421件中 21 - 30件表示
  • データカードダス

    データカードダスから見た3G第3世代移動通信システム

    2010年の『ドラゴンボールヒーローズ』よりフラットパネルリーダータイプの筐体が登場した。ゲーム基板は独自のものが使用されている。これらは筐体にはデータカードダスと記されていないが、公式サイト上ではデータカードダスの一種として扱われている。同時にICカードへの対応が始まり、ICカード内にゲームの成績をセーブできるようになった。また、筐体内に3Gを利用した通信装置が内蔵されており、全国ランキングの集計やサーバ側から自動的にゲーム要素を開放することが可能(大規模なアップデートはSDカードで供給)になっている。背面にLANコネクタを装備しており、同じタイトルの2台を接続して対戦仕様にすることができる(3台以上の接続はできない)。のちに登場したマジンボーンは使用基板がES2 PLUSで通信装置はWi-Fiを搭載しており、内部的にはデータカードダスF以降の標準的な構成になっているが、サービス終了時に回収されたため現在市場に存在しない(アプリモンスターズはドラゴンボールヒーローズからの改造)。データカードダス フレッシュアイペディアより)

  • SoftBank 3G

    SoftBank 3Gから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    従来の機種は、通信方式に日本独自のPDC方式が使われていた為、日本国外で使用する事が出来なかった。そこで、内外両方で使用できる様に、欧米をはじめとしたほとんどの国で主流となっている第2世代移動通信システム「GSM」と、NTTドコモとノキア、エリクソン、シーメンスなどヨーロッパの機器メーカーとの共同開発による第3世代移動通信システム「W-CDMA」の両通信方式に対応させたものである。SoftBank 3G フレッシュアイペディアより)

  • Long Term Evolution

    Long Term Evolutionから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    W-CDMAやCDMA2000等の第3世代携帯電話 (3G) と、第4世代携帯電話 (4G) との間の中間過渡期な技術である。Long Term Evolution フレッシュアイペディアより)

  • YOZAN

    YOZANから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    設立当初は第三世代携帯電話 (W-CDMA) 用の集積回路設計・研究開発などを行っていたが、第三世代携帯電話のサービス開始の遅れや需要の伸び悩みへの不安から、電気通信事業者へ業態転換を行うことになる。YOZAN フレッシュアイペディアより)

  • 日本における携帯電話

    日本における携帯電話から見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    2001年には日本において、世界初の第三世代携帯電話(3G、W-CDMA)の商用サービスが始まった。いわゆるフィーチャー・フォン(日本型高機能携帯電話)と呼ばれるものだが、テレビ電話が可能となったほか、パーソナルコンピュータと接続して、高速なデータ通信が行えるようになった。またそれまでは携帯電話でのインターネット利用は、iモードなど、限られたサービスの枠内に留まっていたのが、パソコンと同じポータルサイトでインターネットニュースを見たり、Googleなどの検索エンジンを使ったWEB検索や画像検索、ブログや電子掲示板へのコメント投稿もできるようになるなど、パソコンとほぼ同等の利用が可能になった。それによりリビングでテレビニュースを見ながら、分からない用語を携帯で検索して意味を調べたり、コメント投稿して意見をいうのが当たり前になるなど、これまでの受け身で既存メディアが流す情報に接するだけの状態から人々の姿勢や生活を大きくを変えた(但しパソコンではずっと以前から同じことはできていた)。日本における携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    2018年(平成30年)現在では、W-CDMA・HSPAを用いた「FOMA」(第3・第3.5世代移動通信システム、2001年(平成13年)サービス開始)、LTEを用いた「Xi」(第3.9世代移動通信システム、2010年(平成22年)サービス開始)、LTE-Advancedを用いた「PREMIUM 4G」(第4世代移動通信システム、2015年(平成27年)サービス開始)による携帯電話事業を中心として各種事業を展開している。かつて手がけていた「PHSサービス」は2008年(平成20年)1月7日、またPDCを用いた「mova」「DoPa」(第2世代移動通信システム)は2012年(平成24年)3月31日 にサービスを終了した。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • F704i

    F704iから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    前機種からの進化点は、3Gの国際ローミングに対応した。本体の厚さはF703iと同様の17.9mmで、発売当時は防水ケータイ世界最薄となっていた(2007年6月当時)。F704i フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ軍の衛星通信

    アメリカ軍の衛星通信から見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    MUOSは、前任者と同様にUHF帯を使用するが、そのアクセス方式としては、第三世代携帯電話で採用されているのと同じW-CDMA (Wideband Code Division Multiple Access) 技術を採用している。この衛星システムは、UFOと同様にナローバンド(64 kbps以下)の通信を担当するが、従来のUFO衛星の10倍とも言われる通信性能を備えている。アメリカ軍の衛星通信 フレッシュアイペディアより)

  • Vipnet

    Vipnetから見た3G第3世代移動通信システム

    今日ではVIPnetは携帯電話ネットワークではもっとも知られている。900MHz GSMネットワークを使用しており、GPRS、MMS、EDGE、3G、HSDPAの各技術をサポートしている。Vipnet フレッシュアイペディアより)

  • N704iμ

    N704iμから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    N703iμの後継端末である。薄さは同じ。N703iμからの改良点として、3Gの国際ローミングに対応した点が挙げられる。ちなみに、機種名に派生機種である事を示すμが付いているがNEC製の704iシリーズはこの端末のみで、「N704i」という端末は存在しない。N704iμ フレッシュアイペディアより)

421件中 21 - 30件表示