206件中 31 - 40件表示
  • 鄭大世

    鄭大世から見た1.FCケルン1.FCケルン

    2012年1月、ブンデスリーガ1部・1\.FCケルンへの移籍が発表された。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • ティモ・ホルン

    ティモ・ホルンから見た1.FCケルン1.FCケルン

    ティモ・ホルン(Timo Horn、1993年5月12日 - )は、ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州ケルン出身のサッカー選手。1\.FCケルン所属。ポジションはGK。ティモ・ホルン フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1953年、後にドイツ代表となるウーヴェ・ゼーラーが入団。1955-56シーズンのDFBポカールでは決勝戦でカールスルーエSCに敗れ準優勝に終わったが、1959?60シーズンのドイツ選手権では決勝で1\.FCケルンを3-2と下し32年ぶり3度目のタイトルを獲得。ゼーラーは1960年から選定の始まった年間最優秀選手賞の最初の受賞者となった。1962?63シーズンのDFBポカールでは決勝戦でボルシア・ドルトムントを3-0と下して初優勝を果たすと、国際舞台においてもUEFAカップウィナーズカップ 1967-68ではフランスのオリンピック・リヨンやウェールズのカーディフ・シティFCなどを下して決勝進出、決勝戦ではイタリアのACミランに敗れたものの準優勝の結果を残した。ゼーラーは1964年と1970年にも年間最優秀選手賞を受賞し人気選手となったが、一方で国内リーグでは1963年に発足したブンデスリーガの創設メンバーとなったものの、ゼーラーの現役時代にはリーグタイトルを獲得することは出来なかった。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • 槙野智章

    槙野智章から見た1.FCケルン1.FCケルン

    2010年12月、ドイツへ渡り、ボルシア・ドルトムントとホッフェンハイムの練習に参加。独誌キッカーからは「1対1の弱さがあり、右サイドバック向き。獲得は現実的ではない」と評され、契約には至らず、日本へ帰国。しかし、2010年12月30日、当時ケルンのスポーツディレクターを務めていたフォルカー・フィンケの誘いでドイツ・ブンデスリーガの1\.FCケルンへ完全移籍加入することで合意したと発表された。契約期間は2013年6月30日まで。代理人は長谷部誠、香川真司らと同じトーマス・クロート。槙野智章 フレッシュアイペディアより)

  • ネマニャ・ヴチチェヴィッチ

    ネマニャ・ヴチチェヴィッチから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2003年に再びOFKベオグラードに戻り、2004年、ドイツ・ツヴァイテリーガ(2部)のTSV1860ミュンヘンへ移籍。2006-07シーズンにはベルカント・ギョクタンに次ぐチーム2位の9得点を挙げ、ブンデスリーガ(1部)のVfBシュトゥットガルトを始めとする複数のクラブからオファーを受けたが、ヴチチェヴィッチと彼の代理人は、好調を維持し更に得点を重ねればドイツ国内のトップクラブへも移籍できると考え、これらのオファーを拒否。しかしその直後に負傷し、結局2部の1\.FCケルンへ移籍することになった。ケルンではクリストフ・ダウム監督の下、1部への昇格に貢献。2008-09シーズン第27節ボルシア・ドルトムント戦でファブリス・エレのアシストからブンデスリーガでの初得点を挙げた。ネマニャ・ヴチチェヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • 大迫勇也

    大迫勇也から見た1.FCケルン1.FCケルン

    大迫 勇也(おおさこ ゆうや、1990年5月18日 - )は、鹿児島県加世田市万世(現南さつま市)出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・1\.FCケルン所属。日本代表。ポジションはフォワード。全国高等学校サッカー選手権大会における最多得点記録保持者。大迫勇也 フレッシュアイペディアより)

  • 1FCケルン

    1FCケルンから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1FCケルン フレッシュアイペディアより)

  • ヘンネス君

    ヘンネス君から見た1.FCケルン1.FCケルン

    ヘンネス君 フレッシュアイペディアより)

  • ホルスト・ヘルト

    ホルスト・ヘルトから見た1.FCケルン1.FCケルン

    地元クラブのSVコニグスウィンターやFVバッドホネフ、1\.FCケルンなどのユースで育つ。1990年から1995年までケルンのトップチームでプレーした後、TSV1860ミュンヘンへ移籍。その後、1999年にアイントラハト・フランクフルトへと移った。2001年からはオーストリアのクラブであるSKシュトゥルム・グラーツでプレー。2003年1月に再びドイツでと戻り、2006年にVfBシュトゥットガルトで引退。ブンデスリーガでは359試合に出場し、ドイツ代表としても2度ピッチに立った経験を持つ。ホルスト・ヘルト フレッシュアイペディアより)

  • 横谷政樹

    横谷政樹から見た1.FCケルン1.FCケルン

    日本代表初出場:1973年6月26日 対1FCケルン(西ドイツ)戦(国立競技場)横谷政樹 フレッシュアイペディアより)

206件中 31 - 40件表示

「1FCケルン」のニューストピックワード