119件中 51 - 60件表示
  • ジェロニモ・マリア・バレット・クラウデミール・ダ・シウバ

    ジェロニモ・マリア・バレット・クラウデミール・ダ・シウバから見た1.FCケルン1.FCケルン

    ドイツで所属した最初のクラブは9部相当のリーグに所属するSVテュルク・ギュジュ・ミュンヘンで、その後1.FCニュルンベルクのリザーブチームに移った。リザーブチームでの活躍が認められ、2001年11月18日のハンザ・ロストック戦でトップチームデビューすると、12月8日のバイヤー・レバークーゼン戦で初得点した。2001-02シーズンは17試合出場6得点で終えたが、2002-03シーズンは27試合に出場して2得点にとどまり、クラブはツヴァイテリーガ(2部)降格となった。2003年1月にVfBシュトゥットガルトへの移籍が内定し、同年夏に移籍した。2003-04シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ4試合に出場した。2004-05シーズンはリーグ戦で12得点し、チーム2位の得点数を記録した。UEFAカップでは1回戦のウーイペシュトFC(ハンガリー)戦で2試合連続2得点を記録し、グループリーグ初戦のKSベベレン(ベルギー)戦でも2得点するなど、8試合すべてにフル出場して7得点を挙げた。2005-06シーズンは不本意なシーズンとなり、リーグ戦では4得点に終わったが、2006-07シーズンは鍵となる選手のひとりとなり、チーム2位の13得点を挙げてリーグ優勝に貢献した。特にバイエルン・ミュンヘン戦(2-0)での2得点、VfLボーフム戦(3-2)での決勝点など、シーズン終盤に重要な得点を挙げて大活躍した。このシーズンのDFBポカールでは6試合で5得点し、ボーフム(4-1)、ヘルタ・ベルリン(2-0)、VfLヴォルフスブルク(1-0)などを破って決勝に進出した。決勝の古巣1.FCニュルンベルク戦では20分に先制点を挙げたが、得点の11分後にレッドカードを受けて退場処分となり、延長戦の末に2-3で敗れて準優勝に終わった。カカウはアウェーでのニュルンベルクとのリーグ戦でも得点しているが、リーグ戦ではホーム&アウェーで2連敗しており、同クラブにはシーズン3回目の敗戦となった。2007-08シーズンはUEFAチャンピオンズリーグで5試合に出場し、11月27日のレンジャーズFC(スコットランド)戦(ホーム、3-2)で同点弾を決めた。リーグ戦では27試合に出場して9得点を挙げ、チームは6位でシーズンを終えた。2008-09シーズンは24得点を決めたFWマリオ・ゴメスのパートナーとしてチーム2位の7得点を決めた。特に、マルクス・バッベル監督就任後の活躍が著しかった。2009-10シーズン前半戦はクラブの低迷に合わせて2得点と沈黙したが、23節の1\.FCケルン戦(5-1)で1試合4得点と爆発すると、その試合から最終節までの12試合で11得点し、順位を7位まで上げてUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得した。2010年5月1日、クラブとの契約を2013年夏まで延長した。2011-12シーズンは序盤から好調を続け、2011年8月6日のシャルケ04戦(3-0)ではヘディングシュートを決めて快勝に貢献した。ジェロニモ・マリア・バレット・クラウデミール・ダ・シウバ フレッシュアイペディアより)

  • コビ・ジョーンズ

    コビ・ジョーンズから見た1.FCケルン1.FCケルン

    米国で開催された1994 FIFAワールドカップでプレーした後に、プレミアリーグのコヴェントリー・シティFCと契約を結び、そこで1シーズン過ごした。ジョーンズは、コパ・アメリカ1995で見事なパフォーマンスを見せた後に、ブンデスリーガの1\.FCケルンでトレーニングを受け、ブラジル全国選手権のCRヴァスコ・ダ・ガマへ参加した。ブラジルで数ヶ月過ごした後、新たに創設されたメジャーリーグサッカーに参加するロサンゼルス・ギャラクシーと契約を結んだ。コビ・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・クラフト

