73件中 41 - 50件表示
  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たビット毎秒

    IMT-2000規格として1999年に勧告された地上系無線方式にはIMT-DS、IMT-MC、IMT-TC、IMT-SC、IMT-FTの5つがあり、通信速度として144kbps(高速移動時)、384kbps(低速移動時)、2Mbps(静止時)が規定された。その後2007年には、IEEE 802.16eの派生型であるOFDMA TDD WMANが追加された。(各方式の詳細については下表を参照)第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たテレビ電話

    ITUにおける第3世代移動通信システム標準化の検討は1985年に開始された。当初は「FPLMTS」(Future Public Land Mobile Telecommunication Systems) と呼ばれたが、後に高速なデータ通信、テレビ電話などのマルチメディアサービスの利用が可能となるよう、「新バンド(2000MHz帯)」の運用で「2000kbpsのデータ転送速度(静止時)」を「2000年に商用化」するという願いを込めて「IMT-2000」と改称された。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たTD-CDMA

    中国移動通信がTD-SCDMA方式により、2008年に北京オリンピックを控えて、5月から8都市でテストを行ない、2009年から正式営業が行われている。GSM方式も並行して継続する。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た800MHz帯

    なお、KDDI/沖縄セルラー電話(au電話)の3G方式であるCDMA 1X、CDMA2000 1x EV-DO Rel.0は2012年7月22日まで第2世代移動通信システム向けの周波数帯(旧800MHz帯、Band Class3)と並行利用していた。現在は3G向けに再編された下記の周波数帯によりサービスを展開している。かつて利用されていた旧800MHz帯および旧1.5GHz帯については、第2世代移動通信システムを参照のこと。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たSoftBank 6-2

    2011年5月末時点で、1億2千万契約を越える携帯電話の契約中、1億1600万件あまりと、全契約の96%が第3世代(第3.5世代を含む)となっている。特に、SoftBank 6-2(PDC方式)を2010年3月末で終了させたソフトバンクモバイルと、2007年に新規参入したイー・モバイルは、全契約が第3世代となっている。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たサンクトペテルブルク

    メガフォン (MegaFon) 社は連邦マスコミ・通信・知的財産保護監督庁(ロススビャジオフランクリトゥラ)から認可を得て、サンクトペテルブルク市でW-CDMA規格の3Gサービス(データサービスのみ)を2007年10月に商用運用開始した。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たSoftBank 3G

    2002年12月20日 : ボーダフォン(現ソフトバンクモバイル)がVodafone Global Standard(現在はSoftBank 3G)(W-CDMA方式)でのサービスを開始。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た第4世代移動通信システム

    IMT-Advanced : 第4世代移動通信システムの国際規格案第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たLTE

    なお、AWSはW-CDMAとLTEのバンド4(帯域拡張したものがバンド10に規定されており、バンド4が包括されている)、CDMA2000のBand Class15にて規定されている。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たGSM

    ロシアは、第2世代はGSM規格で第3世代はW-CDMA規格をおもに使っているEU諸国に近く人的な交流も多いこともあり、三大携帯電話サービス会社であるモバイル・テレシステムズ、ヴィンペル・コム(提供サービス名称はビーライン)、メガフォンはこれらの規格を使っている。しかし、まだ全国サービスに達していないデルタ・テレコムがCDMA2000規格を使っている。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

73件中 41 - 50件表示

「3.9世代携帯電話」のニューストピックワード