101件中 51 - 60件表示
  • 東京オリンピックスタジアム

    東京オリンピックスタジアムから見たリオデジャネイロオリンピックリオデジャネイロオリンピック

    しかし、2016年夏季五輪の開催地は2009年10月2日にブラジルのリオデジャネイロへ決まり、東京への招致はならなかった。招致活動の先頭に立っていた東京都知事の石原慎太郎は、続く2020年夏季オリンピックへの招致に前向きな姿勢を見せたものの、最終決定は2011年4月に自身の任期を引き継ぐ次期都知事の意向に委ねる姿勢を示し、東京オリンピックスタジアムの建設構想も一時沈静化した。しかし、当初は都知事退任の意向を強く示していた石原が一転して2011年4月の都知事選挙に立候補し、オリンピック招致への再挑戦を掲げて四選を果たした事で状況は一変し、同年7月16日に2020年夏季五輪の招致を正式に表明した。だが、新規スタジアム建設ではなく既存の国立霞ヶ丘陸上競技場を改修する方向となったため、事実上東京オリンピックスタジアムの建設は消滅した。東京オリンピックスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ナワル・エル・ムータワキル

    ナワル・エル・ムータワキルから見たリオデジャネイロオリンピックリオデジャネイロオリンピック

    エル・ムータワキルは、1998年に国際オリンピック委員会委員に就任。2016年夏季オリンピックの候補都市の評価委員会の委員長を務めた。ナワル・エル・ムータワキル フレッシュアイペディアより)

  • 国民体育大会ラグビーフットボール競技

    国民体育大会ラグビーフットボール競技から見たリオデジャネイロオリンピックリオデジャネイロオリンピック

    現在は15人制であるが、2016年リオデジャネイロオリンピックより7人制ラグビーが採用されるのに伴い、国体ラグビー競技も男女7人制に移行することが検討されている。成年男子は2013年東京大会より7人制移行が決まった。国民体育大会ラグビーフットボール競技 フレッシュアイペディアより)

  • オリンピックゴルフ競技

    オリンピックゴルフ競技から見たリオデジャネイロオリンピックリオデジャネイロオリンピック

    長らくオリンピック競技からは除外されていたが、2009年コペンハーゲンで開催されたIOC総会で、2016年のリオデジャネイロオリンピックより復帰することが決まっている。オリンピックゴルフ競技 フレッシュアイペディアより)

  • AFC U-22アジアカップ

    AFC U-22アジアカップから見たリオデジャネイロオリンピックリオデジャネイロオリンピック

    この大会は2年に1回開催され、第1回大会は2014年1月11日から1月26日(予選は2012年)に開催される予定である。また2015年の第2回大会は、2016年のオリンピックにおける男子サッカーのアジア予選を兼ねる予定である。AFC U-22アジアカップ フレッシュアイペディアより)

  • ナディア・コマネチ

    ナディア・コマネチから見たリオデジャネイロオリンピックリオデジャネイロオリンピック

    2009年には2016年夏季オリンピック開催を目指すシカゴ招致委員会より、ナスティア・リューキン、マイケル・ジョンソン、エドウィン・モーゼス、ジャッキー・ジョイナー=カーシーと共に10月2日にデンマークのコペンハーゲンで行われる開催都市を決定する国際オリンピック委員会総会に派遣された。ナディア・コマネチ フレッシュアイペディアより)

  • 広島・長崎オリンピック構想

    広島・長崎オリンピック構想から見たリオデジャネイロオリンピックリオデジャネイロオリンピック

    2009年10月2日、デンマーク・コペンハーゲンで開かれた第121次国際オリンピック委員会総会(IOC総会)で2016年夏季オリンピックの開催都市がリオデジャネイロに決定し、同年10月9日、プラハ演説を行ったオバマ大統領へのノーベル平和賞授与が発表された後、同年10月11日秋葉市長と田上市長が2020年夏季オリンピック共同開催に向けて招致検討委員会を設置することを正式に表明した。広島・長崎オリンピック構想 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港

    アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港から見たリオデジャネイロオリンピックリオデジャネイロオリンピック

    その後さらに稼働数が上昇したことや、2014年にブラジルでFIFAワールドカップが、2016年にはリオデジャネイロで夏季オリンピックが開催されることを受けて、第1、第2ターミナルの改修工事が進められているほか、駐車場の拡張工事も計画されている。アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ラグビーユニオン

    ラグビーユニオンから見たリオデジャネイロオリンピックリオデジャネイロオリンピック

    ラグビーユニオン競技は1900年、1908年、1920年、1924年年のオリンピックにおいて行われた。オリンピック規則によって、スコットランド、ウェールズ、イングランドは主権国家ではないため独自のチームとしての参加が認められなかった。1900年は、フランスが、グレートブリテンを27対8、ドイツを27対17で下し金メダルを手にした。1908年は、オーストラリアが、グレートブリテンを32対3で破り金メダルを手にした。1920年は、アメリカ合衆国が多くの選手はラグビーになじみがなかったにもかかわらず、フランスを8対0で破る番狂わせを演じた。1924年、合衆国は再びフランスを17対3で破り、ラグビーの金メダルを二度手にした唯一のチームとなった。2009年国際オリンピック委員会は81対8の多数で、セブンズ、4-dayトーナメント形式ではあるが、ラグビーユニオンの少くとも2016年、2020年での復帰を決定した。これは長年ラグビー界が熱望してきたことであり、国際ラグビー評議会議長のはオリンピック金メダルは「我々のスポーツ(ラグビーセブンズ)の頂点」と見なされるだろうと述べた。ラグビーユニオン フレッシュアイペディアより)

  • 日本アマチュアボクシング連盟

    日本アマチュアボクシング連盟から見たリオデジャネイロオリンピックリオデジャネイロオリンピック

    現状では全国レベルの大会が全日本女子選手権に限られており、リオデジャネイロオリンピックへ向けての強化の足かせとなっていた。そのため、連盟では2013年(平成25年)より大会を新設し、その第1回を後楽園ホールで開催すると発表した。日本アマチュアボクシング連盟 フレッシュアイペディアより)

101件中 51 - 60件表示

「2016リオデジャネイロ五輪」のニューストピックワード