1426件中 11 - 20件表示
  • 臨時的採用教員

    臨時的採用教員から見た都道府県都道府県

    任用期間があるがゆえに身分保障が薄く、長く続けていても期間が終了するごとに退職金の算定基礎となる勤続年数がリセットされてしまう等の不利益が指摘されている。一方、臨時教員の経験が一定期間あることを条件に、正規の教員採用試験の年齢制限を撤廃してハードルを下げている都道府県や政令指定都市の教育委員会もある。臨時的採用教員 フレッシュアイペディアより)

  • 市民の森

    市民の森から見た都道府県都道府県

    市民の森(しみんのもり)とは、日本の各都道府県や市町村により設けられた都市計画緑地の一つ。運営・活用方法については、各地方自治体ごとに異なり、それぞれ条例が定められ、指定・管理・運営が行われているもので、市町村民をはじめとする市民のための健康促進機能、レクレーション機能、自然環境の学習機能、防災機能、景観機能など様々な役割を持っている。市民の森 フレッシュアイペディアより)

  • 出納長

    出納長から見た都道府県都道府県

    出納長(すいとうちょう)は、改正地方自治法の施行に伴い2007年3月31日限りで廃止された、都道府県の会計事務をつかさどる特別職の地方公務員である。市町村でこれに相当する職は収入役という。出納長 フレッシュアイペディアより)

  • 宝くじ

    宝くじから見た都道府県都道府県

    発売元・販売地域などによって、以下のような分類がある。なお、発売元が記載されていないものは、販売地域内の全都道府県・政令指定都市が発売元である。サマージャンボ宝くじ(市町村振興が目的のため、政令指定都市は発売元とならない)など、一部例外がある。宝くじ フレッシュアイペディアより)

  • 高校受験

    高校受験から見た都道府県都道府県

    2003年の統計では中学校卒業者の97.3%が高等学校・特別支援学校高等部・専修学校高等課程(高等専修学校)等の後期中等教育を実施する教育機関や、高等専門学校に進学している。このうち通信制への進学者を除いた、中学校卒業者に対する割合は96.1%である。都道府県別での最高は石川県で98.6%、次点は富山県で98.5%、最低は沖縄県で94.9%である。高校受験 フレッシュアイペディアより)

  • 河川法

    河川法から見た都道府県都道府県

    河川法の制定以前における河川関連の法制度は、1871年(明治5年)に大蔵省によって施行された「河港道路修築規則」がある。日本最初の河川法は、1896年(明治29年)4月に制定された。この法律は河川管理者を原則として都道府県とし、必要に応じて国が工事を実施する体勢を定めた。当時相次いで起こっていた水害の防止に重点をおいたもので、以後日本の大河川の改修はこの河川法の下で実施された。当時森林法・砂防法と合わせ『治水三法』と呼ばれた。河川法 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の警察官

    日本の警察官から見た都道府県都道府県

    都道府県警察の警察官は、原則として当該都道府県警察の管轄区域内において職権を行うが、現行犯逮捕についてはいかなる地域においても職権を行使できる(警察法第64、同65条)。日本の警察官 フレッシュアイペディアより)

  • 教員養成機関

    教員養成機関から見た都道府県都道府県

    ただし、結果として従来の師範学校組織も、師範学校自体が教員養成を主眼としない形で、大学の学芸学部ないし教育学部に改組される形で温存されることとなり(なお、その後1966年前後に学芸学部はほぼ一律に教育学部に名称変更している)、かつ教員養成において中核的存在とされたため、戦前のように各都道府県に1校置かれる形となったばかりでなく、教員養成を含めた教育における中枢的機能を師範学校時代から引き継ぐこととなった。現在でも、地域の教員養成を実質的な目的としている大学、すなわち教員養成系教育学部(教員養成学部)のみの単科大学は、教員養成大学と呼ばれ、各都道府県の小学校・中学校を中心に、地元の国立大学の教育学部卒業者の組織が見られることが多い。教員養成機関 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の消防

    日本の消防から見た都道府県都道府県

    また、火災や救急・救助の通報を受信し、各隊へ出動指令を出す通信指令業務も警防の一分野である。管轄区域内からの通報は、一旦、消防本部に設置されている指令室で受信し、発生場所に応じて所管の消防署、消防団、町村役場(消防団の役場分団)へ出動指令を発することとなるのが、一般的である。1990年代末期からは、高機能の指令システムが開発・導入され、固定電話から通報を受ければ、その通報元が瞬時に指令システムのモニタ画面の地図上に表示されるようになっている場合もある。1990年代後期以降、携帯電話での通報が増えたが、管轄本部の通信指令室が直接受信するのではなく、都道府県内の主要(主に県都所在地の)消防本部に一度つながり、転送されることとされていたため、余分な時間がかかっていた。しかし、2005年度中からは全国的に、携帯電話からの通報を所管の消防本部が直接受信できる体制が整備された。ただし、携帯電話無線の感知状況によっては、県境付近で他県の通信指令室につながることもあるため、迅速性と場所の確認の面から固定電話での通報の方が有利であると言える。2007年春以降発売の携帯電話は原則GPS装備となり、位置特定に活用される。日本の消防 フレッシュアイペディアより)

  • 国家地方警察

    国家地方警察から見た都道府県都道府県

    自治体警察を設置しない小規模な町村(人口5,000人未満の町村)を対象に、都道府県公安委員会が地区警察署等を運営管理し、国および都道府県が維持した。1951年に旧警察法が一部改正されたことから、人口5,000人以上の町村で、自治体警察の廃止が相次ぎ、現行警察法制定前は、人口5,000人以上の町村の一部も管轄する広域組織になっていた。国家地方警察 フレッシュアイペディアより)

1426件中 11 - 20件表示

「47都道府県のできごと」のニューストピックワード