232件中 51 - 60件表示
  • L-06C

    L-06Cから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    ドコモ スマートフォン Optimus Pad L-06C(ドコモ スマートフォン オプティマス パッド エル ぜろ ろく シー)、後のドコモ タブレット Optimus Pad L-06C(ドコモ タブレット オプティマス パッド エル ぜろ ろく シー)は、LGエレクトロニクスによって開発された、NTTドコモの第3世代移動通信システム(FOMA)のタブレット型端末である。ドコモ スマートフォンのひとつとして発売され、2011年9月以降はドコモ タブレットに分類されている。L-06C フレッシュアイペディアより)

  • W-SIM

    W-SIMから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    なお「SIM」と付いているものの、第3世代移動通信システムなどで用いられているSIMカードとの互換性はない。W-SIM フレッシュアイペディアより)

  • ロシアにおける携帯電話

    ロシアにおける携帯電話から見た3G第3世代移動通信システム

    2007年、メガフォン社は3G(第三世代携帯電話)をサンクトペテルブルク地区で開始した。.ロシアにおける携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • ロシアにおける携帯電話

    ロシアにおける携帯電話から見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    ヴィンペルコム社(英語:VimpelCom、=ヴィンピェルコーム)はビーライン・サービス(英語:Beeline、)を提供していて、第2世代移動通信システム (2G) はGSM、第3世代移動通信システム (3G) はW-CDMA技術を使っている。ロシアにおける携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 中国移動通信

    中国移動通信から見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    また2008年5月には、第3世代移動通信システム(3G)の実施を目前にして3つの通信メガグループ(中国電信・中国聯通・中国移動)に集約する業界の再々編成で、中国鉄通(以前の中国鉄道通信)を併合することが先頭を切って発表されている。中国移動通信 フレッシュアイペディアより)

  • SoftBank 102P

    SoftBank 102Pから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    102P(イチマルニピー)は、パナソニック モバイルコミュニケーションズによって開発された、ソフトバンクモバイルの第3世代移動通信システム(SoftBank 3G)端末である。SoftBank スマートフォンシリーズのひとつ。OSはAndroid2.3を搭載している。SoftBank 102P フレッシュアイペディアより)

  • 電波利用料

    電波利用料から見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    アメリカ合衆国の移動体通信事業で1996年に世界ではじめて採用された。その後、ヨーロッパ各国の第3世代携帯電話で採用された。予想以上の高額で落札が行われたため、経営破綻する事業者が続出し事業開始の遅れの原因となったと批判されることもある。また、周波数帯域の需要と供給の実態に即しない「周波数バブル」であるとの批判もある。しかし現在ではオークション理論を用いて制度は改善されており大きな税収源となっている。電波利用料 フレッシュアイペディアより)

  • SH-06A

    SH-06Aから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    docomo PRIME series SH-06A(ドコモ プライム シリーズ エスエイチ ゼロ ろく エー)は、シャープによって開発された、NTTドコモの第3世代移動通信システム(FOMA)端末である。docomo PRIME seriesの端末。ここでは、派生の限定モデル、SH-06A NERV(エスエイチ ゼロ ろく エー ネルフ)についても述べる。SH-06A フレッシュアイペディアより)

  • BlackBerry Bold

    BlackBerry Boldから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    モバイル通信機能は3G、HSDPA、GSM、GPRSに対応している。FOMAプラスエリアにも対応している。またNTTドコモの国際ローミングサービスであるWORLD WINGを利用することにより、海外でも利用することが可能である。なお国際ローミングではGSMの850MHz、3G1900MHz帯の通信エリアでも利用が可能とされる。BlackBerry Bold フレッシュアイペディアより)

  • ダイレクトコンバージョン受信機

    ダイレクトコンバージョン受信機から見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    さらに1990年代に入るとGSMやDECTなど携帯電話用のダイレクトコンバージョン方式LSIの開発も行われるようになった。その後の技術の発達により、より通信速度が速い第三世代携帯電話 (3G) にも採用されるなど、利用範囲が拡大している。ダイレクトコンバージョン受信機 フレッシュアイペディアより)

232件中 51 - 60件表示

「3.9世代携帯電話」のニューストピックワード