206件中 51 - 60件表示
  • パトリック・ヘルメス

    パトリック・ヘルメスから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2003年8月、3部リーグのSFジーゲンでプロデビューを果たし、17試合1得点の成績を残す。翌2004-2005シーズン、34試合に出場し21得点を挙げ、得点王となった。この活躍で注目され、1部の1\.FCケルンへ移籍。3部から1部への出世を果たした。2005-06シーズンは自身初の1部リーグでのプレーとなり、13試合に出場し4得点を記録。しかしクラブは17位で2部に降格となった。パトリック・ヘルメス フレッシュアイペディアより)

  • フロリアン・クリンゲ

    フロリアン・クリンゲから見た1.FCケルン1.FCケルン

    子供の頃は、地元のクラブSFジーゲンに所属。1994年から2002年までボルシア・ドルトムントの各ユースチームでプレーした。その後、2年間1\.FCケルンへとレンタル移籍した。2003年には、U-21ドイツ代表として4試合に出場した。フロリアン・クリンゲ フレッシュアイペディアより)

  • ハノ・バーリッチュ

    ハノ・バーリッチュから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1999-2000シーズンにSVヴァルトホーフ・マンハイムに加入。翌年には1\.FCケルンに移籍。ケルンでのパフォーマンスが評価され翌年には200万ユーロでバイヤー・レバークーゼンに移籍。レバークーゼンでは満足な出場機会を得ることが出来ず、2004-2005シーズンに1.FSVマインツ05に移籍。ハノ・バーリッチュ フレッシュアイペディアより)

  • ミロ・ヴァルヴォディッチ

    ミロ・ヴァルヴォディッチから見た1.FCケルン1.FCケルン

    スプリトに生まれ、地元のハイドゥク・スプリトの下部組織に在籍した。2006年にトップチームに昇格しプロとなった。2007年にNKモソルにレンタル移籍した後、2008年から1\.FCケルンへ2シーズンのレンタル移籍、出場機会には恵まれなかったもののその後ケルンに完全移籍した。2010年10月15日にブンデスリーガ初出場。正ゴールキーパーであったファリド・モンドラゴンが監督と確執を起こす中でポジションを奪った形となった。2012年6月23日にカラバフFKに2年契約で移籍。2014年1月にはジェールETO FCの練習に参加し契約に至るかと思われたが、2月にSpVggグロイター・フュルトに移籍し1シーズンを過ごした。ミロ・ヴァルヴォディッチ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・デームス

    フィリップ・デームスから見た1.FCケルン1.FCケルン

    ベルギー・ジュピラーリーグで活躍し、2005年1月にボルシアMGに移籍。2007年10月、ダービーである1\.FCケルン戦でブンデスリーガ初得点を挙げた。PK職人であり、2012年11月現在まで10数本のPKを蹴り100%の成功率を誇っている。フィリップ・デームス フレッシュアイペディアより)

  • アラン・パーデュー

    アラン・パーデューから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1991年11月、セカンドディビジョンのチャールトン・アスレティックFCに移籍した。1992-93シーズンには10得点を挙げてチーム内得点王に輝いた。1995年にはプレミアリーグ(1部相当)のトッテナム・ホットスパーFCに短期間だけレンタル移籍した。リーグ戦には出場していないが、公式戦4試合に出場し、UEFAインタートトカップの1\.FCケルン戦(8-0)ではクラブ史に残る大勝を経験した。この時期には香港のクラブからのオファーを拒否した。1995年のバーネットFC移籍後は、テリー・バリーバント監督の下で選手兼任コーチとしてプレーした。アラン・パーデュー フレッシュアイペディアより)

  • オニェカチ・オコンクウォ

    オニェカチ・オコンクウォから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2007年6月26日、1\.FCケルンへの移籍が発表されたが、7月2日にFCチューリッヒと4年契約を結び移籍した。オニェカチ・オコンクウォ フレッシュアイペディアより)

  • スルジャン・ラキッチ

    スルジャン・ラキッチから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2010年8月21日、リーグ開幕戦の1\.FCケルン戦 (3-1) で2得点を挙げ、その1週間後のバイエルン・ミュンヘン戦 (2-0) でも得点した。5-0で大勝した11月27日のシャルケ04戦、12月18日のヴェルダー・ブレーメン戦 (2-1) でも2得点を挙げ、前半戦終了までに11得点を挙げて得点ランキング上位に位置した。同シーズンはDFBポカールでもリーグ戦の好調を維持し、敗退した準々決勝までに7試合に出場して4得点を決めている。2010年8月13日の1回戦・VfLオスナブリュック戦ではロスタイムに同点弾を決めて試合を延長に持ち込み、延長ではエルヴィン・ホッファーの2得点をアシストして勝ち抜けに貢献した。10月26日の2回戦・アルミニア・ビーレフェルト戦 (3-0) では3得点すべてをひとりで挙げる活躍を見せ、2011年1月19日のベスト16・TuSコブレンツ戦 (4-1) では再びハットトリックを達成した。スルジャン・ラキッチ フレッシュアイペディアより)

  • 火曜スペシャル

    火曜スペシャルから見た1FCケルン1.FCケルン

    国際交流サッカー (日本代表VS1FCケルン火曜スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • ドリネル・ムンテアヌ

    ドリネル・ムンテアヌから見た1.FCケルン1.FCケルン

    ムンテアヌは1986年に2部リーグのメタルル・ボチシャで選手経歴を開始した。その後、幾つかのルーマニア国内のクラブを渡り歩き1991年に強豪のディナモ・ブカレストへ移籍。1993年以降は国外へ活躍の場を求め、ベルギーのサークル・ブルッヘ、1995年にドイツの1\.FCケルン、1999年から2003年までは同じドイツのVfLヴォルフスブルクでプレーをした。ドリネル・ムンテアヌ フレッシュアイペディアより)

206件中 51 - 60件表示

「1FCケルン」のニューストピックワード