76件中 51 - 60件表示
  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たSoftBank 3G

    2002年12月20日 : ボーダフォン(現ソフトバンクモバイル)がVodafone Global Standard(現在はSoftBank 3G)(W-CDMA方式)でのサービスを開始。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た第4世代移動通信システム

    IMT-Advanced : 第4世代移動通信システムの国際規格案第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たGSM

    ロシアは、第2世代はGSM規格で第3世代はW-CDMA規格をおもに使っているEU諸国に近く人的な交流も多いこともあり、三大携帯電話サービス会社であるモバイル・テレシステムズ、ヴィンペル・コム(提供サービス名称はビーライン)、メガフォンはこれらの規格を使っている。しかし、まだ全国サービスに達していないデルタ・テレコムがCDMA2000規格を使っている。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見た副省級市

    中国聯合通信がW-CDMA方式により、2009年5月から55都市(直轄市、副省級市および他の省都など主要都市)で試験営業を行なっていて、10月から本格営業を行なう予定。なお、従来のCDMA方式は切り離した上で中国電信が譲受し、聯通はGSMとUMTSでサービスを展開する。これに、3Gではないが、聯通が吸収合併した中国網通が手がけていた小霊通も聯通が継承している。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たFOMAハイスピード

    2006年8月31日 : NTTドコモがHSDPA商用サービス開始。FOMAハイスピードを参照のこと。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たエリスタ

    ヴィンペル・コム (VimpelCom) 社がビーライン (BeeLine) のW-CDMA規格の3Gサービスを2009年12月にカルムイク共和国の首都エリスタ市で開始し、2010年末までに共和国全体へ普及を目指す。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たウリヤノフスク

    モバイル・テレシステムス(Mobile TeleSystems、略称 : MTS)社はウリヤノフスク市の中心部で2009年12月にW-CDMA規格の3Gのサービスを開始して、2010年末までに全市へ拡大する。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たPDC

    2011年5月末時点で、1億2千万契約を越える携帯電話の契約中、1億1600万件あまりと、全契約の96%が第3世代(第3.5世代を含む)となっている。特に、SoftBank 6-2(PDC方式)を2010年3月末で終了させたソフトバンクモバイルと、2007年に新規参入したイー・モバイルは、全契約が第3世代となっている。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たCDMA 1X WIN

    2003年11月28日 : au(KDDI/沖縄セルラー電話)が上位サービスとして、CDMA 1X WIN (1X EV-DO Rel.0、現・au 3G) を開始。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たローミング

    第2世代 (2G) では互換性のない方式の移動通信システムが各国、各地域別に展開されていたため、第3世代では世界的にローミングが可能となるように統一規格の策定を目指したが、結局は地上系5種類の方式を包括的に含む内容となった。新技術にかかわる特許問題が浮上したことや、インフラと技術の両面で既存2G資産の活用を強く意識した3G方式の提案が各方面から出されたことが背景にある。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

76件中 51 - 60件表示