37件中 21 - 30件表示
  • 1.FCケルン

    1.FCケルンから見たヴェルダー・ブレーメン

    1990年のイタリアワールドカップ中に1980年代後半に好成績を残していたクリストフ・ダウムがクラブ内の政治争いにより解任されると再びチームの結果は下降線を辿るようになる。バイエルン・ミュンヘンのみならずヴェルダー・ブレーメンやボルシア・ドルトムント、シャルケ04などにピッチ上での結果やクラブの財政面で追い越され、徐々に強豪の地位を失っていく。多くの選手や監督が毎年のように入れ替わるようになり、1997年以降はヨーロッパカップに出場することも出来なくなる。1998年にはクラブの歴史上初となる2部降格が決定する。1.FCケルン フレッシュアイペディアより)

  • 1.FCケルン

    1.FCケルンから見たアトレティコ・マドリード

    また、後にFCバルセロナ や レアル・マドリード、アトレティコ・マドリード でゲームメーカーとした活躍したベルント・シュスターや1990年のイタリアワールドカップで優勝、1982年のスペインワールドカップと1986年のメキシコワールドカップで準優勝したピエール・リトバルスキーに代表されるように1970年代の終わり頃からは多くの将来が有望される選手がプロデビューを果たすようになった。1.FCケルン フレッシュアイペディアより)

  • 1.FCケルン

    1.FCケルンから見たホッフェンハイム

    2007-08シーズンはミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチとパトリック・ヘルメスのコンビで37得点を挙げ、ノヴァコヴィッチは得点王に輝いた。ブンデスリーガ2部でボルシア・メンヒェングラートバッハ、ホッフェンハイムに次ぐ3位となり、3シーズンぶりの1部昇格を果たした。17得点を挙げたエースFWパトリック・ヘルメスをバイエル・レバークーゼンに引き抜かれたが、FWマナセー・イシアクを後釜として獲得し、DFピエール・ウォメ、MFプティなど1部の常連を獲得した。2008-09シーズンは残留争いとは無縁のシーズンを過ごし、12位に入った。1.FCケルン フレッシュアイペディアより)

  • 1.FCケルン

    1.FCケルンから見たボルシア・ドルトムント

    1990年のイタリアワールドカップ中に1980年代後半に好成績を残していたクリストフ・ダウムがクラブ内の政治争いにより解任されると再びチームの結果は下降線を辿るようになる。バイエルン・ミュンヘンのみならずヴェルダー・ブレーメンやボルシア・ドルトムント、シャルケ04などにピッチ上での結果やクラブの財政面で追い越され、徐々に強豪の地位を失っていく。多くの選手や監督が毎年のように入れ替わるようになり、1997年以降はヨーロッパカップに出場することも出来なくなる。1998年にはクラブの歴史上初となる2部降格が決定する。1.FCケルン フレッシュアイペディアより)

  • 1.FCケルン

    1.FCケルンから見たケルン

    1. FCケルン(エアスター エフツェー ケルン、1. FC Köln)は、ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州・ケルンに本拠地を置くサッカークラブ。約1100のサポーターズクラブがあり、52000人のソシオを抱えるケルン最大級のスポーツクラブ。1963年に発足したドイツ・ブンデスリーガの初代王者であり、常に数々の代表選手が所属したドイツを代表する名門クラブである。1948年に「ケルナーBC 07」と「SpVggズルツ 07」の合併により誕生。1998年に2部に降格するまで35年間に渡ってドイツ・ブンデスリーガ(1部)での地位を守った。1.FCケルン フレッシュアイペディアより)

  • 1.FCケルン

    1.FCケルンから見たレアル・マドリード

    また、後にFCバルセロナ や レアル・マドリード、アトレティコ・マドリード でゲームメーカーとした活躍したベルント・シュスターや1990年のイタリアワールドカップで優勝、1982年のスペインワールドカップと1986年のメキシコワールドカップで準優勝したピエール・リトバルスキーに代表されるように1970年代の終わり頃からは多くの将来が有望される選手がプロデビューを果たすようになった。1.FCケルン フレッシュアイペディアより)

  • 1.FCケルン

    1.FCケルンから見たシャルケ04

    1990年のイタリアワールドカップ中に1980年代後半に好成績を残していたクリストフ・ダウムがクラブ内の政治争いにより解任されると再びチームの結果は下降線を辿るようになる。バイエルン・ミュンヘンのみならずヴェルダー・ブレーメンやボルシア・ドルトムント、シャルケ04などにピッチ上での結果やクラブの財政面で追い越され、徐々に強豪の地位を失っていく。多くの選手や監督が毎年のように入れ替わるようになり、1997年以降はヨーロッパカップに出場することも出来なくなる。1998年にはクラブの歴史上初となる2部降格が決定する。1.FCケルン フレッシュアイペディアより)

  • 1.FCケルン

    1.FCケルンから見たズヴォニミル・ソルド

    2009年夏、ミハエル・シューマッハなどの熱烈なファンが募金活動を行い、かつてのエースFWルーカス・ポドルスキの復帰を実現させた。MFマニシェなどを加えた中盤も選手層に厚みを増したが、2010年10月に2009年に招聘されたズヴォニミル・ソルド監督が解任され、それまで同クラブのセカンドチームの監督を務めていたフランク・シェーファーがトップチームの監督に昇格した。1.FCケルン フレッシュアイペディアより)

  • 1.FCケルン

    1.FCケルンから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1. FCケルン(エアスター エフツェー ケルン、1. FC Köln)は、ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州・ケルンに本拠地を置くサッカークラブ。約1100のサポーターズクラブがあり、52000人のソシオを抱えるケルン最大級のスポーツクラブ。1963年に発足したドイツ・ブンデスリーガの初代王者であり、常に数々の代表選手が所属したドイツを代表する名門クラブである。1948年に「ケルナーBC 07」と「SpVggズルツ 07」の合併により誕生。1998年に2部に降格するまで35年間に渡ってドイツ・ブンデスリーガ(1部)での地位を守った。1.FCケルン フレッシュアイペディアより)

  • 1.FCケルン

    1.FCケルンから見た1990 FIFAワールドカップ

    また、後にFCバルセロナ や レアル・マドリード、アトレティコ・マドリード でゲームメーカーとした活躍したベルント・シュスターや1990年のイタリアワールドカップで優勝、1982年のスペインワールドカップと1986年のメキシコワールドカップで準優勝したピエール・リトバルスキーに代表されるように1970年代の終わり頃からは多くの将来が有望される選手がプロデビューを果たすようになった。1.FCケルン フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示

「1FCケルン」のニューストピックワード