プレーした後、バイエル・レヴァークーゼンへと移った。アンドレイ・ヴォロニン フレッシュアイペディアより)

  • ズヴェズダン・ミシモヴィッチ

    ズヴェズダン・ミシモヴィッチから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2008年5月、マルセリーニョの後継者として1.FCニュルンベルクからVfLヴォルフスブルクへ移籍。第1節の1\.FCケルン戦でデビューして同時に初得点も記録した。10月のアルミニア・ビーレフェルト戦では2得点した。2008-09シーズンはグラフィッチとエディン・ジェコを後ろから支え、7得点20アシストと抜群の成績を残した。しり上がりに調子を上げたチームはバイエルン・ミュンヘンなどを抑え、初の優勝を飾った。優勝を決めた最終節のヴェルダー・ブレーメン戦では先制点を決めた。ズヴェズダン・ミシモヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチ

    ミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチから見た1.FCケルン1.FCケルン

    ユース時代は母国のNKオリンピア・リュブリャナの下部組織に在籍し、2002年にASKフォイツベルクに移籍した。2005-06シーズンに在籍したブルガリアのリテックス・ロヴェチでは16得点で得点王のタイトルを獲得し、同シーズンにはUEFAカップでベスト32に入った。ドイツの1\.FCケルン、イスラエルのベイタル・エルサレムFC、ブルガリアチャンピオンのレフスキ・ソフィアが彼に興味を示し、2006年夏、2. ブンデスリーガ(2部)に降格したばかりのケルンに150万ユーロの移籍金で移籍した。ミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ミショ・ブレチュコ

    ミショ・ブレチュコから見た1.FCケルン1.FCケルン

    トルボヴリェに生まれ、のユースチームに所属した。高校在学中、スロベニア3部リーグに属していたNKインテルブロック・リュブリャナの試合に数試合出場し、その翌シーズンはプルヴァ・リーガ(1部)ので21試合に出場した。2004年7月1日、ドイツのハンブルガーSVに移籍し、2004-05シーズンは7試合に出場した。2005-06シーズンはハンザ・ロストックにレンタル移籍し、2006-07シーズンはFCエルツゲビルゲ・アウエにレンタル移籍した。2. ブンデスリーガ(2部)に属していたこの2クラブで経験を積み、2007-08シーズンはハンブルガーで14試合に出場した。2008年夏、フリートランスファーの3年契約で1\.FCケルンに移籍した。ミショ・ブレチュコ フレッシュアイペディアより)

  • ヤコブ・ポウルセン

    ヤコブ・ポウルセンから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2010年5月、2010 FIFAワールドカップ本大会に出場するデンマーク代表メンバー23人に選ばれた。本大会グループリーグ第2戦のカメルーン戦では試合終了間際に途中出場した。第3戦の日本戦では2点を先行された34分にMFマルティン・ヨルゲンセンと代わってピッチに入り、59分にはGK川島永嗣にセーブを強いるミドルシュートを放ったが、1-3で敗れて決勝トーナメント進出はならなかった。2010 FIFAワールドカップ後にはプレミアリーグのウィガン・アスレティックFCやブンデスリーガの1\.FCケルンが獲得に興味を示したが、2010年8月17日、FCミディランドに移籍した。ヤコブ・ポウルセン フレッシュアイペディアより)

  • デレク・ボアテング

    デレク・ボアテングから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1999年にギリシャのカラマタFCでプロキャリアをスタートさせ、2001年にパナシナイコスFCに移籍した。2003年8月、スウェーデンのAIKソルナに移籍し、2006年7月、イスラエルのベイタル・エルサレムFCに移籍した。2009年1月21日、ドイツの1\.FCケルンに移籍し、その夏にスペインのヘタフェCFに移籍した。デレク・ボアテング フレッシュアイペディアより)

  • クラウス・フィッシャー

    クラウス・フィッシャーから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1981年-1984年  1\.FCケルンクラウス・フィッシャー フレッシュアイペディアより)

  • ディーター・ミュラー

    ディーター・ミュラーから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1972年にキッカーズ・オッフェンバッハで選手キャリアを開始すると、1973年に1\.FCケルンへ移籍。ケルンではリーグ戦248試合に出場して159得点、公式戦通算では326試合に出場して231得点を記録し、1度のブンデスリーガ優勝 (1977?78) と、2度のDFBポカール優勝 (1976-77, 1977-78) に貢献。個人としては1975-76シーズンに34得点、1976-77シーズンに24得点をあげてリーグ得点王となった。また、1977年8月17日のヴェルダー・ブレーメン戦(7-2でケルンの勝利)においてダブルハットトリック(12分、23分、32分、52分、73分、85分)を達成した記録を持つが、2014年の時点においてブンデスリーガ1試合最多得点記録となっている。ディーター・ミュラー フレッシュアイペディアより)

206件中 91 - 100件表示

「1FCケルン」のニューストピックワード