73件中 31 - 40件表示
  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た第2世代移動通信システム

    なお、KDDI/沖縄セルラー電話(au電話)の3G方式であるCDMA 1X、CDMA2000 1x EV-DO Rel.0は2012年7月22日まで第2世代移動通信システム向けの周波数帯(旧800MHz帯、Band Class3)と並行利用していた。現在は3G向けに再編された下記の周波数帯によりサービスを展開している。かつて利用されていた旧800MHz帯および旧1.5GHz帯については、第2世代移動通信システムを参照のこと。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たCDMA 1X

    なお、KDDI/沖縄セルラー電話(au電話)の3G方式であるCDMA 1X、CDMA2000 1x EV-DO Rel.0は2012年7月22日まで第2世代移動通信システム向けの周波数帯(旧800MHz帯、Band Class3)と並行利用していた。現在は3G向けに再編された下記の周波数帯によりサービスを展開している。かつて利用されていた旧800MHz帯および旧1.5GHz帯については、第2世代移動通信システムを参照のこと。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た省都

    中国聯合通信がW-CDMA方式により、2009年5月から55都市(省都および深圳、大連など主要都市)で試験営業を行なっていて、10月から本格営業を行なう予定。なお、従来のCDMA方式は切り離した上で中国電信が譲受し、聯通はGSMとUMTSでサービスを展開する。これに、3Gではないが、聯通が吸収合併した中国網通が手がけていた小霊通も聯通が継承している。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たメガフォン

    メガフォン (MegaFon) 社は連邦マスコミ・通信・知的財産保護監督庁(ロススビャジオフランクリトゥラ)から認可を得て、サンクトペテルブルク市でW-CDMA規格の3Gサービス(データサービスのみ)を2007年10月に商用運用開始した。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た北京オリンピック

    中国移動通信がTD-SCDMA方式により、2008年に北京オリンピックを控えて、5月から8都市でテストを行ない、2009年から正式営業が行われている。GSM方式も並行して継続する。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た欧州連合

    ロシアは、第2世代はGSM規格で第3世代はW-CDMA規格をおもに使っているEU諸国に近く人的な交流も多いこともあり、三大携帯電話サービス会社であるモバイル・テレシステムズ、ヴィンペル・コム(提供サービス名称はビーライン)、メガフォンはこれらの規格を使っている。しかし、まだ全国サービスに達していないデルタ・テレコムがCDMA2000規格を使っている。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た900MHz帯

    2012年7月25日 : ソフトバンクモバイルが新たに獲得した900MHz帯の一部を利用して、W-CDMA方式のSoftBank 3G及び、HSDPA通信方式の3Gハイスピードサービスを開始。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た英語

    第3世代移動通信システム(だいさんせだいいどうつうしんシステム)とは、国際電気通信連合 (ITU) が定める「IMT-2000」 (International Mobile Telecommunication 2000) 規格に準拠した通信システムのこと。ITUは5種類の地上系通信方式と6種類の衛星系通信方式を1999年に勧告した。日本の例では、NTTドコモやソフトバンクモバイル、イー・アクセス(イー・モバイル)が採用しているW-CDMA方式(欧州ではUMTS方式と呼ばれる)やKDDI・沖縄セルラー電話連合 (au) が採用しているCDMA2000 1x(当初はCDMA2000)方式がある。ITUでは、2007年11月現在、世界100か国以上の700を超えるネットワークで8億以上の加入者が存在するとしている。一般的に英語の「3rd Generation」から、「3G(スリージー)」と呼ばれるが、国内では、和製英語で、「さんジー」と呼ぶこともある。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たカルムイク共和国

    ヴィンペル・コム (VimpelCom) 社がビーライン (BeeLine) のW-CDMA規格の3Gサービスを2009年12月にカルムイク共和国の首都エリスタ市で開始し、2010年末までに共和国全体へ普及を目指す。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たFOMA

    2001年5月 : NTTドコモがFOMA(W-CDMA方式)での試験サービスを開始。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

73件中 31 - 40件表示

「3.9世代携帯電話」のニューストピックワード