232件中 81 - 90件表示
  • SC-03D

    SC-03Dから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    docomo NEXT series GALAXY S II LTE SC-03D(ドコモ ネクストシリーズ ギャラクシー エス ツー エルティーイー エスシー ゼロサン ディー)は、韓国のサムスン電子(サムスン・テレコミュニケーションズ・ジャパン)によって開発された、NTTドコモの第3.9世代移動通信システム(Xi)と第3世代移動通信システム(FOMA)のデュアルモード端末である。世界モデル「Galaxy S II LTE」の日本モデルとなる。docomo NEXT seriesのひとつ。製品番号はSGH-N034。SC-03D フレッシュアイペディアより)

  • DM013SH

    DM013SHから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    DM013SH(ディーエムゼロイチサンエスエイチ)は、シャープによって開発された、ディズニー・モバイル(Disney Mobile on SoftBank)の第3世代移動通信システム端末である。DM013SH フレッシュアイペディアより)

  • L-02E

    L-02Eから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    docomo with series Optimus LIFE L-02E(ドコモ ウィズ シリーズ オプティマス ライフ エルゼロニイー)は、韓国のLGエレクトロニクスによって開発された、NTTドコモの第3.9世代移動通信システム(Xi)と第3世代移動通信システム(FOMA)のデュアルモード端末である。docomo with seriesのひとつ。L-02E フレッシュアイペディアより)

  • 電子ブックリーダー

    電子ブックリーダーから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    アマゾンのキンドルが最初に3G通信(キャリアはSprint)を介したWispernetによるダウンロード型販売のモデルを構築した。キンドルは国際版が2009年11月に発売され、日本でも利用が可能となった(日本市場においては、NTTドコモとソフトバンクモバイルが回線を提供している)。電子ブックリーダー フレッシュアイペディアより)

  • ソフトバンクプリペイドサービス

    ソフトバンクプリペイドサービスから見た3G第3世代移動通信システム

    なお、2008年3月31日にPDC(2G)サービスの新規受付を停止するのに伴い、2008年2月4日から3Gのプリペイドサービス「プリモバイル」が開始されている。ソフトバンクプリペイドサービス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトバンクプリペイドサービス

    ソフトバンクプリペイドサービスから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    3Gプリペイドサービス「プリモバイル」については同項目を参照のこと。本サービス利用者がMNPを利用する場合についても、同項目に詳述されているため、併せて参照されたい。ソフトバンクプリペイドサービス フレッシュアイペディアより)

  • モバイルWiMAX

    モバイルWiMAXから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システム - 「IMT-2000」のことモバイルWiMAX フレッシュアイペディアより)

  • SoftBank 009Z

    SoftBank 009Zから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    STAR7 SoftBank 009Z(スターセブン ソフトバンク ゼロゼロキュウズィー)はZTEによって開発された、ソフトバンクモバイルの第3世代移動通信システム(SoftBank 3G)端末である。SoftBank スマートフォンシリーズのひとつ。OSはAndroid2.3を搭載している。SoftBank 009Z フレッシュアイペディアより)

  • L-05D

    L-05Dから見た第3世代移動通信システム第3世代移動通信システム

    docomo with series Optimus it L-05D(ドコモ ウィズ シリーズ オプティマス イット エルゼロゴディー)は、韓国のLGエレクトロニクスによって開発された、NTTドコモの第3.9世代移動通信システム(Xi)と第3世代移動通信システム(FOMA)のデュアルモード端末である。docomo with seriesのひとつ。L-05D フレッシュアイペディアより)

  • SoftBank 6-2

    SoftBank 6-2から見た3G第3世代移動通信システム

    2007年12月時点で既に対応端末の製造が終了していたため新規契約・機種変更は事実上不可能(白ロムを所持している場合は可能だった)であった。また、番号ポータビリティでの転入もできない。また、ソフトバンクプリペイドサービス利用者の通常契約への移行もできなくなった。ソフトバンクモバイルはSoftBank 3Gへの移行を利用者に薦めている。新規の基地局設置は行われていないため、3Gでは電波が届くところでも、在来の6-2(PDC)では届かない場合があった。ただし、山形県飛島地区など一部地域では逆に6-2のみ使用でき3Gが使用できないところも存在する。SoftBank 6-2 フレッシュアイペディアより)

232件中 81 - 90件表示

「3.9世代携帯電話」のニューストピックワード