232件中 61 - 70件表示
  • 中華人民共和国の科学技術

    中華人民共和国の科学技術から見た3G第3世代移動通信システム

    2012年、中国の携帯電話販売台数は一人の人間が複数台の携帯電話を持つようになったことで、実際の利用者数は減少しているにもかかわらず前年より1億台増加して10億台を超えた。3G携帯電話の販売台数は倍増して1.44億台にまで増加した。修理件数は2.84億回へと減少した。中華人民共和国の科学技術 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の科学技術

    中華人民共和国の科学技術から見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    技術革新支援と海外企業の知的財産権適用を避けるため、中国は独自の工業規格を定めている。ひとつの例はTD-SCDMAによる3G規格である。批判的な人物はすでに遅れた規格となりつつある3Gの規格に予算をかけたと考える一方で、支持者は進んだ技術能力が取り入れられており、4Gと考えれば中国の国際競争力を上げていると主張している。TD-LTEは中国独自の4G規格に実装されている。中華人民共和国の科学技術 フレッシュアイペディアより)

  • SH-12C

    SH-12Cから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    ドコモ スマートフォン AQUOS PHONE SH-12C(ドコモ スマートフォン アクオス フォン エスエイチ いちに シー)、後のdocomo NEXT series AQUOS PHONE SH-12C(ドコモ ネクストシリーズ アクオス フォン エスエイチ いちに シー)は、シャープによって開発された、NTTドコモの第3世代移動通信システム(FOMA)端末である。OSはAndroid2.3を搭載している。ドコモ スマートフォンのひとつとして発売され、2011年冬モデル発表以降はdocomo NEXT seriesに分類されている。SH-12C フレッシュアイペディアより)

  • ISW11K

    ISW11Kから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    WX04K - ウィルコム向けのDIGNOシリーズ。こちらはPHSと3G(ULTRA SPEED)のデュアル端末である。ISW11K フレッシュアイペディアより)

  • IPマルチメディアサブシステム

    IPマルチメディアサブシステムから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    IMSは1999年に設立された 3G.IP という業界団体が最初に定義した。3G.IPが定義したIMSアーキテクチャは3GPPで採用され、3G携帯電話システムの標準規格の一部となった。SIPベースのマルチメディア機能が追加された Release 5 で最初に採用された。従来のGSMおよびGPRSネットワークもサポートされている。IPマルチメディアサブシステム フレッシュアイペディアより)

  • モバイルアダプタGB

    モバイルアダプタGBから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    cdmaOneの上位互換性を持つ3G方式のCDMA 1X (CDMA2000 1x) やその3.5G方式にあたるCDMA 1X WIN (1x EV-DO Rel.0/Rev.A) でも動作可能。モバイルアダプタGB フレッシュアイペディアより)

  • SoftBank 101F

    SoftBank 101Fから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    ARROWS A 101F(アローズ エース イチマルイチエフ)は、富士通モバイルコミュニケーションズによって開発された、ソフトバンクモバイルの第3世代移動通信システム(SoftBank 3G)端末である。SoftBank スマートフォンシリーズのひとつ。OSはAndroid 4.0を搭載している。SoftBank 101F フレッシュアイペディアより)

  • デジタルフォトフレーム

    デジタルフォトフレームから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    2009年以降、携帯電話キャリアがデジタルフォトフレームと専用の通信サービスを提供している。NTTドコモの「お便りフォトサービス」、ソフトバンクモバイルの「PhotoVision」、au(KDDI・沖縄セルラー電話連合)の「PHOTO-U SP01」がある。これらはデジタルフォトフレームに3G無線通信モジュールを内蔵しており、携帯電話とは別に回線契約が必要となっている。専用のメールアドレスで受信した画像ファイルを表示するなどの仕組み。回線を解約しても通常のデジタルフォトフレームとして使用することは可能である。また、キャリア契約は不要で無線LAN機能を用いた同様のサービスもある。デジタルフォトフレーム フレッシュアイペディアより)

  • D25HW

    D25HWから見た3G第3世代移動通信システム

    本機はWi-Fi機器とイー・モバイルの3G通信網とを中継するモバイルWi-Fiルーター兼モバイルモデムである。この機種はノートパソコン、iPad、iPod touch、ニンテンドーDS、プレイステーション・ポータブルなどのWi-Fi機器を、公衆無線LANの提供されない場所でもインターネットに接続できるようにするために、アクセスポイントとして振る舞う。従来のデータ通信端末のように、USBコネクタやPCカードスロットに接続する必要はなく、端末本体をカバンやポケットに入れたまま使用するスタイルをイー・モバイルは提唱している。D25HW フレッシュアイペディアより)

  • F-01C

    F-01Cから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    docomo PRIME series F-01C(ドコモ プライム シリーズ エフ ゼロ いち シー)は、富士通によって開発された、NTTドコモの第3世代移動通信システム(FOMA)端末である。docomo PRIME seriesの端末。F-01C フレッシュアイペディアより)

232件中 61 - 70件表示

「3.9世代携帯電話」のニューストピックワード