1426件中 31 - 40件表示
  • 四日市ぜんそく

    四日市ぜんそくから見た都道府県都道府県

    日本社会党と、地元の塩浜地区を中心とする四日市市民の応援と四日市市の保守層(山手満男)の支持を得た農林官僚の田中覚が知事に当選して、三重県に日本初(全国の都道府県で初期ともされる)革新自治体が誕生する。田中覚の出身地の塩浜地区は工業化による四日市コンビナート企業の社宅設立で人口が増加して塩浜地区(塩浜駅周辺の南部)と三浜地区(海山道駅周辺の北部)の2地区(小学校区)に分裂して、塩浜地区は工業化によって地区が発展すると塩浜地区民は期待していた。三重県は自由民主党と日本社会党が共に田中覚を支えるオール与党体制となる。1959年の四日市市長選挙で日本社会党と四日市北部(富田地区・富洲原地区を地盤とする)保守層の支持を得た平田佐矩が四日市市長に当選をする。四日市ぜんそく フレッシュアイペディアより)

  • 参議院

    参議院から見た都道府県都道府県

    この総定数は衆議院480の約半分に過ぎず、1回の通常選挙で改選されるのは半数のみである。その121のうち、都道府県単位の選挙区に割り振られるのは比例代表分48を差し引いて73だけとなるため、いわゆる一票の格差が全国47選挙区の間で大きくなりやすい。この問題についてたびたび訴訟が起こされ、幾度か違憲または違憲状態とする判決が出ている。何度か定数配分の是正が行われてきたが抜本的な解決には至っていない。この解決策として、例えば、議員定数増加、複数の選挙区を合区する案、さらに、地方ブロック単位の中選挙区制案などの参議院改革論も検討されているが、議員報酬増加批判や各議員の事情や政党間の利害の対立もあって進展していない。また、アメリカ合衆国上院のように、参議院においては各都道府県民の意思を反映させるために、各州(各都道府県)へ1回の改選ごとに1人選挙区選出する案もある。なお、これらの案には参議院不要論に対抗するための衆議院との差別化も意図されている。参議院 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県労働局

    都道府県労働局から見た都道府県都道府県

    都道府県労働局(とどうふけんろうどうきょく)は、厚生労働省の地方支分部局の一つであり、全都道府県の地にそれぞれ設置されている。「都道府県労働局」という名称は法律上の総称であり、個別には「東京労働局」のように「都道府県の地名部分+労働局」が正式名称(ただし、北海道は「北海道労働局」)となっている。「都道府県労働局」という冠付きの総称のため都道府県(地方自治体)の機関であると誤解されることもあるが、あくまで国の出先機関であり、所属職員は国家公務員となっている。都道府県労働局 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県章

    都道府県章から見た都道府県都道府県

    都道府県章(とどうふけんしょう)は、都道府県を象徴する紋章。自治体により徽章(きしょう)と呼ぶこともある。都道府県章 フレッシュアイペディアより)

  • 巡査

    巡査から見た都道府県都道府県

    巡査(じゅんさ、)は、警察官の階級の一。日本の警察組織の中では最下位で都道府県採用試験に合格した者は学歴に関係なく最初は皆この階級である。巡査 フレッシュアイペディアより)

  • 機関委任事務

    機関委任事務から見た都道府県都道府県

    明治憲法下において機関委任事務は、市町村の執行機関のみに適用されていたが、戦後改革により都道府県が「完全自治体化」されるにあたり、従前の地方官庁としての知事の権限が公選知事や教育委員会等への機関委任事務として位置づけ直された。以後、福祉国家としての日本の歩みと共に機関委任事務の範囲は拡大を続け、特に都道府県の事務の相当部分を占めるに至っていた。機関委任事務 フレッシュアイペディアより)

  • 警察庁広域重要指定事件

    警察庁広域重要指定事件から見た都道府県都道府県

    同一犯による犯行と思われる事件が複数の都道府県で起きた場合、あるいは犯行件数が1件でも、捜査の過程で他の管轄の警察組織に協力を要請した場合が指定の対象となり、警察庁が決定をする。そのため、複数の都道府県で事件が発生していなくても、指定される事件も稀に存在する。が、基本的に、犯行件数が複数でも、一都道府県内に留まると見込まれる事件(例:大久保清連続殺人事件や佐賀女性7人連続殺人事件、広島タクシー運転手連続殺人事件等)であれば、指定の対象とはならない。警察庁広域重要指定事件 フレッシュアイペディアより)

  • 職業能力開発総合大学校

    職業能力開発総合大学校から見た都道府県都道府県

    本大学校の長期課程(学部に相当)の卒業者には、同機構への申請により同機構長名で学士 (工学)の学位が授与されるが、同時に、都道府県への申請により都道府県知事名で職業訓練指導員免許が交付される日本で唯一の教育訓練機関である。そのため、卒業に必要な単位は178単位(一般の大学は124単位以上)と多い。職業能力開発総合大学校 フレッシュアイペディアより)

  • 推進事業

    推進事業から見た都道府県都道府県

    フリーター対策で各都道府県でのインターンシップ推進事業、推進事業 フレッシュアイペディアより)

  • 特別管理産業廃棄物管理責任者

    特別管理産業廃棄物管理責任者から見た都道府県都道府県

    特別管理産業廃棄物管理責任者の資格要件では、前述のように原則として医師等の国家資格、または学歴・一定年数以上の実務経験が必要とされるが、これらに該当しない者であっても財団法人日本産業廃棄物処理振興センターが実施する講習会に参加(受講)し、その修了試験に合格すれば、特別管理産業廃棄物管理責任者になるための資格を有する者として都道府県・政令指定都市によって、「感染性産業廃棄物を生じる事業場」では同項目の3の部分、また、「感染性産業廃棄物以外の特別管理産業廃棄物を生じる事業場」では、同項目の9の部分の「同等以上の知識を有する者」として認められる。特別管理産業廃棄物管理責任者 フレッシュアイペディアより)

1426件中 31 - 40件表示

「47都道府県のできごと」のニューストピックワード