2034件中 41 - 50件表示
  • 屋台

    屋台から見た自転車自転車

    世界各地に様々な形態の屋台がある。初期の形態としては、天秤棒で担いで売り歩いた形態があったが商品を多く運べないのが欠点。リヤカーのように可動式の店舗部分を人力、自転車、オートバイで牽引するものや、テントのように組み立て型の骨組みをもとに店舗を設置する場合もある。またトラックの荷台の部分を改造したものもある。似た言葉として露店(ろてん)があるが、露店は移動式とは限らず、歩道上に物を並べて販売したり、建物の1階の店先で物を売る店も含まれる。屋台 フレッシュアイペディアより)

  • バランスバイク

    バランスバイクから見た自転車自転車

    バランスバイクあるいはランニングバイクは、子供がバランスやステアリングを習うのを助けるトレーニング用二輪自転車である。ペダルや駆動系を有していない。バランスバイク フレッシュアイペディアより)

  • 銀輪部隊

    銀輪部隊から見た自転車自転車

    銀輪部隊(ぎんりんぶたい)は、太平洋戦争(大東亜戦争)時に主に南方作戦で運用された自転車で行軍する大日本帝国陸軍部隊の日本国内における通称・愛称である。銀輪部隊 フレッシュアイペディアより)

  • アウトウニオン

    アウトウニオンから見た自転車自転車

    1885年に自転車輸入会社「ケムニッツアー自転車倉庫社」として設立され、1896年からは自転車の自社製造を開始した。他にも工作機械やタイプライターなど多彩な製品を生産した。アウトウニオン フレッシュアイペディアより)

  • 豊田市女子高生殺害事件

    豊田市女子高生殺害事件から見た自転車自転車

    18時45分頃 - 長女は校門付近で友人と別れて、自転車に乗り一人で帰宅した。豊田市女子高生殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た自転車自転車

    2-3歳ころに、成瀬家から呉服商をしていた横尾家へ養子に行く。父(養父)は店を構えていたわけではなく、自転車の荷台に着物や反物を積み、料亭などに売り歩いていた。小学校に上がる前まで横尾は父のこの営業によく同行した。『想い出と現実の一致』は、この際の記憶を作品にしたものである。横尾が幼少期を過ごした西脇は綿織物(播州織)を特産としていたため、織物や反物は身近な存在であった。横尾のデザインや絵画の原典のひとつには、播州織の影響が指摘される。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 駒川商店街

    駒川商店街から見た自転車自転車

    当商店街は店舗営業時間内は通行人が多く、車両は通行禁止になっている。また、自転車は降りて押して歩くように促されているが自転車が多く危険なので、針中野駅前に駐輪場が設置された。駒川商店街 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府道801号大阪吹田自転車道線

    大阪府道801号大阪吹田自転車道線から見た自転車自転車

    大阪府道801号大阪吹田自転車道線(おおさかふどう801ごう おおさかすいたじてんしゃどうせん)は、大阪府大阪市北区から吹田市に至る、自転車・歩行者専用の一般府道である。大阪府道801号大阪吹田自転車道線 フレッシュアイペディアより)

  • 自転車博物館

    自転車博物館から見た自転車自転車

    自転車博物館(じてんしゃはくぶつかん)は、大阪府堺市堺区の大仙公園内にある自転車に関する博物館。正式名称は「自転車博物館サイクルセンター」である。開館は1992年4月。自転車部品メーカーのシマノが設立した財団法人シマノ・サイクル開発センターが管理をしている。シマノの本社があり、自転車が地場産業であることなどから、堺市に建設された。自転車博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 白鳥橋 (荒川)

    白鳥橋 (荒川)から見た自転車自転車

    明治の末期は自転車の普及に伴い、以前のままでは幅が狭く通行も危険なので架け替えることとなり、その名も「大滝三本橋」と改め、丸太を3本並べてその上に渡り板を並べる様に改造されたことにより、幅も広くなり自転車を押して渡ることもできるようになった。合わせて両岸に取り付け道路を作ることとなり、岩の上に自然石をセメントで高く積み上げた橋脚を立てて橋面と水面との間の高さを高くし、道路の橋への勾配を緩和した。これにより利便性が向上しある程度の増水には対応できたが、更なる増水で水没する際は流水抵抗を軽減するために板外しを行うが、豪雨と強風下の中での板外しのは命がけの作業で、作業中に濁流に投げ出されて死亡した実例もあった。また、橋を固定する綱が切れて流失することもあり下流に回収に向かうが、遠く畠山(現在の六堰付近)まで回収に出向いた場合もあった。橋が流失した際は場合によっては10日間以上対岸との交通が途絶え、無理に川を泳いで渡ろうとして対岸にたどり着けず、命を落とす事例もあった。橋が長期に亘り不通となった際に備えて、近くに物資を荒川の対岸に運搬する野猿のような設備が地元企業の発案で設置されている時期があった。白鳥橋 (荒川) フレッシュアイペディアより)

2034件中 41 - 50件表示

「3人乗り自転車」のニューストピックワード