293件中 31 - 40件表示
  • 都道府県

    都道府県から見た五島列島

    対馬、壱岐、平戸島、五島列島 - 長崎県都道府県 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県

    都道府県から見た京都市

    1889年(明治22年)に市制が始まるが、市を代表するのは市会であり、現在のように市長ではなかった。ただし、「県」下の市には「市会推薦市長」が存在したのに対し、「府」下の市(東京市・京都市・大阪市)には市長は存在せず、府知事がその役を兼務した(市制特例参照)。これら3市では、1898年(明治31年)10月になって初めて市長が生まれた。都道府県 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県

    都道府県から見た金沢市

    石川県のように、金沢から美川(現白山市)へ県庁が移った際に、「都市名」を取った「金沢県」の名称を改めて、「郡名」から「石川県」とした所もある(のちに金沢へ再移転したが県名は石川県のまま)。都道府県 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県

    都道府県から見た地方債

    都道府県には、議決機関として議会(都道府県議会)、執行機関として知事(知事部局)を置く。そのほか、公安委員会(都道府県公安委員会)と警察本部、教育委員会、選挙管理委員会、監査委員などの委員会および委員とその事務部局を置く。都道府県は自治権を持ち、条例・規則を制定し、地方税・負担金などを賦課・徴収し、地方債を起こす権能を有する。都道府県 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県

    都道府県から見た九州

    九州の県は全て、「都市名」が県名にされている(ただし、佐賀、大分、宮崎、鹿児島は郡名も同じ)。また、山陰・山陽・四国の9県のうち、「朝敵藩」とされた3藩のうち高松藩・松江藩の属した2県は、それぞれ「郡名」を取って香川県・島根県とされた(ただし、松山藩の属した県は古事記由来の愛比売から愛媛県となっている)が、それ以外の6県は、「都市名」が県名にされている。都道府県 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県

    都道府県から見た水戸市

    「朝敵藩」・「曖昧藩」とされた所は、城下町が所属する「郡」が、県名とされた所が多い。例えば、高松(高松藩)は香川郡から香川県、姫路(姫路藩)は飾磨郡から飾磨県、名古屋(尾張藩)は愛知郡から愛知県、水戸(水戸藩)は茨城郡から茨城県、仙台(仙台藩)は宮城郡から宮城県、盛岡(盛岡藩)は岩手郡から岩手県、となっている。都道府県 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県

    都道府県から見た丹波国

    五畿七道(五畿八道)のうち畿内・山陰道・山陽道・南海道に跨り(47都道府県中最多)、令制国では摂津国・丹波国・但馬国・播磨国・美作国・備前国・淡路国の7ヶ国に跨り(北海道の11ヶ国に次ぐ)、それぞれ異なる歴史や風土を持っているために分離論がある。7つの国境、6つの共和国、5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字、1つの国家と形容された「ユーゴスラビア」になぞらえた都道府県 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県

    都道府県から見た官僚

    廃藩置県後、県の長官は「知県事」から「県令」と改称され、京都府・東京府・大阪府など府の長官は「知府事」から「知事」と改称された。1886年(明治19年)以後は、両者とも「知事」と呼ばれた。府知事や県令(県知事)は、内務省から派遣される官僚であった。一方で、1878年(明治11年)に制定された地方三新法の1つである府県会規則(北海道には適用されなかった)によって府県会が置かれることになり、地方自治の主体としての性格も併せ持った。都道府県 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県

    都道府県から見た国土交通省

    人口・人口密度は2015年(平成27年)国勢調査、面積は2014年(平成26年)時点での国土交通省国土地理院が公表した「平成26年全国都道府県市区町村別面積調査」による、いずれも北方領土は除く。都道府県 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県

    都道府県から見た嶺南

    2006年(平成18年)3月上旬に、嶺南(若狭地方)に当たる敦賀市や小浜市の市長が「(もし道州制が敷かれる際に、)嶺北(越前地方)が北陸州へ入るなら、嶺北とは縁を切っても近畿州へ入る」と発言し、嶺南の福井県からの脱退を示唆している。都道府県 フレッシュアイペディアより)

293件中 31 - 40件表示

「47都道府県のできごと」のニューストピックワード