147件中 51 - 60件表示
  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たZepp

    5月20日 - 6月30日、全国の『Zepp』及び東名阪のホールを会場とするワンマンツアー、【Revolutionary Tour 2010】を開催。9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たZepp Sendai

    12月17日、『Zepp Sendai』にて、ライブイベント【エレキレンタル弐】に出演。9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たNavigator

    使用機材は、メインにオリジナル・モデルのESP Bricoleurが2本(ブラックが命ノゼンマイ大巡業から使用、ゴールドトップがMovement Moment Tour 2011の終盤から使用)。サブにNavigatorのN-LP-CTM(代々木公園フリーライブから使用)。主にN-LP-CTMはドロップDチューニングの曲の際に使用される。以前はギブソンのレスポールスペシャル(学生時代から愛用)や、SNAPPERを使用していた。SNAPPERを使用していた頃PAに滝と同じSNAPPER同士でわかりにくいと指摘されたため、徐々にライブでレスポールタイプのギターを使用するようになった。999(アットブドウカン)でMETALLICAのカバー曲「Motorbreath」の演奏時にはESPのTRUCKSTERを使用した。9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たZepp Sapporo

    3月16日、『Zepp Sapporo』にて、ライブイベント【夢チカLIVE SP in Zepp Sapporo】に出演。9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たZepp Osaka

    12月25日 - 26日・28日・29日、『Zepp Nagoya』と『Zepp Osaka』と『Zepp Tokyo』にて、RADWIMPS主催のライブツアー【RADWIMPS TOUR 2006 "ソナタと行く冬のツアー"】に出演。9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たディマジオ

    滝の使用するシグネチュア・モデルのSUFFERは、見た目はラージヘッドのSNAPPERだが、演奏性よりも耐久性を重視しており、滝の激しい演奏に耐えられるように内部構造から外装まで全面的に強化されていて並大抵のことで壊れることはない。その他のこだわりとしては、初期のSNAPPERより搭載しているディマジオ製のハムバッカーピックアップのToneZoneが特徴である。9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たZepp Fukuoka

    6月12日 - 13日・19日・26日・28日・7月8日、『Zepp Osaka』と『Zepp Nagoya』と『Zepp Fukuoka』と『Zepp Sendai』と『Zepp Sapporo』と『Zepp Tokyo』にて、THE BACK HORNとの対バンツアー【大惨事目眩大戦】を開催。9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たマーシャル (アンプ)

    Marshall Vintage Modern 24669mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見た日本武道館

    SUFFERは複数所持しており、市販のシグネチュアモデルと同様の家具フィニッシュボディーにテストモデルで使用していたローズウッド指板(SUFFERロゴなし)と、シグネチュアモデルとなったメイプル指板(SUFFERロゴあり)を筆頭に、木目の見えない漆黒のSUFFERをメイプル、ローズウッド指板をそれぞれ1本ずつ、Edwards製SUFFERをマーブルフィニッシュしたものなどをライブやレコーディングで使用している。SUFFERのプロトモデルである、2009年9月9日に日本武道館で行われた「999<アットブドウカン>」まで使用していた黒い木目の見えるSNAPPERは「非常にいい音になっているのでこれからはレコーディングのみに使う」と「Revolutionary」のバンドスコアでコメントしている。9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たSCHOOL OF LOCK!

    インディーズ時代、メンバーからの要望でツインペダルを使いはじめ、現在はツーバスセッティング。色んな種類のドラムセットを触ったが、Ludwigのビスタライトが一番良かったらしく、2009年9月9日に日本武道館で行われた「999<アットブドウカン>」まで使用していた。しかし「より音に対して貪欲になったため、見た目重視のビスタライトを使ってファッションで音楽するのは辞めた」という本人の意向もあり、それ以降(レコーディングでは「Cold Edge」から、「命ノゼンマイ」は収録時期の違いによりビスタライト、ライブでは2009年9月20日にZepp Tokyoで行われた『SCHOOL OF LOCK! LIVE TOUR "YOUNG FLAG 09"』から)はYAMAHAのドラムセット(Birch Custom Absolute / ブルー・アイス・スパークル)を使用している。9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

147件中 51 - 60件表示

「9mm Parabellum Bullet」のニューストピックワード

  • 心の非武装化から

  • 一人ひとりが優しさと思いやりを持ち、心の非武装化を進めること。

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ展 〜伝承される技術と夢