    トーマス・クラフトから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2010-11シーズンにルイス・ファン・ハール監督に認められ、2010年8月7日のDFLスーパーカップ・シャルケ04戦でトップチームデビューを果たし、好セーブを連発。優勝に貢献した。11月23日のチャンピオンズリーグ、ASローマ戦で欧州デビューを果たした。2011年1月15日のVfLヴォルフスブルク戦では待望のブンデスリーガデビューを果たした。その後はレンジンクが1\.FCケルンに移籍したこともあってベテランのブットとポジションを分け合った。トーマス・クラフト フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ヘーガー

    マルコ・ヘーガーから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2011年、名門シャルケ04に移籍。当初からプレシーズンで好アピールし、開幕戦のVfBシュトゥットガルト戦からミッドフィールダー登録ながらも、ライバルとされる内田篤人のコンディション調整失敗もあり、右サイドバックのレギュラーの大抜擢を受け、第2節1\.FCケルン戦では2アシストの活躍でドイツ誌キッカーが選ぶ第2節ベストイレブンに選出された。マルコ・ヘーガー フレッシュアイペディアより)

  • ウーベ・バイン

    ウーベ・バインから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1978年、下部リーグのキッカーズ・オッフェンバッハでプロデビューを飾り選手としてのキャリアをスタートさせるとドイツ・ブンデスリーガの1\.FCケルン、ハンブルガーSV、アイントラハト・フランクフルト等の強豪クラブを渡り歩いた。ウーベ・バイン フレッシュアイペディアより)

  • コダダド・アジジ

    コダダド・アジジから見た1.FCケルン1.FCケルン

    クラブ・レベルでは1997年にドイツの1\.FCケルンへ移籍し、アリ・ダエイ、カリム・バゲリと共にブンデスリーガ初のイラン人選手の一人となった。ケルンで3シーズン過ごした後、米国MLSのサンノゼ・アースクエイクスに移籍。その後もオーストリア・ブンデスリーガのアドミラ・ヴァッカーなど複数のクラブを渡り歩いた。2005-06シーズンを最後に現役を引退した。コダダド・アジジ フレッシュアイペディアより)

  • アラン・パーデュー

    アラン・パーデューから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1991年11月、セカンドディビジョンのチャールトン・アスレティックFCに移籍した。1992-93シーズンには10得点を挙げてチーム内得点王に輝いた。1995年にはプレミアリーグ(1部相当)のトッテナム・ホットスパーFCに短期間だけレンタル移籍した。リーグ戦には出場していないが、公式戦4試合に出場し、UEFAインタートトカップの1\.FCケルン戦(8-0)ではクラブ史に残る大勝を経験した。この時期には香港のクラブからのオファーを拒否した。1995年のバーネットFC移籍後は、テリー・バリーバント監督の下で選手兼任コーチとしてプレーした。アラン・パーデュー フレッシュアイペディアより)

  • ミッチェル・ヴァイザー

    ミッチェル・ヴァイザーから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1\.FCケルンのユースチームを経て、2010年にトップチームに昇格した。2012年2月25日、バイエル・レバークーゼン戦でプロデビューを果たした。2012年6月1日、バイエルン・ミュンヘンに3年契約で移籍した。ミッチェル・ヴァイザー フレッシュアイペディアより)

  • 槙野智章

    槙野智章から見た1.FCケルン1.FCケルン

    2010年12月30日、ドイツ・ブンデスリーガの1\.FCケルンへ完全移籍加入することで合意したと発表された。契約期間は2013年6月30日まで。代理人は長谷部誠、香川真司らと同じトーマス・クロート。2011年1月29日、FCザンクトパウリ戦でブンデスリーガデビュー。チームは敗れたがフル出場した。しかし、その後は中々出場機会に恵まれず、移籍1年目は出場5試合に留まった。続く2011-12シーズンも前半戦でわずか3試合の出場のみとなった。槙野智章 フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュア・ケネディ

    ジョシュア・ケネディから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1999年に母国オーストラリアのカールストンSCへ加入。2000年にドイツ・ブンデスリーガのVfLヴォルフスブルクとプロ契約を結ぶ。出場機会は2年間で8試合に留まり、2002年にレギオナルリーガ(ブンデスリーガの4部に相当)のシュトゥットガルター・キッカーズへ移籍。翌2003年にブンデスリーガの1\.FCケルンに移籍するも、アマチュアチームでレギオナルリーガの試合に出場に留まった。ジョシュア・ケネディ フレッシュアイペディアより)

119件中 51 - 60件表示

「1FCケルン」のニューストピックワード