119件中 71 - 80件表示
  • ユルゲン・コーラー

    ユルゲン・コーラーから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1977年、地元のクラブチームであるTBヤーン・ランプシャイムでキャリアをスタート。SVヴァルトホーフ・マンハイム在籍中の1986年9月26日のデンマークで当時の西ドイツ代表としてデビューを飾る。翌年には当時ドイツ・ブンデスリーガのトップチームであった1\.FCケルンへ移籍。クリストフ・ダウム監督の下、国際レベルのディフェンダーに成長。さらに1989年にはバイエルン・ミュンヘンに移籍し、着実にドイツを代表するプレーヤーへと成長を遂げた。ユルゲン・コーラー フレッシュアイペディアより)

  • ファリド・モンドラゴン

    ファリド・モンドラゴンから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2007年5月にクリストフ・ダウム監督率いる1\.FCケルンへ移籍。プレシーズンで守護神とのスタメン争いに勝ち背番号1を獲得したことで、ヴェッセルスはシーズン開幕前にイングランドのエヴァートンFCへ移籍していった。ヴェッセルス退団後は常に正GKとしてプレーしていたものの、2010-11シーズンに代表に関してズヴォニミル・ソルド監督と確執が生まれたことで、クロアチア人若手GKに取って代わられベンチを温める日々が続いた。ファリド・モンドラゴン フレッシュアイペディアより)

  • ケヴィン・ペッツォーニ

    ケヴィン・ペッツォーニから見た1.FCケルン1.FCケルン

    SVダルムシュタット98、アイントラハト・フランクフルト、ブラックバーン・ローヴァーズFCのユースを経て、2008年1月にドイツ・ブンデスリーガの1\.FCケルンに入団。ケヴィン・ペッツォーニ フレッシュアイペディアより)

  • 風間宏希

    風間宏希から見た1.FCケルン1.FCケルン

    清水商業高校卒業後は海外でのプレーを希望。高校3年時には高木俊幸と共にスペインのRCDエスパニョールや、単独でドイツの1\.FCケルンの練習に参加していた。卒業後の6月、オランダやベルギーの1部、2部のクラブからオファーが届いたが、7月にポルトガルの3部リーグにあたるセグンダ・ジヴィゾンのロウレターノに加入が決まった。風間宏希 フレッシュアイペディアより)

  • ジョアン・ガンペール杯

    ジョアン・ガンペール杯から見た1.FCケルン1.FCケルン

    1966年の第1回大会にはベルギーのRSCアンデルレヒト、フランスのFCナント、ドイツの1\.FCケルンが招かれ、FCバルセロナが決勝で1.FCケルンを3-1で破って優勝した。1.FCケルンは1978年大会と1981年大会で優勝しており、主催するFCバルセロナ以外で複数回優勝している唯一のクラブである。1967年の第2回大会にはスペインのアトレティコ・マドリード、ドイツのバイエルン・ミュンヘン、アルゼンチンのボカ・ジュニアーズが招かれ、バイエルンとボカはその後もたびたび出場している。バイエルンは1984年大会と1987年大会と2006年大会で準優勝しており、南米のクラブとして初出場したボカは1977年大会と1984年大会と2003年大会と2008年大会にも出場している。その後の大会ではイタリアやドイツのクラブが多く招待されている。アトレティコ・マドリード以外のスペインのクラブでは、アスレティック・ビルバオとCDテネリフェとバレンシアCFが招待されたことがあり、CDテネリフェは1993年大会で、バレンシアCFは1994年大会で優勝している。ジョアン・ガンペール杯 フレッシュアイペディアより)

  • アイントラハト・フランクフルト

    アイントラハト・フランクフルトから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1963年に創設されたブンデスリーガの初年度のメンバーでありブンデスリーガやUEFAカップでの優勝経験もある古豪チーム。政治家のダニエル・コーン=ベンディット、ヨシュカ・フィッシャーらが著名なファンとして知られる。ドイツ代表が1954年、1974年、1990年のFIFAワールドカップで世界王者となった際最低1人はフランクフルトの選手を送り込んでいる。これを達成しているチームはフランクフルトの他にはバイエルン・ミュンヘンと1\.FCケルンだけである。1958-1959シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(当時はUEFAチャンピオンズカップ)で準優勝(決勝ではレアル・マドリードと伝説的な名勝負を繰り広げるも3-7で敗戦)している。1991-1992シーズンのブンデスリーガでは前半戦を首位で折り返しヘルプストマイスター(ドイツ語で「秋の王者」)となり後半戦も好調をキープ、最終節を首位で迎えた。しかし1部残留がかかったハンザ・ロストックに1-2で敗れ最後の最後でバイエル・レバークーゼンを1-0で下したVfBシュトゥットガルトに優勝をさらわれることになった。この試合はクラブ歴史上もっとも悲劇的な試合と言われている。1993-1994、1994-1995シーズンではブンデスリーガで2度得点王に輝いたガーナ代表のアンソニー・イエボアを擁し2年続けてUEFA杯ベスト8を達成。しかし1995-1996シーズンではリーグ戦で不振を極め17位に終わりブンデスリーガ創設メンバーとして33年間守り続けていた1部所属の座を初めて失うことになった。近年は1部と2部を行き来するシーズンが続いていると同時に財政問題を抱えている。アイントラハト・フランクフルト フレッシュアイペディアより)

  • レギオナルリーガ (ドイツサッカー)

    レギオナルリーガ (ドイツサッカー)から見た1.FCケルン1.FCケルン

    1\.FCケルン II (1. FC Koln II)レギオナルリーガ (ドイツサッカー) フレッシュアイペディアより)

  • 日独関係

    日独関係から見た1.FCケルン1.FCケルン

    また、西ドイツ政府により1960年に策定されたスポーツ施設の総合整備計画「ゴールデンプラン」は日本のスポーツ指導者などから羨望され、「地域社会に根ざした総合スポーツクラブの創設」の理念は1991年設立の日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)へ取り込まれた。このJリーグ草創期のスター選手としてジェフ市原に入団し、西ドイツ代表としてのW杯イタリア大会優勝メンバーだったピエール・リトバルスキーは、その後も日本で選手や指導者のキャリアを積んだ。また、リトバルスキーと共にW杯イタリア大会で優勝したギド・ブッフバルトは後に浦和レッドダイヤモンズの選手・監督となった。一方、1977年に1\.FCケルンへ入団した奥寺康彦以後、ドイツのプロサッカーリーグであるブンデスリーガでプレーする日本人選手も存在し、近年多くの選手が同リーグに渡っている。奥寺と長谷部誠、香川真司は同リーグ1部の優勝も経験している。日独関係 フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・シュトレラー

    マルコ・シュトレラーから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2004年3月14日のデビュー時に初ゴールを決めたものの、その後怪我の影響もあり2年間でわずか28試合4ゴールと低調だったために、2005-2006シーズンの途中に1\.FCケルンへレンタル移籍。2006-07シーズンに復帰し、チームはリーグ優勝するも自身は27試合5ゴールと活躍出来なかった。マルコ・シュトレラー フレッシュアイペディアより)

  • フランティシェック・ストラカ

    フランティシェック・ストラカから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1988年から1994年までドイツのブンデスリーガやドイツ2部でプレー。所属したクラブはボルシア・メンヒェングラットバッハ、 1\.FCケルン、ハンザ・ロストック、ヴッパーターラーSVボルシア。ドイツでは計179試合4得点の結果を残した。フランティシェック・ストラカ フレッシュアイペディアより)

119件中 71 - 80件表示

「1FCケルン」のニューストピックワード