272件中 51 - 60件表示
  • 2ちゃんねる

    2ちゃんねるから見た祭り

    また、2004年以降、テレビ番組でも2ちゃんねるや2ちゃんねらーが取り上げられるケースが増えてくるなど、一般的な2ちゃんねるのイメージが変わりつつあるとされる(ただし、必ずしも良いイメージとは限らない)。TBS系「Pooh!」やフジ系「EZ!TV」などの番組で紹介されるとともに、ハンドルネームを名乗って利用する者が顔出しで登場し、その度に実況板は利用者過多によりサーバが停止する程の祭りになった。また、芸能人が2ちゃんねるを利用していることを公言したり、青木さやか、長井秀和、南野やじなどのお笑い芸人がネタとして用いたり、品川庄司の品川が自身を「つまらない」と書かれた際「そんなことないよ、品川庄司おもしろいよ。」と書き込んだら「コイツ品川っぽくね?」と書かれたことを「行列のできる法律相談所」で明かしたり、爆笑問題が自身のアスキーアートを褒めたりするケースもある(ただし爆笑問題の太田光は2ちゃんねらーについて、匿名で人を攻撃するのは卑怯であるとの旨を述べており、2ちゃんねる全体を肯定しているわけではない)。2ちゃんねる フレッシュアイペディアより)

  • 2ちゃんねる

    2ちゃんねるから見た近代オリンピック

    2013年現在、およそ780個の板があり、各板には数十から数百のスレッドがある。板は時折新設されるほか、「バーゲン板」のように特定の季節にだけ開設される板もある。2002年5月-6月には2002 FIFAワールドカップ実況板(4板)、2004年8月にはオリンピック期間中限定の専用板が新設されたこともある。また過去には、管理人(当時)・西村博之の誕生日に、彼を祝福することのみを目的とした板が新設されたこともある。2ちゃんねる フレッシュアイペディアより)

  • 2ちゃんねる

    2ちゃんねるから見た新潟中越地震

    また、災害時などの情報蓄積・提供サイトとしても利用されており、2004年10月の新潟中越地震では、Yahoo掲示板や地震情報まとめサイトなどとともに個人レベルを中心とした情報提供に活用された。地震速報板などの地震専用板も常時開設されている。2ちゃんねる フレッシュアイペディアより)

  • 2ちゃんねる

    2ちゃんねるから見た動画投稿サイト

    ITmediaの調査によると、年齢層は10代が20.0%、20代が15.0%、30代が30.7%、40代が21.9%、50代以上が12.5%となっている。この調査は訪問者数の統計であり、例えばブログ利用者は2005年から2006年までの1年間で2倍の2000万人超となっているのに対し、2ちゃんねるは、ブログ、SNS(mixiなど)、動画投稿サイト(YouTube、ニコニコ動画等)、携帯電話専用サイトなどの、他のCGM系サイトの台頭の影響もあり、2003年の770万人から2割程度の増加に留まっている。また、Alexa Internet社の世界ウェブサイトのアクセスランキングでは294位、参考のデータとして、Yahoo! JAPANは17位、Google日本は58位、FC2は61位、mixiは89位である。2004年は34位だった2ちゃんねるは、年々相対的に順位を下げており、書き込み数の方も2005年をピークにやや減少傾向である。2ちゃんねる フレッシュアイペディアより)

  • 2ちゃんねる

    2ちゃんねるから見たツイッター

    2ちゃんねる上で不評な企業・団体・作品・個人のサイトの掲示板やツイッターは、2ちゃんねらーと思われる訪問者により集中的に煽り・荒らしの被害を受けるケースが多く見受けられる。(wikipediaも例外ではなく、過去には実際に荒らされている。)このため、2ちゃんねるからと思われる閲覧者をリファラやNGワード機能を用いてアクセス禁止にしているサイトもあるが、2ちゃんねらーに対する防御措置が、さらに煽り人たちや、荒らしに火をつけることもあり、根本的な解決策とはなっていない。その種の攻撃的な活動を行う2ちゃんねらーは、「ネットユーザーというものは、有名無名を問わず、個々の発言の真偽にあらゆる責任を持ち、適切な発言をするべきであり、不愉快な他者からの言動に対してはスルー(無視)すべきである」などの考えを相手に過剰に押しつけたり、それを建前にして、相手に対する憎悪を徹底的にぶつける(サイトの閉鎖やツイッターの削除にまで追い込む)という傾向も見受けられる。2ちゃんねる フレッシュアイペディアより)

