411件中 61 - 70件表示
  • クレイジー・ドライブ

    クレイジー・ドライブから見た24 -TWENTY FOUR-24 -TWENTY FOUR-

    『インシディアス』や『リトル・チルドレン』などでホワイトカラーな良き夫を演じることが多かったパトリック・ウィルソンが、どん底まで落ちぶれたリムジン運転手という汚れ役を演じた本作。真夜中までに借金の返済を迫られた男が、一人の怪しい男の運転手という仕事を引き受けたことから様々なトラブルに見舞われるというクライム・コメディ映画である。監督と脚本は『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』などで知られるジョー・カーナハンが手掛けた。共演にはジェシカ・アルバをはじめ、『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』のエド・ヘルムズや『24 -TWENTY FOUR-』のジェームズ・バッジ・デールのほか、トラブルの元凶を作る富豪役でクリス・パインらが出演している。クレイジー・ドライブ フレッシュアイペディアより)

  • 松浦亜弥のオールナイトニッポン

    松浦亜弥のオールナイトニッポンから見た24 -TWENTY FOUR-24 -TWENTY FOUR-

    2005年のコーナー開始当初は、「逃亡者倶楽部」としてスタートしたものの、松浦は2週間後には『ハウルの動く城』に、12月には『木更津キャッツアイ』に、2006年1月にはMr.Childrenが出演した2005年の某夏フェス(おそらく「ap bank fes'05」) のDVDで彼らの曲『HERO』を歌っている桜井和寿を見て、感動したと言う。さらに2006年3月には18日・19日にテレビ朝日系で放映されたスペシャルドラマ『愛と死をみつめて』を見て大泣きしたと言っていた。また、2006年の夏には遅れて韓流にハマり、2006年10月現在ではアメリカのテレビドラマ『24 -TWENTY FOUR-』シリーズに、さらに同年11月現在ではアニメ『ドラゴンボールGT』にハマっているそうである。松浦亜弥のオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • スリラー

    スリラーから見た24 -TWENTY FOUR-24 -TWENTY FOUR-

    24 -TWENTY FOUR-』はテンポの速いテレビシリーズであり、対テロ戦争の影響がある。各シーズンは24時間の進行に合わせて構成され、各話(1時間)が「リアルタイム」に進行する。画面分割や画面上の時計が技法として用いられている。ジャック・バウアーとその同僚がテロリストの脅威と戦う様を追う。スリラー フレッシュアイペディアより)

  • 第58回プライムタイム・エミー賞

    第58回プライムタイム・エミー賞から見た24 -TWENTY FOUR-24 -TWENTY FOUR-

    ジョン・カサー - 24 -TWENTY FOUR- 『7:00』(原題:7:00AM-8:00AM、第5シーズン第1話)第58回プライムタイム・エミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • バウアー

    バウアーから見た24 -TWENTY FOUR-24 -TWENTY FOUR-

    キンバリー・バウアー - ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」のジャック・バウアーの娘。バウアー フレッシュアイペディアより)

  • アルバータ・ワトソン

    アルバータ・ワトソンから見た24 -TWENTY FOUR-24 -TWENTY FOUR-

    24 -TWENTY FOUR- 24 (2005) (第4シーズン)エリン・ドリスコル役アルバータ・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • ファーレンハイト (2006年のビデオゲーム)

    ファーレンハイト (2006年のビデオゲーム)から見た24 -TWENTY FOUR-24 -TWENTY FOUR-

    演出面では、あるシーンをいくつものカメラで別角度から撮影するドラマ『24 -TWENTY FOUR-』のように、一人のキャラクター、もしくはシーンをいくつかの角度から同時に表示する。ゲーム序盤、主人公がトイレで殺人を犯したあとのシーンでは逃げる時間を稼ぐために、凶器を隠す、血痕を洗うなどの行動をするが、画面では同時に食事中の警察官が表示され、この警察官が食事をしている様子、トイレに近づいてくる様子が常にプレイヤーに分かり逃走のための準備に緊迫感が生まれる。このような演出が各所に見られこのゲームの独特の雰囲気作りに貢献している。ファーレンハイト (2006年のビデオゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド・アボミネイションズ

    ユナイテッド・アボミネイションズから見た24 -TWENTY FOUR-24 -TWENTY FOUR-

    「ギアーズ・オヴ・ウォー」は、まだ歌詞ができていなかった段階のヴァージョンが、Xbox 360用のビデオゲーム『Gears of War』に提供された。「ア・トゥー・ル・モンド」は、アルバム『ユースアネイジア』(1994年)収録曲のセルフ・カヴァーで、リサ・マリー・プレスリーがゲスト参加する予定もあったが、最終的にはラクーナ・コイルのクリスティーナ・スカビアがゲスト・ボーカリストとして参加した。「アメリカスタン」は、テレビドラマ『24 -TWENTY FOUR-』にインスパイアされた楽曲。ユナイテッド・アボミネイションズ フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・キング・ケラー

    フレデリック・キング・ケラーから見た24 -TWENTY FOUR-24 -TWENTY FOUR-

    テレビでは『クラブハウス』、『24 -TWENTY FOUR-』、『Hey Dude』、『Dr.HOUSE』、『Boomtown』、『CSI:マイアミ』、『New York Undercover』、『』、『NUMBERS 天才数学者の事件ファイル』、『ブルーブラッド 〜NYPD家族の絆〜』、『Life 真実へのパズル』を監督しているフレデリック・キング・ケラー フレッシュアイペディアより)

  • マイケル (プリズン・ブレイク)

    マイケル (プリズン・ブレイク)から見た24 -TWENTY FOUR-24 -TWENTY FOUR-

    他の誰かを助けるために自らが投獄されるという『プリズン・ブレイク』のオリジナル・コンセプトはプロデューサーのドーン・パローズによってポール・シェアリングに提案された。シェアリングはそれが良いアイデアだと思ったが、誰がなぜそのようなミッションに乗り出し、またどのようにして実現可能なテレビ番組にするかをまず最初に悩んだ。彼は無実の罪に問われた兄弟の物語を思いつき、プロットのアウトラインに取り組んでキャラクターを考案し始めた。2003年に彼はフォックス放送に売り込んだが、シリーズの長期化の可能性を心配し、拒否された。また彼は他の放送局にもコンセプトを提示したが、テレビシリーズよりも映画向きであると考えられたために拒否された。その後『プリズン・ブレイク』は全14話のミニシリーズとして構想され、スティーヴン・スピルバーグが関心を寄せたが、彼は『宇宙戦争』へと移った。結局ミニシリーズは実現せず、『LOST』や『24 -TWENTY FOUR-』といったシリアライズのテレビシリーズが大成功を収めた後の2004年、フォックスは心変わりして製作を支持した。マイケル (プリズン・ブレイク) フレッシュアイペディアより)

411件中 61 - 70件表示

「24 TWENTY FOUR」のニューストピックワード