2034件中 51 - 60件表示
  • リー・フランシス

    リー・フランシスから見た自転車自転車

    19世紀末に自転車メーカーとして創業、オートバイメーカーを経て、第一次世界大戦後には比較的小規模なアッセンブリー自動車メーカーとなった。1920年代から1930年代にかけては高性能な上級小型車を製作、イギリスのレース界で縦横に活躍した。しかし大手メーカーの攻勢に抗しきれず、第二次世界大戦後の1954年までに一般市販車の製造を終了した。ブランドは紆余曲折を経て2000年代まで使用されている。リー・フランシス フレッシュアイペディアより)

  • セパレイトブルー

    セパレイトブルーから見た自転車自転車

    ロードレース (自転車競技)を取り扱った青春ラブストーリーの作品で、登場人物の名前が、ブリヂストン、ツール・ド・フランスなど自転車に由来するのが特徴的な作品。セパレイトブルー フレッシュアイペディアより)

  • 乗鞍スカイライン

    乗鞍スカイラインから見た自転車自転車

    冬季閉鎖があり、10月下旬から5月中旬までの期間は通行することは出来ない。マイカー規制のため、一般車両の乗り入れは禁止されており、バスやタクシー、自転車のみ通行可能である。このため、通行する自動車は皆無に近い状況であるが、マウンテンサイクリングには絶好の道路であり、自転車で往来する自転車ヒルクライマーがよく見られる。乗鞍スカイライン フレッシュアイペディアより)

  • フランツ=ミカエル・スキョル・メルビン

    フランツ=ミカエル・スキョル・メルビンから見た自転車自転車

    2009年5月、日本駐箚デンマーク大使館の主催、日本サイクリング協会の主管にて「COP15 CYCLING TOUR――デンマーク大使と走ろう、エコサイクリング。」を開催した。一般の参加者らとともに、メルビン自ら9都道府県を自転車で走り、第15回気候変動枠組条約締約国会議に対する啓蒙活動を行った。また、東京都千代田区にてコミュニティサイクルの社会実験が始まった際には、ヨーロッパのコミュニティサイクル事情を紹介するとともに、社会実験の成功を祈念し環境副大臣の田島一成と自転車を交換し合っている。フランツ=ミカエル・スキョル・メルビン フレッシュアイペディアより)

  • 多胡光純

    多胡光純から見た自転車自転車

    獨協大学卒業。同大学探検部に所属し、辺境への旅をはじめる。これまでの主な活動に、竹を使い組み上げた筏で四万十川航下、オーストラリア内陸に広がる砂漠地帯を単独自転車で縦断、マダガスカル島ではバオバブの木を求め自転車で島縦断、その後舞台は北米に移り極北カナダ、アラスカを流れるマッケンジー川やユーコン川、セロン川などカヌーで旅しネイティブインディアン、イヌイットと触れ合う旅を続ける。旅で出会う空間、その空間に生きる人の暮らしに不思議を覚え、旅は撮影行となり、出逢いはエッセイとして記録するようになる。多胡光純 フレッシュアイペディアより)

  • チタン

    チタンから見た自転車自転車

    チタンあるいはチタン合金は、一般の合金鋼と同等の強度を持ち、鉄よりも軽く、ステンレス鋼、アルミよりも圧倒的に耐食性に優れており、500℃の高温でも有効な強度を保てる耐熱性といった性質から、航空機や潜水艦、自転車、ゴルフクラブなどの競技用機器、化学プラント、生体インプラントの材料、打楽器など多岐にわたって使用されるほか、合金鋼との脱酸剤や、ステンレス鋼において炭素含有量を減少させる目的などにも使用される。チタン フレッシュアイペディアより)

  • シミー現象

    シミー現象から見た自転車自転車

    シミー現象(シミーげんしょう、)とは、走行中にバイクや自動車をはじめとし航空機や自転車などにおける車輪、車軸を含む舵取り装着全体の振動のことを称する 。シミー現象が大きくなると舵取り装着が激しく首ふり振動するようになり操縦困難に陥る。シミー現象 フレッシュアイペディアより)

  • 歩兵

    歩兵から見た自転車自転車

    歩兵の輸送手段は、それまでは徒歩や船、馬であったが、19世紀より鉄道が使われ始め、1890年代以降いくつかの国では自転車が採用された(馬もしばらく併用されている)。第二次世界大戦では日本陸軍の歩兵が自転車で移動し、大成功を収めた(銀輪部隊)。機動性における大きな革新は、1920年代以降より始まり、自動車を使った自動車化歩兵の部隊が生まれた。この頃から、移動中の兵士の安全を確保することの重要性が認識されるようになり、移動時に装甲車を使用する機械化歩兵が編成されるようになった。歩兵 フレッシュアイペディアより)

  • 車両通行帯

    車両通行帯から見た自転車自転車

    また、その特定の種類の車両以外の車両は、その専用通行帯以外の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自転車を含む軽車両、原動機付自転車および小型特殊自動車はこの限りではなく、他に道路標識等による指定がなければ法第20条第1項の通則に依然従うこととなる。車両通行帯 フレッシュアイペディアより)

  • 差動装置

    差動装置から見た自転車自転車

    差動歯車ではないが、同じ効果を狙ったものとしてミニ四駆のグレードアップパーツ「ワンウェイホイール」(四輪駆動車のフリーハブに近い構造)がある。機構としては自転車に使われているものと全く同じで、これはホイール内部にピニオンギアを入れ、コーナリング時に外側のタイヤを空転させることで、コーナリング抵抗をなくすものである。また、電動ラジコンカーなどでは、フロントデフにワンウェイ効果のあるものを使用し、さらに前輪を小径化することで後輪が空転した場合のみ前輪が駆動するようにセッティングする場合がある。ただし、この機構の場合、内輪側の駆動に対して外輪の駆動を加速方向にキャンセル(滑らせる)させる機構のため、自動車という乗り物の構造上、コーナリングで遠心力による荷重が外輪に掛かり、外輪の駆動力が強く要求されるという通常の状況では外輪の駆動を加速側に滑らせることが事実上不可能である。このため、実車での搭載例はごく低速の車両にしかない。差動装置 フレッシュアイペディアより)

2034件中 51 - 60件表示

「3人乗り自転車」のニューストピックワード