  • 2ちゃんねる

    2ちゃんねるから見た暴力

    2ちゃんねるは、18歳未満の閲覧が望ましくないとされている「エロ(性愛)」・「グロ(奇怪)」・「バイオレンス(暴力)」サイトではないが、これらは18歳未満の少年・児童が2ちゃんねるを閲覧する際や、あるいは検索サイトの検索結果にも引っ掛かってしまい、必然的に目に入ってしまうため、彼らに過剰な性的分野への興味を抱かせる恐れがあることや、情報の真偽や価値を見抜く力をまだ十分に持たない場合(これは少年・児童だけに限らないが)には大きな悪影響を受けてしまう危険性があること、出会い系サイトを媒介して事件性を持つ少年被害が散見される現状をかんがみると、何らかの規制が必要ではないかとの意見がある。実際に、キッズgooなどの一部の検索エンジンではフィルタリングされており、フィルタリングソフトでは「掲示板」カテゴリに入っている。。西鉄バスジャック事件の犯人が「ネオむぎ茶」のハンドルネームを使って多数の投稿を行っていたことや、中学生時代から2ちゃんねるに入れ込み諏訪地方連続放火事件を起こした「くまぇり」と自称する容疑者など、折に触れて2ちゃんねると少年・児童の人格形成との関連性が取り沙汰されている。また、誹謗中傷だけでなく不謹慎、卑猥な書き込みも見られる。2ちゃんねる フレッシュアイペディアより)

  • 2ちゃんねる

    2ちゃんねるから見た週刊文春

    保守系論壇誌『諸君!』(文藝春秋)連載の「麹町電網(インターネット)測候所」は、ほぼ毎号2ちゃんねるを中心にした内容であり、進んで2ちゃんねるとの連携を図っている。後述する他のサイトなどの反応の、右系の思想の政治系サイトと類似している。『文藝春秋』は『週刊文春』で2ちゃんねらーが嫌う有名人や団体などを批判したりしているので、新潮社と同様2ちゃんねると基本的に関係良好と言える。また、J-CASTニュースのようなインターネットニュースサイト(ミドルメディア)が2ちゃんねるの話題を取り上げることが多く、ネット上で「名無し」が指摘、推測した事実や噂を、「オフィシャルな情報」化するという役割を担う場合もある。2ちゃんねるを批判するメディアは比較的少ないが、例外として毎日新聞が2007年1月1日に特集連載「ネット君臨」の第1部「失われていくもの」で、2ちゃんねらーの囃し立てた“死ぬ死ぬ詐欺”を、『難病児募金あざける「祭り」』と題して紹介した。赤報隊事件を賛美し、時効を喜んだ書き込みなどを取り上げたことはあるが、2ちゃんねる自体への批判ではなく、社会現象として取り上げる傾向にある(もちろん、望ましくないという態度は取っている)。しかし、奈良小1女児殺害事件などに関する犯罪報道では、確たる証拠もなく2ちゃんねらーが犯人ではないかと疑わせる報道を行うこともあった。なお、関西のメディアは2ちゃんねるを批判している。主に朝日放送のムーブ!や読売テレビのたかじんのそこまで言って委員会などが挙げられる(本音を重んじ過激さを追求する在阪局と抗議や圧力を恐れる在京局との違いである)。極めて稀な例ではあるが、メディアが何気なしに報道したものが2ちゃんねる内で爆発的に定着したものもある。「ニート」がその代表例で、フジテレビ系「情報プレゼンター とくダネ!」でニート特集をした際、映っていた人物の顔や発言が極めて特徴的だったので、その人物のアスキーアートが発言付きで作られ、顔や発言が他の物に差し替えられた変造版も含めて、「ニート」という言葉は瞬く間に2ちゃんねる中に定着していった。2ちゃんねる フレッシュアイペディアより)

  • 2ちゃんねる

    2ちゃんねるから見たiモード

    さらにiモードの普及と携帯電話への対応によって携帯電話とコンピュータとの2つのIDを持つことが平易になったため、この2つの区別が出来るようIDの末尾に携帯電話からの書き込みには「O(オー)」、コンピュータの書き込みには「0(ゼロ)」が付くようになった(ただし板の設定によって付かない場合がある。公式p2を介して書き込むと、末尾はPになる)。このため携帯電話とコンピュータを両方使った自作自演がしばしば指摘されるが、実際のところどれだけそのようなことをしている者がいるかは不明である。2ちゃんねる フレッシュアイペディアより)

