76件中 11 - 20件表示
  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た中国

    中国では2009年1月、3社に3Gの営業免許が与えられて、同年より本格的な運用が開始された。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た総務省

    2014年7月現在、総務省では3.5GHz帯の割当を検討しており、3480?3600MHz部分をTDDバンドで3ブロックに分け、1社あたり40MHz幅ずつ(計120MHz幅分)割り当てることを構想している。このバンドの確保には、衛星通信で使用している周波数帯の巻き取りが必要とされる。巻き取りの範囲が広いため、従来からの割当に倣ったFDDバンドでは上り帯域が確保できず、早期に巻取りに掛れるのが下り帯域相当部分のみとなることから、TDDバンドとしての割り当てを有力候補としていたが、2014年12月に正式に割り当て予定が決まっている。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た衛星通信

    2014年7月現在、総務省では3.5GHz帯の割当を検討しており、3480?3600MHz部分をTDDバンドで3ブロックに分け、1社あたり40MHz幅ずつ(計120MHz幅分)割り当てることを構想している。このバンドの確保には、衛星通信で使用している周波数帯の巻き取りが必要とされる。巻き取りの範囲が広いため、従来からの割当に倣ったFDDバンドでは上り帯域が確保できず、早期に巻取りに掛れるのが下り帯域相当部分のみとなることから、TDDバンドとしての割り当てを有力候補としていたが、2014年12月に正式に割り当て予定が決まっている。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た国際電気通信連合

    第3世代移動通信システム(だいさんせだいいどうつうしんシステム)とは、国際電気通信連合 (ITU) が定める「IMT-2000」 (International Mobile Telecommunication 2000) 規格に準拠した通信システムのこと。ITUは5種類の地上系通信方式と6種類の衛星系通信方式を1999年に勧告した。日本の例では、NTTドコモやソフトバンク、ワイモバイルが採用しているW-CDMA方式(欧州ではUMTS方式と呼ばれる)やKDDI・沖縄セルラー電話連合の「au」が採用しているCDMA2000 1x(CDMA2000 1xRTT、当初はCDMA2000)方式がある。ITUでは、2007年11月現在、世界100か国以上の700を超えるネットワークで8億以上の加入者が存在するとしている。一般的に英語の「3rd Generation」から、「3G(スリージー)」と呼ばれる。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たモスクワ

    首都のモスクワについては、ロシア連邦通信・情報技術・マスコミュニケーション監督局が2009年12月、上記携帯通信3社に3Gの認可を与えたばかりで、2010年年初から3Gサービスが開始される予定。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た2009年

    中国移動通信がTD-SCDMA方式により、2008年に北京オリンピックを控えて、5月から8都市でテストを行ない、2009年から正式営業が行われている。GSM方式も並行して継続する。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たベライゾン・ワイヤレス

    ベライゾン・ワイヤレスは2005年から3GサービスをCDMA2000方式で提供している。カバー地域の地図(英語)。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た中国聯合通信

    中国聯合通信がW-CDMA方式により、2009年5月から55都市(直轄市、副省級市および他の省都など主要都市)で試験営業を行なっていて、10月から本格営業を行なう予定。なお、従来のCDMA方式は切り離した上で中国電信が譲受し、聯通はGSMとUMTSでサービスを展開する。これに、3Gではないが、聯通が吸収合併した中国網通が手がけていた小霊通も聯通が継承している。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た中国網通

    中国聯合通信がW-CDMA方式により、2009年5月から55都市(直轄市、副省級市および他の省都など主要都市)で試験営業を行なっていて、10月から本格営業を行なう予定。なお、従来のCDMA方式は切り離した上で中国電信が譲受し、聯通はGSMとUMTSでサービスを展開する。これに、3Gではないが、聯通が吸収合併した中国網通が手がけていた小霊通も聯通が継承している。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たBBモバイル

    2005年11月9日 : 総務省は携帯電話の新規参入事業者として、1.7GHz帯にBBモバイル及びイー・モバイル、2GHz帯にアイピーモバイルと決定。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

76件中 11 - 20件表示