119件中 81 - 90件表示
  • オニェカチ・オコンクウォ

    オニェカチ・オコンクウォから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2007年6月26日、1\.FCケルンへの移籍が発表されたが、7月2日にFCチューリッヒと4年契約を結び移籍した。オニェカチ・オコンクウォ フレッシュアイペディアより)

  • デレク・ボアテング

    デレク・ボアテングから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1999年にギリシャのカラマタFCでプロキャリアをスタートさせ、2001年にパナシナイコスFCに移籍した。2003年8月、スウェーデンのAIKソルナに移籍し、2006年7月、イスラエルのベイタル・エルサレムFCに移籍した。2009年1月21日、ドイツの1\.FCケルンに移籍し、その夏にスペインのヘタフェCFに移籍した。デレク・ボアテング フレッシュアイペディアより)

  • マルクス・フォイルナー

    マルクス・フォイルナーから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1992年に1.FCアイントラハト・バンベルクのユースチームに加入し、1997年からはバイエルン・ミュンヘンのユースでプレーした。しかしトップチームでポジションを掴むことができず、2004年に1\.FCケルンへ移籍。しかし、怪我などもあり2年半でリーグ戦38試合に出場するにとどまり、トップチームとリザーブチームを行き来した。マルクス・フォイルナー フレッシュアイペディアより)

  • 古河電気工業サッカー部

    古河電気工業サッカー部から見た1.FCケルン1.FCケルン

    そこで70年代に入って奥寺康彦、永井良和ら高卒の有望選手を育てる事に方針を転換。これが実を結び1976年に念願のリーグ制覇と天皇杯の二冠を達成した。この優勝の立役者となった奥寺は翌年にヘネス・バイスバイラーに認められドイツの強豪1\.FCケルンへ移籍した。以後、奥寺は9年間に渡って世界最高峰のリーグと言われたブンデスリーガで活躍し「東洋のコンピューター」の異名を得た。古河電気工業サッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見た1.FCケルン1.FCケルン

    事実上のGM兼監督としてSCフライブルクを「田舎のアマチュアクラブ」から「ドイツを代表する模範的なプロクラブ」に育て上げたフィンケ監督はクリストフ・ダウム同様ドイツで最も高く評価される指導者の一人となり、FCバイエルン・ミュンヘンやヴェルダー・ブレーメン、バイヤー・レヴァークーゼン、1\.FCケルンなど名門クラブから次々と監督就任オファーが舞い込むが、「SCフライブルクという長期的プロジェクトを完成させたい」と他クラブへの移籍を拒否し続けた。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • シュテファン・マイヤーホーファー

    シュテファン・マイヤーホーファーから見た1.FCケルン1.FCケルン

    シュテファン・マイヤーホーファー(Stefan Maierhofer、1982年8月16日 - )はオーストリア出身の同国代表サッカー選手。ドイツ・ブンデスリーガ、1\.FCケルン所属。ポジションはフォワード。身長202cm、体重95kg。シュテファン・マイヤーホーファー フレッシュアイペディアより)

  • ドリネル・ムンテアヌ

    ドリネル・ムンテアヌから見た1.FCケルン1.FCケルン

    ムンテアヌは1986年に2部リーグのメタルル・ボチシャで選手経歴を開始した。その後、幾つかのルーマニア国内のクラブを渡り歩き1991年に強豪のディナモ・ブカレストへ移籍。1993年以降は国外へ活躍の場を求め、ベルギーのサークル・ブルッヘ、1995年にドイツの1\.FCケルン、1999年から2003年までは同じドイツのVfLヴォルフスブルクでプレーをした。ドリネル・ムンテアヌ フレッシュアイペディアより)

  • ユセフ・モハマド

    ユセフ・モハマドから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2007年7月17日、ツヴァイテリーガの1\.FCケルンと契約し、2007-08シーズンの1.FCケルンはツヴァイテリーガで3位となり、ブンデスリーガ昇格を決めた。2007年12月にはキッカー紙によってツヴァイテリーガの最優秀ディフェンダー部門の2位に選ばれている。2010年1月17日のボルシア・ドルトムント戦では、チームメイトのDFケヴィン・マッケンナの同点ゴールの後にブンデスリーガ初得点となる逆転ゴールを決めた。そのすぐ後にズボニミール・ソルド監督によってクラブのキャプテンに指名され、ブンデスリーガのクラブのキャプテンになった初のアジア人選手・中東出身選手となった。2010-11シーズン開幕戦のカイザースラウテルン戦ではレッドカードを受けて一発退場となり、3試合の出場停止処分を受けた。ユセフ・モハマド フレッシュアイペディアより)

  • マティアス・イェルゲンセン

    マティアス・イェルゲンセンから見た1.FCケルン1.FCケルン

    デビューして8日後にはUEFAカップ1回戦のRCランス戦セカンドレグに出場した。マルクス・アルベックに代わってピッチに立つと、センターバックのポジションでブレデ・ハンゲランとコンビを組んだ。ヴェルダー・ブレーメン、TSGホッフェンハイム、バイエル・レヴァークーゼン、ボルシア・ドルトムント、1\.FCケルン、ハンブルガーSV、リヴァプールFCが興味を持っていると報じられた。マティアス・イェルゲンセン フレッシュアイペディアより)

  • UEFAカップ1985-86

    UEFAカップ1985-86から見た1.FCケルン1.FCケルン

    UEFAカップ1985-86は、レアル・マドリードが1\.FCケルンを降して優勝した。UEFAカップ1985-86 フレッシュアイペディアより)

119件中 81 - 90件表示

「1FCケルン」のニューストピックワード