130件中 61 - 70件表示
  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たEMIミュージック・ジャパン

    2004年3月、横浜にて結成される。2007年2月、Shibuya O-nestにて初のワンマンライブ。同年10月10日に、シングル『Discommunication e.p.』でEMIミュージック・ジャパン(現在のEMI RECORDS)よりデビュー。プロデューサーは、アルバム『VAMPIRE』までは元SUPERCARのいしわたり淳治。以降はセルフプロデュース。9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たJ-WAVE

    SOUND GARAGE UNIVERSE(2016年4月1日 - 2017年3月31日、J-WAVE) - メインナビゲーター(菅原)9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たスペースシャワーTV

    4月 - スペースシャワーTV「V.I.P.」のマンスリーアーティストとなる。9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たFender

    Fender Jonny Marr Jaguar9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たフェンダー (楽器メーカー)

    Fender Custom ShopTone Master + 2-12 ENCLOSURE set9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たABO式血液型

    (すがわら たくろう、B型 - )山形県東田川郡藤島町(現・鶴岡市)出身。ボーカル、ギターおよび作詞を担当(ライブでは、マラカスや鈴も使用する)。9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見た日本武道館

    SUFFERは複数所持しており、市販のシグネチュアモデルと同様の家具フィニッシュボディーにテストモデルで使用していたローズウッド指板(SUFFERロゴなし)と、シグネチュアモデルとなったメイプル指板(SUFFERロゴあり)を筆頭に、木目の見えない漆黒のSUFFERをメイプル、ローズウッド指板をそれぞれ1本ずつ、Edwards製SUFFERをマーブルフィニッシュしたものなどをライブやレコーディングで使用している。SUFFERのプロトモデルである、2009年9月9日に日本武道館で行われた「999<アットブドウカン>」まで使用していた黒い木目の見えるSNAPPERは「非常にいい音になっているのでこれからはレコーディングのみに使う」と「Revolutionary」のバンドスコアとGIGSでコメントしている。ライブでは使用しているところを見ないが、リバースヘッドのSUFFERも存在しており、ライブ以外のイベントで持参している。リバースヘッドのSUFFERの材はバスウッドを用いており、ペグがオリジナルのSUFFERと異なる。9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たSTUDIO COAST

    実家は農家。『COUNTDOWN JAPAN 08/09』での代沢残響の出店や、Next Bullet Marks Tour 2014 STUDIO COAST公演での『「生命のワルツ」抽選会』の景品などに「滝家の米」を提供している。また、田植え・稲刈りの時期になると帰省して家業を手伝うこともある。9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たベース (弦楽器)

    (なかむら かずひこ、B型 - )宮城県仙台市出身。ベース、シャウト、一部作曲も担当。9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

  • 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bulletから見たエフェクター

    エフェクターやシールドを作るのが趣味。ライブでは自身のエフェクター技術を詰め込んだというスーパーファミコン型エフェクター「SUPER CHAOS」を始めとする自作エフェクターを多数使用している。制作の際、内蔵する精密部品さえ揃っていれば容れ物は何でもいいらしく、中には石鹸箱で作られたエフェクターなどもある。バンド初期は歪み中心であったが、滝のパートは単音リフが多くエフェクター無しだと音が切ないとのことで、ディレイとオクターバで音の厚みを増して演奏するのが最近のスタイルとなっている。また、イベントの際に開催された「9mm Parabellum Bullet福引」では特賞の景品として自身が制作したエフェクターを提供したこともある。GiGS本誌で「面白い筺体を使ってエフェクター製作をする」という企画から、送られてきた黄金のキョロちゃんを筺体にオートワウを製作し(しかし反応が遅いという理由でボードには載せておらず、アンプの上に飾られていた)、後に一般公募で選ばれたアイデア提供者に贈呈された。9mm Parabellum Bullet フレッシュアイペディアより)

130件中 61 - 70件表示

「9mm Parabellum Bullet」のニューストピックワード