1426件中 61 - 70件表示
  • 漁業調整委員会

    漁業調整委員会から見た都道府県都道府県

    漁業調整委員会(ぎょぎょうちょうせい いいんかい)は、漁業に関する事項の処理にあたる行政委員会である。国や都道府県が置く。漁業調整委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 選挙管理委員会

    選挙管理委員会から見た都道府県都道府県

    以下では、日本の都道府県・市区町村(区は東京都特別区と政令指定都市における行政区をすべて含む)に設置される選挙管理委員会と、総務省に設置される中央選挙管理会について説明する。選挙管理委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 中央卸売市場

    中央卸売市場から見た都道府県都道府県

    一方、同法に基いて、地方すなわち都道府県知事(都道府県)が認可・監督をするものは「地方卸売市場」という。中央卸売市場 フレッシュアイペディアより)

  • 警報

    警報から見た都道府県都道府県

    指定河川洪水警報-気象業務法第14条の2及び水防法第10条、第11条により当該河川を管理する機関(国、都道府県)と気象庁が共同発表。警報 フレッシュアイペディアより)

  • ジョブカフェ

    ジョブカフェから見た都道府県都道府県

    ジョブカフェは、各都道府県が所管する、若年者の能力向上・就職促進を目的に、職場体験や職業紹介等、雇用に関連したサービスを提供する支援施設。「若年者就業(または就職)支援センター」とも言う。厚生労働省、経済産業省による支援も行われている。但し、ここでは一部都道府県で中高年者の能力向上・就職促進を目的に、職場体験や職業紹介等、雇用に関連したサービスを提供する「中高年者就業(または就職)支援センター」、いわゆるジョブサロンについても記述する。ジョブカフェ フレッシュアイペディアより)

  • 警備業務検定

    警備業務検定から見た都道府県都道府県

    検定資格の取得に関しては都道府県公安委員会の実施する学科および実技の試験を受験し、合格して合格証明書(=資格証)を取得する「直接検定」(「直検」と略称されることもある)と呼ばれる方法と、国家公安委員会の登録を受けた者が行う講習会(略称、特別講習)がある、特別講習は一般社団法人警備員特別講習事業センター(「空港保安警備」のみ有限会社航空保安警備教育システム)の実施するを受講し、修了考査に合格して修了証書を交付されることによって学科および実技試験が免除され、都道府県公安委員会への申請(書類審査)のみで合格証明書を取得する方法の2種類がある。特別講習の場合、(事実上)現役の警備員のみを対象とし警備会社を通しての申し込みのみを受け付ける講習(各都道府県警備業協会が開催)と「警備員になろうとする者の講習」を受講するという取得方法がある(「警備員になろうとする者の講習」のほうが、現役の警備員を対象とした特別講習よりも日程や講習時間が長い)。また2級の各都道府県警備業協会が開催する特別講習を受講するには前提条件として警備業法で定められた基本教育15時間以上、業務別教育15時間以上の新任教育を受講している事が必要である。しかし、「警備員になろうとする者の講習」では新任教育を受けている必要は特にない(警備員である必要はない)。「直接検定」の場合はこれらのような制限はなく、誰でも受験することができるが、試験の性質上警備業務の実務経験や関連法規等の知識の無い者が独学で合格することは非常に難しい。警備業務検定 フレッシュアイペディアより)

  • 農林水産省直轄ダム

    農林水産省直轄ダムから見た都道府県都道府県

    冒頭に記した通り土地改良法に基づいて施工される国営土地改良事業、または国営かんがい排水事業における水源として建設され、一級河川・二級河川の区別無く建設される。完成後は農林水産省が直轄でそのまま管理することは少なく、土地改良事業が完了した際に大抵は所在地域の土地改良区へ委託管理される。また、河川管理者(国土交通省、都道府県知事)が行う河川総合開発事業と共同で施工する場合、治水目的を持つことから農林水産省が施工・管理を行うことは1989年(平成元年)7月1日通達(後述)で不可能となったため、施工中より共同事業者として事業主体が河川管理者へ移管される。通達発令以前は完成後に移管されていた。ただし治水目的がない多目的ダムについては直轄ダムでも存在し、地域の水がめとして上水道や工業用水道の供給、または水力発電を行うダムもある。農林水産省直轄ダム フレッシュアイペディアより)

  • 監査委員

    監査委員から見た都道府県都道府県

    都道府県・政令で定める市(人口25万以上の市) - 4人(議員は、2?1人)監査委員 フレッシュアイペディアより)

  • 増田寛也

    増田寛也から見た都道府県都道府県

    増田は県政を企業経営に見立て、県庁を「県庁株式会社」呼ぶなど、政策に効率を持ち込んだ。相互依存=相互友愛としての公共空間「地方」というこれまでの理念を排し、サービス会社=県庁と、顧客=県民という二項対立図式に基づく地方自治理念の改革論者として知られる。しかし、構想のほとんどは実行されず、単なる掛け声に過ぎなかった(岩手日報特集「検証増田県政」)。増田寛也 フレッシュアイペディアより)

  • ローカル局

    ローカル局から見た都道府県都道府県

    日本では旧郵政省(現総務省)によって放送局の放送エリアを基本的に都道府県内に限ることにしそのエリア内にある全ての世帯で視聴できることを義務化している。但し、都市圏(地域圏)が都府県境を越えている場合、県ごとの単位では経済的に成り立たない場合、県の面積が大き過ぎたり小さ過ぎたりする場合などについて、例外的に都府県境を越えた放送を認めている。ローカル局 フレッシュアイペディアより)

1426件中 61 - 70件表示

「47都道府県のできごと」のニューストピックワード

  • 紫雲荘活用プロジェクト展〜めざせ! 赤塚不二夫 マンガ家のたまごを応援します〜

  • 中津川街中バーガー

  • マッピングパーティー