119件中 61 - 70件表示
  • 若林源三

    若林源三から見た1.FCケルン1.FCケルン

    ドイツサッカー協会が帰化を勧めるほどの実力を持っていたが、プロ契約時に自身が提示した条件通り日本人としてプレイを続けていた。怪我で欠場したデューター・ミューラーの代理で、特別にドイツ代表として出場したオランダ戦でブライアン・クライフォートに右手、ブンデスリーガの1\.FCケルン戦でステファン・レヴィンに左手を破壊され、治療に専念していた。しかし若島津の離脱や主力選手の追放等の事情を受けて帰国、ワールドユースアジア一次予選のタイ戦では途中から出場し、キャッチができない状態ながらもテーピングした拳のパンチングのみでゴールを守り抜いた。しかし、アジア二次予選の中国戦で肖俊光の「反動蹴速迅砲」を防いだものの、再び右手を負傷し離脱する。本戦決勝トーナメントのスウェーデン戦から復帰、スウェーデンとオランダを完封し、ワールドユース優勝に貢献した。なお、決勝戦で再び両手を負傷し、そのためブンデスリーガの1シーズンを棒に振ってしまい、チームの低迷を招いた。また、公式試合にて2度もペナルティエリア外からゴールを許してしまうものの、負傷していたことを考慮してか、それ以降の作品では「絶好調の若林からペナルティエリア外からのゴールを奪えた者はいなかった」という事になった。若林源三 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・エドゥアルド

    カルロス・エドゥアルドから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2008年5月のケルン戦で、ロダー・アンタルに報復行為を行い、3試合の出場停止処分。2009年1月のハンブルガーSVとの親善試合でも乱闘騒ぎを起こし、3試合の出場停止処分。2009年4月11日のボーフム戦で、フィリップ・ベーニッヒに肘打ちを食らわせ、退場となり、5試合の出場停止処分、とマネージャーのヤン・シンデルマイサーが怒りのコメントを残すほど、精神面に大きく課題を残す。カルロス・エドゥアルド フレッシュアイペディアより)

  • 早稲田一男

    早稲田一男から見た1.FCケルン1.FCケルン

    卒業後の1978年に日本サッカーリーグの名門古河電気工業サッカー部へ入部。古河は前年に奥寺康彦がドイツの1\.FCケルンへ移籍して以来低迷が続き、この年は開幕から8連敗を喫しリーグ最下位となる等、最悪のシーズンであったが、若返りを進める部の方針もあって初年度から出場機会を掴む事が出来た。その後、右膝靱帯の負傷に見舞われながらもポジションをFWから攻撃的MF、守備的MFと変え、7年間に渡って同サッカー部の中盤を支えた。早稲田一男 フレッシュアイペディアより)

  • 湘南工科大学附属高等学校

    湘南工科大学附属高等学校から見た1.FCケルン1.FCケルン

    奥寺康彦 - 元古河電気工業サッカー部(現ジェフユナイテッド市原・千葉)、ドイツブンデスリーガ・1\.FCケルン、ヘルタ・ベルリン、ヴェルダー・ブレーメン、サッカー日本代表選手、現横浜FC会長湘南工科大学附属高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • マニシェ

    マニシェから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2009年7月、ドイツ・ブンデスリーガの1\.FCケルンと2年契約を結んだ。2010年5月、1.FCケルンとの契約を解除してスポルティング・リスボンに移籍した。2011年夏にスポルティングを退団した後は所属クラブがなかったが、2012年5月に現役引退を表明した。マニシェ フレッシュアイペディアより)

  • ライナー・ボンホフ

    ライナー・ボンホフから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1980-1983 1\.FCケルン 74試合14得点ライナー・ボンホフ フレッシュアイペディアより)

  • 孫興民

    孫興民から見た1.FCケルン1.FCケルン

    10月30日の1\.FCケルン戦にて初出場、初スタメン、初ゴールを記録した。ブンデスリーガ公式サイトにて前半戦最も良いデビューを果たした選手に選出され、孫興民 フレッシュアイペディアより)

  • クラウス・アロフス

    クラウス・アロフスから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1975年にフォルトゥナ・デュッセルドルフで選手キャリアをスタート。1981年には1\.FCケルンへ移籍、フランスのマルセイユやボルドーを経て、1990年にブレーメンへ移籍し1992年に現役を引退した。クラウス・アロフス フレッシュアイペディアより)

  • マリアノ・トリポジ

    マリアノ・トリポジから見た1.FCケルン1.FCケルン

    ボカ・ジュニアーズのユース出身で、ボカ育成年代のゴール数最高記録を打ち立てた。ニックネームとなっている「ライオン」はこの頃に監督からつけられた。プロ契約後ドイツへ渡り、2006年に1\.FCケルンでデビューを飾る。しかしトップチーム(当時ケルンはブンデスリーガ2部)での出場は1試合のみで、主に3部リーグに所属するセカンドチームでのプレーに終わった。トップチームでの唯一の出場となった2006年12月4日のMSVデュイスブルク戦では、後半ロスタイムにヘディングで得点を記録している。このシーズン限りでケルンを退団。アルゼンチンへ帰国し、2部リーグに所属するCAサン・マルティンへ入団した。マリアノ・トリポジ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見た1.FCケルン1.FCケルン

    サッカーの腕前は趣味の粋を超えプロフェッショナル級であり、38歳の頃に自宅付近のスイス3部のチームに所属していたこともある。また、FIFA公認のチャリティーマッチ「ジダンフレンズ vs ロナウドフレンズ」において、ジダンフレンズの一員としてピッチに立ったこともある。ブンデスリーガの1\.FCケルンのファンでも知られ、尊敬する人物としてケルンのスター選手であるハラルト・シューマッハーと答えたことがある。(ミハエル自身はハラルトの愛称である“トニ”を用いて尊敬する人物はトニ・シューマッハと答えた)ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

119件中 61 - 70件表示

「1FCケルン」のニューストピックワード