73件中 21 - 30件表示
  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たベライゾン・ワイヤレス

    ベライゾン・ワイヤレスは2005年から3GサービスをCDMA2000方式で提供している。カバー地域の地図(英語)。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た中国聯合通信

    中国聯合通信がW-CDMA方式により、2009年5月から55都市(省都および深圳、大連など主要都市)で試験営業を行なっていて、10月から本格営業を行なう予定。なお、従来のCDMA方式は切り離した上で中国電信が譲受し、聯通はGSMとUMTSでサービスを展開する。これに、3Gではないが、聯通が吸収合併した中国網通が手がけていた小霊通も聯通が継承している。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た中国網通

    中国聯合通信がW-CDMA方式により、2009年5月から55都市(省都および深圳、大連など主要都市)で試験営業を行なっていて、10月から本格営業を行なう予定。なお、従来のCDMA方式は切り離した上で中国電信が譲受し、聯通はGSMとUMTSでサービスを展開する。これに、3Gではないが、聯通が吸収合併した中国網通が手がけていた小霊通も聯通が継承している。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た中国電信

    中国電信は中国聯通から引き受けたCDMA方式を3GとしたCDMA2000により、4月から営業を始めている。2009年内に500都市で営業を始める予定。加えて、従前からの小霊通サービスは従前どおり、電信が続けることになった。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たモルガン・スタンレー

    日本では、2001年にNTTドコモが世界に先駆けて3G (W-CDMA) の商用サービスを開始し、翌年にはKDDIグループとJ-PHONE(現ソフトバンクモバイル)が続いた。モルガン・スタンレーが発表した調査報告によると、2008年現在、域内の3G普及率は84%と高い水準となっている。同調査報告によると、次いで普及率が高いのは北米地域の29%と欧州の25%となっている。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たT-Mobile USA

    AWSは、T-Mobile USAがW-CDMAで、AT&Tモビリティが3.9GのLTEでそれぞれ利用している。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たT-モバイル

    T-モバイルは2008年から3GサービスをW-CDMA方式(バンド4、AWS)で提供している。カバー地域の地図(英語)。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たCingular

    AT&Tモビリティ(Cingularを含む)は2005年から3Gサービスを、W-CDMA方式(1900MHz帯のバンド2、850MHz帯のバンド5)で提供している。カバー地域の地図 (英語)。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たCDMA2000

    第3世代移動通信システム(だいさんせだいいどうつうしんシステム)とは、国際電気通信連合 (ITU) が定める「IMT-2000」 (International Mobile Telecommunication 2000) 規格に準拠した通信システムのこと。ITUは5種類の地上系通信方式と6種類の衛星系通信方式を1999年に勧告した。日本の例では、NTTドコモやソフトバンクモバイル、イー・アクセス(イー・モバイル)が採用しているW-CDMA方式(欧州ではUMTS方式と呼ばれる)やKDDI・沖縄セルラー電話連合 (au) が採用しているCDMA2000 1x(当初はCDMA2000)方式がある。ITUでは、2007年11月現在、世界100か国以上の700を超えるネットワークで8億以上の加入者が存在するとしている。一般的に英語の「3rd Generation」から、「3G(スリージー)」と呼ばれるが、国内では、和製英語で、「さんジー」と呼ぶこともある。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たCDMA2000 1x

    第3世代移動通信システム(だいさんせだいいどうつうしんシステム)とは、国際電気通信連合 (ITU) が定める「IMT-2000」 (International Mobile Telecommunication 2000) 規格に準拠した通信システムのこと。ITUは5種類の地上系通信方式と6種類の衛星系通信方式を1999年に勧告した。日本の例では、NTTドコモやソフトバンクモバイル、イー・アクセス(イー・モバイル)が採用しているW-CDMA方式(欧州ではUMTS方式と呼ばれる)やKDDI・沖縄セルラー電話連合 (au) が採用しているCDMA2000 1x(当初はCDMA2000)方式がある。ITUでは、2007年11月現在、世界100か国以上の700を超えるネットワークで8億以上の加入者が存在するとしている。一般的に英語の「3rd Generation」から、「3G(スリージー)」と呼ばれるが、国内では、和製英語で、「さんジー」と呼ぶこともある。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

73件中 21 - 30件表示

「3.9世代携帯電話」のニューストピックワード