206件中 81 - 90件表示
  • トマーシュ・カラス

    トマーシュ・カラスから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2014年6月11日、1年間のレンタル移籍で1\.FCケルンに加入することが発表されたが、出場機会に恵まれず、半年でチェルシーに復帰した。トマーシュ・カラス フレッシュアイペディアより)

  • FCディナモ・ブカレスト

    FCディナモ・ブカレストから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1970-71シーズンには6回目のリーグ優勝を飾った。1971-72シーズンのUEFAチャンピオンズカップでは1回戦でFCスパルタク・トルナヴァ(スロベニア)を下したが、2回戦でフェイエノールト(オランダ)に敗れた。1972-73シーズンにはFCウニヴェルシタテア・クラヨーヴァなどを突き放し、7回目のリーグ優勝を果たした。1973-74シーズンのUEFAチャンピオンズカップでは、1回戦でクルセイダーズFC(北アイルランド)を2試合合計12-0で破った。ホームで行われたセカンドレグでは11点差 (11-0) の勝利を記録し、同大会におけるクラブ史上最大得点差記録として現在も残っている。2回戦ではハビエル・イルレタなどを擁するアトレティコ・マドリード(スペイン)と対戦し、2試合合計2-4で敗れた。1974-75シーズンはUEFAカップに出場し、1回戦でボルスポル(トルコ)を退けたが、2回戦で1\.FCケルン(西ドイツ)に2試合合計3-4で敗れた。リーグ戦では8回目の優勝を果たし、32得点を挙げたドゥドゥ・ゲオルゲスクがヨーロッパ・ゴールデンシュー(ヨーロッパ全体の得点王)に輝いた。1976-77シーズンのUEFAカップでは1回戦でファビオ・カペッロなどが在籍していたACミラン(イタリア)と対戦し、2試合合計1-2と健闘した。リーグ戦では9回目の優勝を果たし、47得点を挙げたゲオルゲスクが2度目のヨーロッパ・ゴールデンシューに輝いた。1977-78シーズンのUEFAチャンピオンズカップでは1回戦でアトレティコ・マドリードと対戦し、ホームで行われたファーストレグには2-1で勝利したが、アウェーでは0-2で敗れ、2試合合計2-3で敗退となった。1979-80シーズンのUEFAカップ1回戦ではアルキ・ラルナカFC(キプロス)を2試合合計12-0で下し、2回戦ではブルーノ・ペッツァイなどが牽引したアイントラハト・フランクフルト(西ドイツ)と対戦。ファーストレグに2-0で勝利したが、セカンドレグに0-3で敗れて敗退した。FCディナモ・ブカレスト フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・コルドバ

    ジョン・コルドバから見た1.FCケルン1.FCケルン

    ジョン・コルドバ(Jhon Córdoba, 1993年5月11日 - )は、コロンビア・イストミナ出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・1\.FCケルンに所属。ポジションはFW。ジョン・コルドバ フレッシュアイペディアより)

  • ユセフ・モハマド

    ユセフ・モハマドから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2007年7月17日、ツヴァイテリーガの1\.FCケルンと契約し、2007-08シーズンの1.FCケルンはツヴァイテリーガで3位となり、ブンデスリーガ昇格を決めた。2007年12月にはキッカー紙によってツヴァイテリーガの最優秀ディフェンダー部門の2位に選ばれている。2010年1月17日のボルシア・ドルトムント戦では、チームメイトのDFケヴィン・マッケンナの同点ゴールの後にブンデスリーガ初得点となる逆転ゴールを決めた。そのすぐ後にズボニミール・ソルド監督によってクラブのキャプテンに指名され、ブンデスリーガのクラブのキャプテンになった初のアジア人選手・中東出身選手となった。2010-11シーズン開幕戦のカイザースラウテルン戦ではレッドカードを受けて一発退場となり、3試合の出場停止処分を受けた。ユセフ・モハマド フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・クロート

    トーマス・クロートから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1977年に当時2部リーグ所属のキッカーズ・オッフェンバッハでデビュー。翌年1978年に1\.FCケルンへ移籍しブンデスリーガデビューを果たし、ベルント・シュスター、ピエール・リトバルスキーとともに“ケルンの若き三羽ガラス”と称された。以後クロートは3つの異なるクラブでDFBポカールのタイトルを獲得している。トーマス・クロート フレッシュアイペディアより)

  • ケヴィン・ペッツォーニ

    ケヴィン・ペッツォーニから見た1.FCケルン1.FCケルン

    SVダルムシュタット98、アイントラハト・フランクフルト、ブラックバーン・ローヴァーズFCのユースを経て、2008年1月にドイツ・ブンデスリーガの1\.FCケルンに入団。ケヴィン・ペッツォーニ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・シュトレラー

    マルコ・シュトレラーから見た1.FCケルン1.FCケルン

    2004年3月14日のデビュー時に初ゴールを決めたものの、その後怪我の影響もあり2年間でわずか28試合4ゴールと低調だったために、2005-06シーズンの途中に1\.FCケルンへレンタル移籍。2006-07シーズンに復帰し、チームはリーグ優勝するも自身は27試合5ゴールと活躍出来なかった。マルコ・シュトレラー フレッシュアイペディアより)

  • チリアコ・スフォルツァ

    チリアコ・スフォルツァから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1993年7月、ドイツの1.FCカイザースラウテルンへ移籍。1993-94シーズン第1節の1\.FCケルン戦でデビューするとこの試合で初得点を決めた。当時のスフォルツァは無名の存在だったが、選手としての評価を高めると、1994年4月14日に行われたバイエルン・ミュンヘン戦での勝利(4-0でカイザースラウテルンの勝利)はキャリアの集大成となった。チリアコ・スフォルツァ フレッシュアイペディアより)

  • コビ・ジョーンズ

    コビ・ジョーンズから見た1.FCケルン1.FCケルン

    南カリフォルニアで育ったジョーンズは、5歳の時にウェストレイクビレッジにあるAYSOでサッカーを始めた。ウェストレイク高校を卒業後に進学したカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)では、当初非奨学金選手だったものの、オール・ファーウエスト3回、UCLA最優秀オフェンシブ2回される等、卓越した技術を示して最終的に奨学金制度を勝ち取った。また、1991年度のNCAA男子ディビジョンIサッカーチャンピオンシップでは18アシストを記録する活躍からNSCAAによるオール・アメリカン2軍に選出されており、1992年秋にはドイツ1部1\.FCケルンの訓練に招待された。なお、UCLA在学中はラムダ・カイ・アルファのフラタニティだった。コビ・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • イェンス・ヘーゲラー

    イェンス・ヘーゲラーから見た1.FCケルン1.FCケルン

    1\.FCケルンなどいくつかのクラブを渡り歩いた後、20606年にバイエル・レバークーゼンの下部組織に入団。2009年1月から2009?10シーズン終了までFCアウクスブルクにレンタル移籍。2010年7月、1.FCニュルンベルクに2年間のレンタル移籍。イェンス・ヘーゲラー フレッシュアイペディアより)

206件中 81 - 90件表示

「1FCケルン」のニューストピックワード