119件中 21 - 30件表示
  • 1.FCマクデブルク

    1.FCマクデブルクから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1991年にドイツ再統一後は3部リーグへの参入となった。これ以降はトップリーグでの活躍の場を失ったが、2000-01シーズンのDFBポカールでは1\.FCケルン、バイエルン・ミュンヘン、カールスルーエといった強豪を下しベスト8進出と旋風を起こした。しかし2002年には財政的な問題から4部リーグへの降格を余儀なくされた。1.FCマクデブルク フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・ヨニツァ

    アレクサンドル・ヨニツァから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1999年にViscofil Bucureştiのユースへ入団。2006年、ラピド・ブカレストのセカンドチーム、ラピド?にスカウトされ移籍。2009年よりラピドのトップチームに昇格し、ゴールを量産。2010年2月、ドイツの名門1\.FCケルンと契約し、2010-11シーズンからの加入が決定した。アレクサンドル・ヨニツァ フレッシュアイペディアより)

  • カルステン・ヤンカー

    カルステン・ヤンカーから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1993年、ブンデスリーガ・1\.FCケルンでキャリアをスタート。1995年、オーストリアのラピード・ウィーンへ移籍したが、1996年にバイエルン・ミュンヘンへ移籍して以降、ドイツを代表するストライカーとして成長し、1998年10月14日のモルドバ戦で代表デビューを飾る。2002年の日韓W杯ではミロスラフ・クローゼの活躍や自身の体調不良もありグループリーグのみの出場となったがドイツの準優勝に貢献した。カルステン・ヤンカー フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・エッスヴァイン

    アレクサンダー・エッスヴァインから見た1.FCケルン1.FCケルン

    プロデビューは2007年12月17日、ツヴァイテリーガでの対1\.FCケルン戦。63分に途中出場した。2008年6月、VfLヴォルフスブルクに移籍。アレクサンダー・エッスヴァイン フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・アロフス

    トーマス・アロフスから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1978年に実兄のクラウス・アロフスが所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフで選手キャリアをスタート。在籍期間中に2度のDFBポカール制覇、1980年のUEFAカップ準優勝に貢献した。その後、1.FCカイザースラウテルンを経て1986年に1\.FCケルンへ移籍し、再び兄弟でプレーする事になった。晩年は再びフォルトゥナ・デュッセルドルフへ戻り1992年に現役を引退した。トーマス・アロフス フレッシュアイペディアより)

  • クラウス・フィッシャー

    クラウス・フィッシャーから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1981年-1984年  1\.FCケルンクラウス・フィッシャー フレッシュアイペディアより)

  • ユップ・カペルマン

    ユップ・カペルマンから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1968年にアレマニア・アーヘンの一員となり、8月の1.FCニュルンベルク戦でデビュー。そのシーズンは、クラブ史上最上位となるブンデスリーガ2位を獲得した。1970年、1\.FCケルンに移籍。カペルマンが移籍したシーズン、アレマニア・アーヘンは降格した。1973年までプレーし、1971年、1973年と2度のDFBポカール準優勝に貢献。また、U-23西ドイツ代表でも6試合に出場した。その後、ブンデスリーガ史上最高額の802,000ドイツマルクでバイエルン・ミュンヘンに引き抜かれた。ユップ・カペルマン フレッシュアイペディアより)

  • ハインツ・フローエ

    ハインツ・フローエから見た1.FCケルン1.FCケルン

    選手時代の大半を1\.FCケルンでプレーし、1966年から1979年までの間に1度のブンデスリーガ制覇(1978年)と、3度のDFBポカール優勝(1968、1977と、1978)に貢献するなど、リーグ通算343試合に出場した。ハインツ・フローエ フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・ヘルメス

    パトリック・ヘルメスから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2003年8月、3部リーグのSFジーゲンでプロデビューを果たし、17試合1得点の成績を残す。翌2004-2005シーズン、34試合に出場し21得点を挙げ、得点王となった。この活躍で注目され、1部のケルンへ移籍。3部から1部への出世を果たした。2005-06シーズンは自身初の1部リーグでのプレーとなり、13試合に出場し4得点を記録。しかしクラブは17位で2部に降格となった。パトリック・ヘルメス フレッシュアイペディアより)

  • SCフォルトゥナ・ケルン

    SCフォルトゥナ・ケルンから見た1.FCケルン1.FCケルン

    クラブは、ヴィクトリア・ケルン1911、、の3つのクラブが合併して1948年に創設された。クラブの歴史を通じて、その多くは2部リーグでのプレーが続いた。1983年のDFBポカールで準優勝した事が挙げられる。1回戦でアイントラハト・ブラウンシュヴァイク、2回戦でボルシア・メンヒェングラットバッハ、準決勝ではボルシア・ドルトムントを5-0で下しての決勝進出となった。決勝の相手は同じ都市を本拠地とするライバルの1\.FCケルンとなったが0-1で敗れ、クラブの快進撃は終わった。SCフォルトゥナ・ケルン フレッシュアイペディアより)

119件中 21 - 30件表示

「1FCケルン」のニューストピックワード