  • 2ちゃんねる

    2ちゃんねるから見た阪神タイガース

    全ての2ちゃんねらーが、メディアなどで恣意的に取り上げられる事を快く思っているわけではない。2ちゃんねるに関心を持ってやって来る新参者が短期間で増える事によって、程度の低い、「空気を読めない」利用者が増えることが懸念されているからである。西鉄バスジャック事件以降の一時期、新参者が急激に増加した事からそのような声が増え、当初の2ちゃんねると比較すると議論・情報等の質が悪くなったとの指摘がある(もちろんその逆に、幅広い意見が出るようになったとの意見もある)。これらのことを嘆き「昔の2ちゃんねるの方が面白かった。」などと過去を懐かしむ古参2ちゃんねらーも見受けられる。また、メディアの行うネットアンケート(あるいは世論調査)にも関心が高いが、投票の呼びかけや「田代砲」と呼ばれる多重投票ツールなどで、アンケートへの組織票を投じて当事者を混乱させてしまうことがままある(「田代砲」は、『TIME』誌の「PERSON OF THE YEAR」のウェブサイト上の投票で、田代まさしを1位にする田代祭において初めて使用された)。政治的には、「ETV2001」問題に関する毎日新聞のネットアンケートとTBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」テレゴングアンケートの対称的な集計結果に見られるように、右派系に有利にするよう介入するケースが目立つ(もっとも、アンケート主催者側による恣意的な操作があるとの指摘もある)。2003年のオールスターゲームファン投票では、3シーズンにわたって一軍登板のない川崎憲次郎投手(当時中日ドラゴンズ)への投票を大々的に呼びかけ、ついに川崎は先発投手部門の1位となる川崎祭が起こった(オールスター選出は川崎が辞退し、2位の井川慶(同、阪神タイガース)が繰上選出)。翌年からオールスターゲームのネット投票では個人情報の登録が義務づけられた。2004年のライブドア新球団設立の際、公式サイトで球団名を募集したところ2ちゃんねらーの所為と思しき悪ふざけ投稿が横行し、結果的に応募名ランキングベスト100の公開を中止する事態となった(このうち「したらばメンテナンス」は、ライブドアが買収した「したらばJBBS」がメンテナンスを頻繁に行うことを皮肉った名前と言われている)。以上のように、一部の2ちゃんねらーの中には、一連の投票行動は投票者達の意図とは異なるが、結果として単なる迷惑行為ではなく、ネットアンケートの問題点を端的に指摘し、改善を促す役割を生じさせていると主張する者もいる。2ちゃんねる フレッシュアイペディアより)

  • 2ちゃんねる

    2ちゃんねるから見た中日ドラゴンズ

    全ての2ちゃんねらーが、メディアなどで恣意的に取り上げられる事を快く思っているわけではない。2ちゃんねるに関心を持ってやって来る新参者が短期間で増える事によって、程度の低い、「空気を読めない」利用者が増えることが懸念されているからである。西鉄バスジャック事件以降の一時期、新参者が急激に増加した事からそのような声が増え、当初の2ちゃんねると比較すると議論・情報等の質が悪くなったとの指摘がある(もちろんその逆に、幅広い意見が出るようになったとの意見もある)。これらのことを嘆き「昔の2ちゃんねるの方が面白かった。」などと過去を懐かしむ古参2ちゃんねらーも見受けられる。また、メディアの行うネットアンケート(あるいは世論調査)にも関心が高いが、投票の呼びかけや「田代砲」と呼ばれる多重投票ツールなどで、アンケートへの組織票を投じて当事者を混乱させてしまうことがままある(「田代砲」は、『TIME』誌の「PERSON OF THE YEAR」のウェブサイト上の投票で、田代まさしを1位にする田代祭において初めて使用された)。政治的には、「ETV2001」問題に関する毎日新聞のネットアンケートとTBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」テレゴングアンケートの対称的な集計結果に見られるように、右派系に有利にするよう介入するケースが目立つ(もっとも、アンケート主催者側による恣意的な操作があるとの指摘もある)。2003年のオールスターゲームファン投票では、3シーズンにわたって一軍登板のない川崎憲次郎投手(当時中日ドラゴンズ)への投票を大々的に呼びかけ、ついに川崎は先発投手部門の1位となる川崎祭が起こった(オールスター選出は川崎が辞退し、2位の井川慶(同、阪神タイガース)が繰上選出)。翌年からオールスターゲームのネット投票では個人情報の登録が義務づけられた。2004年のライブドア新球団設立の際、公式サイトで球団名を募集したところ2ちゃんねらーの所為と思しき悪ふざけ投稿が横行し、結果的に応募名ランキングベスト100の公開を中止する事態となった(このうち「したらばメンテナンス」は、ライブドアが買収した「したらばJBBS」がメンテナンスを頻繁に行うことを皮肉った名前と言われている)。以上のように、一部の2ちゃんねらーの中には、一連の投票行動は投票者達の意図とは異なるが、結果として単なる迷惑行為ではなく、ネットアンケートの問題点を端的に指摘し、改善を促す役割を生じさせていると主張する者もいる。2ちゃんねる フレッシュアイペディアより)

272件中 51 - 60件表示

「2ちゃんねる」のニューストピックワード

  • ミス・モノクローム MUSIC CLIPS